ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ミネちゃん、ちゃんとタロウを迎えに来てね~。

皆さま、長い間更新もしていない拙ブログに毎日お越しいただきありがとうございました。

ヘルシンキから無事戻られたユンコさんとサーシャ姫、そしてサンディエゴからの長旅を耐えたkoruさんとりるーちゃん、無事に日本に帰国できて本当に良かったですね。

ここ1ヶ月ほどはPCを開けることもできず、「お帰りなさ~い♪」のご挨拶もできなくてごめんなさいね!日本での新たな生活が楽しく始まりますようお祈りしていますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この1ヶ月ほどは色々な出来事があり、そして、最後には想像だにしていなかった辛い別れが突然やってきたのです。

我家の癒し犬タロウ、私達が愛してやまなかったタロウが1週間前の今日の夜半、突然逝ってしまいました。

原因は前にも何度もやってしまっていた「誤食」による食中毒、今回も当初ドクターLEEは、「全部自然の素材だから心配ない。」と言っていたのですが、実際は猛毒がその中に含まれていたと思われ、ドクターの3日間に渡る懸命な治療にも拘わらず助かることができませんでした。

タロウが食べてしまったのは、世界的なコーヒーショップチェーン店がコーヒーのリサイクルプレゼントとして、「土と混ぜてプラント用にどうぞ」として店頭で顧客に渡していたもの。ドクターも一粒かじってみたところ、「甘みのあるコーヒー味」なので動物だけじゃなくて子供にも危険だと・・・。
私がちょっと目を離したスキに袋の3分の2ほど食べてしまったタロウ。。。

タロウは2匹目の犠牲者だったのですが、今現在私が聞いている範囲では結局3匹の犬が亡くなり、1匹が治療中だそうです。


タロウが逝った瞬間・・・号泣したドクターLEE、「これ以上犠牲を増やすべきではない!」とすぐ韓国の大手TV局に連絡を取り、先週金曜日の早朝、火葬に出発する前に取材クルーが我家にやって来て、その日の夜と翌朝のメインニュースでこの件を取り上げてくれました。しかし、一番我々が伝えたかったメッセージ、「これ以上の被害は出てほしくない。」という具体的なメッセージは何も放送されず、このコーヒーチェーン店の運営にも関係し、TV局の有力スポンサーでもある大企業との関係にも配慮した、きわめてソフトフォーカスされたものになっていたのがとても残念でした。


前からこのブログを見ていただいている方はタロウの特殊な「食欲」はご存知でしたよね(泣苦笑)。一番有名なのは、ゴディバチョコですが、それ以外にも花、お餅、生卵、ハーブティ、キーウィの皮とか「食べられそう」と思うと、何でも口にいれる子で、本当に目が離せませんでした。

食べ物で逝ってしまうなんてなんだかタロウらしいネ、と相棒と泣き笑いをしてしまいました。いつも心配をさせられながらも、たくさんの楽しい思い出をくれたタロウの姿を見てくやってくださいね。


タロウが里子として我家にやって来たのは2年前の春。推定年齢は2歳で、誕生日はドクターLEEに保護された4月24日にしたので、もうすぐ4歳の誕生日でした。ガリガリで何だかちょっと変なトリミングカット(苦笑)も加わり、初めて見た時の相棒の感想は、「う~ん、アジョシ←おじさん、顔だね^^;」というものでした。クリニックでもらった唯一のオモチャをくわえてカメラ目線♪
d0037284_13262633.jpg


すぐに我家に溶け込んでハッピィDOGの本領発揮~♪
d0037284_1329184.jpg


お気に入りのオモチャは離しません^^;
d0037284_13341410.jpg


天然同士、ネネ君とは結構仲良しだったかな^^;。最近では時々ネネの顔をペロペロしてあげ、でもネネはただただ固まってました(苦笑)。2005年12月今のマンションに引越直後のツーショット♪
d0037284_13384384.jpg


