ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

   【 韓国のくらし 】  ソウルのヴィラ暮らし ②


皆さま~文化の日、いかがお過ごしでしたでしょうか。
我が家は、ミネパパにしては珍しい休日出勤をしていましたので、私も仕事・・・の一日でした(苦笑)。


【 韓国のくらし 】カテゴリーで、今まで紹介してこなかった画像も入れての 【 ソウルのヴィラ暮らし 】を始めましたが、本日、↓ 昨日の記事 ↓ に追記を入れました。

d0037284_030424.jpg


メインのリビング、ダイニングはとても広かった・・・です。小さな盆栽を愛でる日本人?のワタクシとしては、対極的であるこの広い広い空間、たぶん40畳ぐらいをしつらえるのは難しかったですね~。ネネとタロウが横になっているアフガニスタンの草木染めキリム、長さが6mぐらいあるので使用していたのは韓国時代だけで、今は敷くスペースもなく箱の中で保管中・・・苦笑。(日本では二つ折にして使用していた時もありましたけれどネ)

このようなヴィラに住んでいる韓国の方は大きなサイズの家具を好みます。お呼ばれしても、背中に二つぐらいクッションを置かないと倒れてしまいそうな大きさなのです。

このガーデンパーティでもご一緒したブラジル人のお宅にお邪魔した時分かったのは、彼らの好みも大きなサイズだということ。日本的に見れば、巨大なソファやテーブルでした。このブラジル人ファミリーの前に住んでいたベルギー人宅は、ヨーロッパのサイズの家具で日本人の私にも落ち着く、とても知的なインテリアで、こちらのお宅とよく似ていました。


ところで、

ここでは、奥に見える階段箪笥をCDコンポ入れにしていた為、この時は引き戸が開いています。

厳寒の冬、あまりに寒さが酷い時はタロウのお散歩もお休み。

そんな時はこのリビングの中を全速力で何度もボールを追いかけていたタロウでしたが、階下からの苦情? 何事にも大らかな~かの国の方ですので、一度もクレームなどは無く、今思うと日本では有り得ない、ありがたい事でしたね。カムサニダ~!

次は、キッチン編に続きます~♪


◎今日はお休みなのに二人とも仕事をしたご褒美に(って、いつもぢゃないの?笑)、夜は、お気に入りの WILD RICEへ。 加藤シェフの素晴らしさは、素材への愛が感じられること。細かい手間を惜しまないその一手間が美味しさ秘密。海鮮パエリアなど売り切れ続出~だったようで、がっかりしていたら、シェフから「オマール海老の炊き込み」はどうですか?とメニューに無い深い味わいの美味一品を作っていただきました!

デザートは、季節限定のライスパンプキンクレームブリュレ☆ヨーグルトアイス添え~「僕は要らないよ」と言っていたミネパパもアッという間に・・・(苦笑)。こういう時のワタクシは、玄米菜食を忘れしっかり楽しく美味しくいただきます。が、明日はプラス1時間のウォーキング!
by minechan15 | 2010-11-03 23:25 |     韓国のくらし