クリマス時のベストショット~♪ 我家に来てからはどんどん可愛くなってきました(←完全親バカ)
d0037284_13411833.jpg


お気に入りのベッド♪
時々ここに弟ニャンのネネが寝ていたら自分はその脇の床に寝そべっていました(泣)
d0037284_13484977.jpg
亡くなった夜、タロウをこのベッドに横たえ、沢山のお花やオモチャと共にお通夜をしました。


韓国では、ペットの火葬は合法的にはまだ認められていないんだそうです。じゃ、どうするのかというのはここでは書けませんが、ドクターLEE自らが信頼のおけるプライベートのペット専用の火葬場(非合法)に連れて行ってくれ、無事火葬を済ますことができました。今回の件では、ドクターLEEには言葉では表せないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。




ここからは少しスピリチャルなお話です・・・。


先週月曜日にタロウが発病、治療、そして亡くなってからの日々の記憶はまだ混乱している状態です。でも、今日は初七日なのでタロウの為にも「韓国暮らしの備忘録」のこのブログに記しておこうと思えるようになりました。

タロウの死は全国放送のニュースで流れましたので、タロウを知っていた韓国の友人・知人からもお悔やみの言葉をいただき、タロウも嬉しかったと思います。そんな中、日曜日にはタロウの大好きなアガシ(若い女性)の孫ちゃんがチョコレートを持ってお悔やみに来てくれました。

その夜、夕食時に相棒が、

「タロウがいないと足音がしないので静かだね。」

と言ったとたん、聞いたのです。「カシャッ」っていう足音。思わず相棒と顔を見合わせたら、今度は、「カシャッ、カシャッ、カシャッ」と3回足音がハッキリとお骨を置いてあるファミリールームから聞こえたのです。

その時、ミミとネネはリビングにいたのですが、ミミはジィ~ッとその音のする方向を凝視し、それから視線をリビングに動かし、まるでリビングを横切って玄関方向へ行くタロウの魂を見ているようでした。ネネ? ハイ、彼は何も感じなかったようでノンビリと絨毯の上に座っていました(苦笑)。

「そうかぁ~、タロウったら大好きなチョコレートが供えられているんで出てきたんだね~♪」となんだか嬉涙が出てしまいました。

一昨日までは毎日涙がとめどもなく溢れ続け、自分が自分でなくなる程嘆き悲しむしかない私でした。でも、月曜日に実家の両親が菩提寺に行き観音菩薩像の前でタロウが無事成仏できるよう住職と共に読経を上げてきたと聞いてからは少しづつ心が落ち着き始めたのが自分でも分かりました。夫や両親、そして駆けつけてくれた友人も目の病を抱えた半病人である私をとても心配してくれていたのですが、ようやくタロウの為にも自分の身体を大事にせねばと思えるようになってきました。

この日の夜、タロウは相棒の夢に出てきて、いつものようにちょっと内股の後ろ足でお尻を相棒の足に押し付けながらシッポをブンブンと楽しそうに振っていたそうです。朝方の4時ごろ、「タロウが夢に出てきたよ~。」って相棒が私を起こして教えてくれました。タロウは、知っていたのです。ミネパパはミネママと違ってミミネネ猫兄弟よりワンの自分を一番に可愛がっていてくれたことを(苦笑)。

人間でも動物でもあちらの世界に完全に行ってしまう時にはお迎えがあると聞きました。なので、今回は今は亡きミネちゃんにタロウが迷わないよう迎えにきてくれるようお願いしました。




実は、明日からまた目の定期健診で日本です。1ヶ月前の目の検診では炎症の半分は無くなったので「今度は飲み薬にしてみましょう」と言われたのですが、その薬の重い副作用でダウン。治った頃に今度は2番目の姪が「人生修行←笑」で我家に滞在と慌しい時間をすごしていました。そんな訳で、PCも開かずにいましたので、「あとでこっそりお伺いしますね」とコメントしておきながらお邪魔できなかった○さん、こめんなさいね。落ち着いたらお邪魔させてくださいね。おやびん、タロウをソウルのワン王子と名付けてくれてありがとうございました。ワン王子は今お星様になる途中ですが、我家にはニャン王子達もいますのでこれからもヨロシクね♪


皆さま、今までタロウを可愛がっていただき本当にありがとうございました。


私には分かります。タロウは逝く直前は苦しみましたが、逝ってからはたくさんの人に可愛がってもらった楽しい思い出だけの魂になって、天国(極楽浄土)へ行く途中だと。だから、私ももうあまり悲しまず、「タロウ、たくさんの楽しい思い出をありがとう♪いつまでも忘れないから、安心して先に逝って待っているミネちゃんとタロウ兄ちゃん(実家の亡くなった犬)と仲良くね~♪」と話かけています。

日本から戻って落ち着いたらまた少しづつブログを再開していきますね♪



by minechan15 | 2007-04-18 13:18 |     韓国犬猫3物語 | Comments(48)
Commented at 2007-04-18 22:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuu-34 at 2007-04-20 10:06
お久しぶりです。
今回のプログを読ませて頂いて、動物と暮らす人として身の引き締まる思いをしました。
当然、我が家でも誤飲・誤食は充分ありえる問題ですもの。
タロウちゃんの件はとても悲しいけれど、私に大事な事を再認識させてもらって、本当にありがとうと心から思いました。

minechanさんとタロウちゃんのそばにいてくれたのがドクターLEEで良かった~。
Commented at 2007-04-20 18:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-04-21 02:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-04-22 06:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chick_pea at 2007-04-23 00:43
ミネママさん
本当に驚きました。ミネママさんがここに書くことができたということは、この出来事の悲しみを超えて、受け入れられる気持ちができたのではないかと想像し、私自身ショックを受けながらも少し安心して読ませていただきました。
月並みなことしか言えないけれど、タロウちゃんにとってミネママさん、旦那様、にゃんずとの暮らしは幸せそのものだったと思います。とても幸せなワンコでしたね。
この心労がミネママさんの体調に影響を残さないよう祈っております。
Commented by sakurakura787 at 2007-04-24 21:24
ご無沙汰しております。
何とも言葉では表現し難い、あまりにも悲しい訃報に
しばしPCの前で固まりました。うちにも3匹の猫がおりますので、
人間の世界で提供される食べ物に近しいものが、時として、
とても危ないっていうことの難しさ、常々、痛感はしておりますが、
実際に本当に難しいと思います。だって人間も生活している場での
共存ということなので、どんなに注意しててもやっぱり事故はあるな
という可能性の多さ。。。いやいや本当にうまく言葉にできませんが、
ミネママさんの冷静でひとつひとつ丁寧な文章の中に、
感じるものをたくさん受け止めました。タロウちゃんのご冥福を
心からお祈り申し上げます。ミネママさん、そしてご家族のみなさまが
元気を出してくださいね。。
Commented by cawa-miu at 2007-04-25 09:29
ミネママさん
ひさしぶりにおじゃまして、自分の目を疑ってしまいました。
突然の事、ミネママさん、ミネパパさんの悲しみお察し申し上げます。
お会いした事なかったけど、タロウちゃんの写真を見ているだけで、涙がでてきます。
若い女性好きのタロウチャンだから、ソウルに行っても相手してもらえなかったかもしれないけど、でもお会いしたかったな。
ミネちゃんと一緒にいつもミネママご一家を見守ってくれることでしょう。
やさしいタロウ君の事ですから、ミネママさんの目のご病気も、きっとタロウ君が、天国に持っていってポイしてくれますよ!
どうぞ、お体にお気をつけてお過ごしくださいませね。
Commented by minechan15 at 2007-04-25 13:28
●鍵コメ@ 2007-04-18 22:37 さま

すっかりお返事が遅くなってしまいごめんなさいね。お気遣いいただきありがとうございます。初七日を終え、すぐまた日本でしたので、なんだか脳(時系列)の記憶がちょっと変になっている感じがまだ残っております。

ハイ、タロウは本当にハッピィDOGでしたので、おっしゃる通り一緒に過ごした時間は短かったですが、たくさんの思い出を残してくれ、そして想いは通じていると思います。でも、初七日以来というか私が日本から戻ってから分かったのですが・・・彼はまだ仲良しだったネネ君と一緒にいるみたい^^;。急にボス猫ミミ君がネネがそばに来ると「側に来るな~っつ。」っていう様子を見せるんですよ~。だから、「タロウちゃん、大丈夫だからちゃんと虹のかなたの方へ向かって行くんだよ~。」と毎日話しかけています。すみません、いきなりスピリチャル系のお返事になってしまいましたね。相棒も「ネネがタロウ化しているよね。」と話しているぐらいなんですよ^^;。
落ち着いたら、ホントにまたこっそりと^^お邪魔させてくださいね。

Commented by minechan15 at 2007-04-25 13:38
●ゆうさま

こちらこそ大変ご無沙汰しております~。5ニャンずチャン達もお元気そうで良かったですね。

猫は犬に比べると慎重ですので、「誤飲+誤食等」の問題はかなり低くなるとは思いますが、思いがけないことは突然やってくるものですから注意が一番ですよね。

ハイ、ドクターLEEは本当に心から尊敬に値する素晴しいドクターです。タロウの死は韓国での悲しい思い出の一つになってしまいましたが・・・タロウとの思い出は楽しいものばかりなので救われます。
Commented by minechan15 at 2007-04-25 13:55
●鍵コメ@ 2007-04-20 18:52 さま

ご丁寧なお悔やみをいただきありがとうございます。タロウはアガシが大好きでしたので、お会いできなくて残念がっていると思います^^;。

N先生にご連絡をしなければと思っていたところにお電話をいただきましたが、さすがヨガの先生ですね、「急に電話をしてみよう・・・」と感じたんだそうです。
1週間ばかりは本当に涙にくれていましたが、今はだいぶ落ち着いてきました。でも、生きていれば今日が推定4歳のお誕生日だったので、今朝は一人で涙してしまいました。タロウにはお別れをする時に、おっしゃる通り「また生まれ変わってきてね♪」と耳元に囁いたんですよ。ちゃんと分かってくれたと思います。

今回の東京での目の定期健診、タロウの死であまりにも涙を流し過ぎたせいで、症状は小康状態のままだったのですが、これからは少しづつ良くなればと・・・と願っています。今月はゆっくり休み、また来月から始める予定ですので宜しくお願いしますね。
Commented by minechan15 at 2007-04-25 14:18
鍵コメ@2007-04-21 02:37 さま

初めまして、そしてようこそ~♪こちらこそこれを機会に宜しくお願いしますね。このような悲しいタイトルの時にコメントを残していただきありがとうございます。タロウもきっと喜んでいると思います^^。

また、ご丁重なお悔やみのお言葉をいただきありがとうございます。私達は4年前にも15歳の猫を亡くしておりますが、今回、こんなに早くにこのような事になるとは想像だにもしておりませんでした。でも、すべては彼の持った「運命」として受け入れることが、成仏できる一番の道だと思っております。猫ちゃんを事故で亡くされたとのこと。タロウも3日ほど苦しみましたが、逝く時は「苦しみ」を持たずに旅たったことは感じられましたので、きっと鍵コメさん宅の猫ちゃんも天国で楽しく遊んでいると思いますよ^^。

Commented by minechan15 at 2007-04-25 14:19
●鍵コメさまへの続きです。

鍵コメさんも目を患っているんですね。夫も先天的に「なりやすい」目の構造になっているそうで、年に1回の検査は欠かせません。また、私もステロイド系の薬の多用(以前の大学病院)でその病気になりかかりました。目の病気は、なった者しか分からない苦しい部分もありますが、今は、身体と生き方に「警告」を発してくれたこの病気に感謝をし、治るために「マクロビ」の食事方法を続けています。

ご存知かどうか知りませんが、マクロビロティックという食事方法+生活スタイルは西洋医学で見放されたものでも治る可能性のあるものなんですよ。東京の青山にある「ナチュラルハウス」では、これらに関する書籍や食物全般を取り扱っておりますので、もしご興味がありましたらのぞかれてみたらいかがでしょうか?何かご質問等がありましたら、ご遠慮なくご連絡くださいね。



Commented by minechan15 at 2007-04-25 14:27
●鍵コメ@2007-04-22 06:30 さま

同じ名前繋がりでしたよね、心に響くお悔やみをいただき本当にありがとうございました。私達も『3匹』一緒に、日本へか次の赴任地へ行く準備をしていましたので、本当にショックでした。

でも、今は彼の運命だったと受け入れられる気持ちになってきていますので、大丈夫・・・・です。食いしん坊のタロウ君がまだフワフワと浮かんでいるせいか私・・・「食事時」になると悲しくなってきてしまうのが不思議ですね。毎日、ミネちゃんがエンジェルになって、天国(極楽浄土)へ行けるよう祈っています。

(すみません、仏教とキリスト教がミックス状態になってしまっていて・・・)
Commented by minechan15 at 2007-04-25 14:46
●chick_peaさま

ご丁寧なお悔やみをいただきありがとうございます。

おっしゃる通り、「少し記憶を残しておこう」と思って書き始めたのですが、逆に書くことによって自分自身が随分癒されたということに気が付きました・・・。でも、すぐその後に日本に行って数日間ソウルを留守にしたところ・・・気持ちは振り出しに戻ってしまい大変でした。

今回の件で、父からの手紙に「会うは別れの始まりとか・・・」とあり、いつも心して暮らしていかねば・・・と改めて感じた次第です。

私の体もご心配していただきありがとうございます。一時は、どうして私の病気といいタロウの死といい、「どうして?どうして?」という気持ちばかりが強かったのですが、今は「乗り越える為の試練」だと思い、楽しい思い出をたくさん残してくれたタロウに感謝をしながら彼と家族のために毎日祈りをささげています。
Commented by minechan15 at 2007-04-25 14:56
●sakurakuraさま

こちらこそすっかりご無沙汰いたしておりますのに、タロウの訃報にコメントを残していただきありがとうございます。タロウも喜んでいると思います。

犬は猫より食べ物には慎重ではないのは分かっていたのですが、まさかこのような結果になるとは考えもしていませんでした。当初は「また、いつもの誤食か~、今夜には連れて帰れるわね。」ぐらいの感覚しか無かったぐらいです。タロウは2匹目の犠牲犬ですが、週末ドクターに聞いたところ、もう10匹ほどが犠牲になっているそう・・・です。
日本では絶対にあり得ない事故でしょう、猛毒が「フリーギフト」に含まれているなんて・・・。

ハイ、お励ましいただきありがとうございます。今回のことは彼の「運命」だと受け入れ、残った猫達を無事ちゃんと日本に連れて帰る!!と心に決めております。お気遣いいただき、本当にありがとうございました。
Commented by minechan15 at 2007-04-25 15:07
●ユンコさま

お忙しいなかお越しいただき恐縮です、また心温まるお悔やみをいただきありがとうございます。

本当にソウルでタロウに会っていただけなくて残念です。タロウはアガシ+美人さんには弱かったので(苦笑)、ユンコさんにはシッポをぶんぶん振り回してお愛想を振りまいていたと思いますよ~(泣笑)

<やさしいタロウ君の事ですから、ミネママさんの目のご病気も、きっとタロウ君が、天国に持っていってポイしてくれますよ!
タロウが亡くなった直後、実家の母が私の身代わりになって旅立ったタロウ。。。なんて話すので言葉を失ってしまったのですが、ある部分そうかもしれません。だから、ユンコさんのおっしゃる通り、タロウに天国で悪い部分をポイッ!としてくれるように毎日頼むことにしましょう。
お心遣い、ありがとうございました。

Commented by chibininn at 2007-04-25 16:39
こんな可愛いタロウちゃんが、もういないなんて信じられない。とても悲しいです。でも、タロウちゃんの一生は、ミネママさん一家に出会えて可愛がられて、幸せだったと思います。

タロウちゃんの事故をきっかけに、以前、日本で起きたコーヒーをリサイクルした猫砂を食べて、中毒を起こした猫ちゃん(アビシニアン)のことを思い出しました。その猫砂には食べても安全と表示があったらしいのですが、食べたその子は中毒を起こしてしまい、その後に連れて行った救急動物病院の処置もよくなかったらしく、その猫ちゃんは命を落としてしまったんです。飼い主さんは一部始終をHPに掲載していたのですが、ちょっとしたトラブルになって、今ではもうその記事を読むことはできませんが。こういう事故の情報すごく大事だと思うのですが、ほとんど公にならないですよね。

食べることについては、犬より猫は慎重ですが、それでも何を口に入れてしまうか、予測も付かない行動に出ることありますよね。家の中にも危険はいっぱいなんだと改めて思いました。ミネママさんが書いてくださったこと、多くの飼い主への警鐘になると思います。ありがとうございます。
Commented by minechan15 at 2007-04-25 18:42
●chibininnさん

早速のお悔やみのお言葉、ありがとうございます。私達は、「あと10年以上はみんな元気でいてくれるね。」なぞと呑気に話していたのです。タロウがこんなにアッという間に逝ってしまうとは・・・・。

日本でもそのような事故があったんですね。最初、ドクターも「抽出後」の物がメインだから大丈夫~と言っていたのですが、ス○バからの成分表にも入っていなかった「猛毒」が含まれていたのが犠牲を増やした原因だそう。この国はまだまだペット文化の成熟度もかなり低いので、ドクターは啓蒙の意味も含めてニュースとして取り扱うようにTV局に依頼したのです。

この国では、「犬1匹程度のことで」大企業相手に声を大にすることは、自分の立場を危うくする場合もありますので、リーガル的なことはすべてドクターにお願いしてあります。日本でも公になっても被害者の方が更に辛い立場に立たされたりする場合もありますよね。私も今回の件では、更に多くのことを学ばせてもらいました。

chibininnさん、心にしみいるお話をありがとうございました。


Commented by 雅子 at 2007-04-25 19:37 x
ああ、ごめんなさい、ごめんなさい。 ミネママさんのこの記事、今日まで気付きませんでした。 ミネママさん、本当に辛い思いをされていたのですね。 タロウちゃんが、逝ってしまっただなんて、あまりに突然のことで慰めの言葉もありません・・・。 本当にミネママさん、ミネパパさん、ミミちゃん、ネネちゃんと一緒に暮らした2年間、タロウちゃんはとっても幸せだったと思います。 写真が全て物語ってますよ~。 All Dogs Go to Heavenって映画がありましたが(私は見てないんですが)、タロウちゃんも今頃は天国でミネママさん一家の事を優しく見守っていると思いますよ~。
Commented by koru2005 at 2007-04-26 08:17
バタバタしてて、私も見逃しておりました。申し訳ありません。
とにかく、驚いてしまいました。あんな、天使のようだったタロウちゃんがこんなことになんて。いつタロウちゃん関係の記事を読むときは、なんて、愛らしい、無邪気な子だろう、と、思っておりましたのに。そういう純粋な子は神様に愛されすぎてしまったのか、と、つい、思ってしまいました。
原因が原因なだけにいろいろとご心労が重なりましたねえ。が。タロウちゃんはミネママさんちでかわいがられて、幸せだったと思いますよ。ほんと、どんどん、さらにかわいくなっていきましたもの。
そうですね、しばらくはご自分の体のことを一番に考えて、ゆっくりしてください。 タロウちゃんは今は苦しみもなく、天国でミネママさんを見守ってることでしょうから。
Commented at 2007-04-26 12:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Tamarind-Cafe at 2007-04-27 00:35
あまりにも突然なタロウ君の訃報にショックが大きく、おふたりをお慰めする言葉が見つかりません。ミネママ、ミネパパの悲しみ、察するにあまりありますが、短い時間とはいえ、おふたりに可愛がってもらったタロウ君は本当に幸せだったと思います。五年前のちょうど今頃、私たち姉妹も愛する猫(六歳)を喪いました。そのときの張り裂けそうな胸の痛み、悲しみは今も消えません。理不尽な病に奪われた命。でもあの子の存在は月日を追うごとに強く、今では常に感じることができます。姿はなくても私たちとともにある、そう思えてなりません。タロウ君もきっといつでもおふたりのそばに居て、おふたりを見守ってくれていると信じています。ミネママがこの悲しみを乗り越えて、早くお元気になるようこころから祈っています。
Commented at 2007-04-29 12:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-04-30 20:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mei at 2007-05-04 13:53 x
初めてお邪魔いたします。
タロウ君、心よりお悔やみ申し上げます。
私もソウル在住で犬がおりまして、今年の初めに先住の子をパルボウィルスでなくしました。まだまだ赤ちゃんで、うちに来て12日しか一緒にいることができませんでした。

今の子は、うちに来たときから寄生虫がいて生死の境をさまよったりもしましたが、何とか無事に成長してくれています。

あと数年ソウルに駐在いたしますが、今年の末に一緒に一時帰国しようと検疫準備中です。
それで検索して、ミネママさんのブログで勉強させていただきました。

では、また伺わせていただきますね。よろしければ私のブログにもお越しください☆
Commented by ミネママ at 2007-05-04 23:35 x
皆さまへ~♪
 
心にしみいる多くのメッセージをいただきありがとうございます。
お返事が遅れておりますが、一両日中にはお返事ができると思いますので、もう少々お時間をくださいね。

Commented at 2007-05-07 10:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by minechan15 at 2007-05-08 13:49
●雅子さま

雅子さん、すっかりお返事が遅くなってごめんなさいね。ミネパパが時々ブログを開いては、「コメントをくださっているよ~。」と知らせてくれていたのですが、日本から戻ってからはまた気持ちの波があり。。すっかり遅くなってしまいました。目を患ったことが、マクロビやヨガを始めるきっかけになり、そして、仏教などの宗教哲学にも関心を持つようになったのですが、この地は「辛い経験」を通しての「気づきの地」なのかもしれません。タロウが逝ってしまったのも・・・とても辛いことですが、その一つかもしれないと思っています。

本当にいつもハッピィDOGだったタロウ、『All Dogs Go to Heavenって映画』のように、もうすぐ無事天国へ着く頃でしょう。タロウはね、まだちょっとだけネネと遊びたいらしく(泣笑)、夜中になるとちっちゃいネズミをボールのように投げて~♪とネネを通してリクエストしてきます^^;。
皆さんにも可愛がっていただいて、タロウは本当に幸せだったと思います。温かいお悔やみをありがとう、雅子さん。


Commented by minechan15 at 2007-05-08 14:00
●koruさま

koruさん、心にしみいるお悔やみ、ありがとうございす。でも、すっかり忘れた頃のお返事になってしまい本当にごめんなさいね。

タロウはkoruさんのおっしゃる通り、無邪気というか天然(^^;)ぶりが可笑しかったのですが、タロウのいなくなった我家はシーンと静まりかえり、逝った当初はそれがよけいに辛かったですね。
『そういう純粋な子は神様に愛されすぎてしまったのか、と、つい、思ってしまいました。』 →そうかもしれませんね、でも犬は犬で生まれ変わって
くるそうですので、案外早くまた現れてくれるかもしれませんね(泣笑)。
ミネの命日の1週間前に突然地下駐車場に現れたネネ。。。全然タイプが違うニャンで大笑いしてしまう程でしたが、初めての我家でもスタスタと怖がらずに自由に歩いていたのには驚いてしまったことも~。

koruさん、私の身体までお気遣いいただきありがとうございました。



Commented by minechan15 at 2007-05-08 14:12
●鍵コメ@2007-04-26 12:56 さま

こちらそこすっかりご無沙汰いたしております。心に響くお悔やみのお言葉をいただきありがとうございました。
私の方こそご無沙汰ばかりで失礼しておりました。こうしていつもは頻繁に行き来の無い方や、タロウが亡くなったことで初めてコメントを残してくださった方も何人かいらっしゃり嬉しかったです。

タロウはしばらくの間は『まだ家にいるわ。。。』というのが分かりましたが、そろそろ一番仲の良かったネネ君とも充分遊んだと思ったらしいので、49日の前にはちゃんと旅立ってくれると感じます。

鍵コメさん宅の○ちゃんもご心配ですね。どうぞ良くなりますようにお祈りしていますね。また、季節の変わり目でもありますので、鍵コメさんもお身体どうぞご自愛くださいね。


Commented by minechan15 at 2007-05-08 15:40
●おやびんさま

心にしみいるお悔やみ、ありがとうございます。
我家の3王子(って名付けていただき、ありがとうございました~♪)は、まだまだ若いので、3匹揃っての動物検疫の準備も済んでいたのに、突然逝ってしまった時は呆然とするばかりでした。

おやびんも5年前に同じ辛い思いを経験されていたんですね。あの張り裂けそうな胸の痛みは・・・・言葉ではたとえようがないぐらいですよね。今回、タロウが逝って初めて分かったのですが、私はミネが逝った時の辛い想い出がまだ心の中に残っていて・・・悲しみが二重になって襲ってきたのには驚いてしまいました。ミネはもちろんちゃんと虹の橋のかなたに辿り着き、今は楽しくしているのは分かるのですが、あの時の光景がよみがえってしまったのです。

おやびん、旅立たれた猫ちゃんのお話をしていただきありがとうございました。今でもおやびんや妹さんを見守っていてくれるというお話し、私も分かります。いつまでも悲しんでばかりではタロウも心配すると思うので、少しづつ普通の生活の戻ろうと思っています。
ブログ、ぼちぼち再開していきますので、その時はまた遊んでくださいまし、よろしくです♪


Commented by minechan15 at 2007-05-08 15:54
●鍵コメ@ 2007-04-29 12:54 さま

すっかりお返事が遅くなってしまいごめんなさい。
ハイ、私も先代猫のミネが亡くなった時に、色々なスピュリチュアル的な事を色々経験したので、魂の存在は信じています。タロウの場合、病気で長く苦しまなかったせいか・・・比較的はやく虹の橋に向い始めた感じがあったのですが、『もうちょっとだけ、ボール遊びをしたかったなぁ~♪』って、時々、天然同士で仲の良かったネネを通じて戻って来ている感じです^^;。でも、夜中に突然ネネが騒ぎ出した時は、『今日はもう遅いから明日にしようね。』と心の中で語りかけるとネネもまた静かに私のベッドの足元に戻ってくるんです。不思議ですけどホントなんですよ。

S君、大丈夫ですよ~。ワンは一度覚えたニオイは忘れないようですから。早く再会できたらいいですね♪
ハイ、私の身体までお気遣いいただきありがとうございます。日々の時間が少しづつ癒してくれます。


Commented by minechan15 at 2007-05-08 16:03
●鍵コメ@2007-04-30 20:24 さま

あたたかいお悔やみのお言葉、ありがとうございました。
タロウやミミ+ネネのお陰でたくさんの方々と犬猫繋がりが生まれ、こうして今回は悲しい出来事ながら鍵コメさんからもタロウを想っていただき本当に嬉しく思います。縁があって家の子になり、でも「運命」で早く旅立ってしまったタロウでしたが、我家では『太く短く楽しい犬生』だったね、と話しています。こうして、皆さまからもたくさん可愛がられ、本当に楽しい『犬生』だったと思います。ありがとうございました。

タロウの為にもこの「韓国暮らしの備忘録」ブログ、ぼちぼち再開していきますので~またいらしてくださいね♪
Commented by minechan15 at 2007-05-08 16:25
●Mei さま

ようこそ、いらっしゃいませ~、同じソウル暮らしのお仲間さんなんですね。こちらこそどうぞ宜しくお願いしますね。最初のワンちゃん、たった12日間しか一緒にいられなかったとは・・・一番可愛い赤ちゃんの時だったのに、なんというむごいお話なんでしょうか・・・・。心からお悔やみ申し上げます。

ソウルで犬を飼うということは色々な意味でリスクが高いと思いますが、縁あって家族になった子とは元気で一緒に暮らしていきたいですよね。次の子ちゃんが元気に過ごせますよう~お祈りしますね。

我家の動物検疫準備日記のページは、記録と同時に少しでもどなたかのお役に立てばと思いUPしました。3匹一緒に帰る予定だったのですが・・・残念です。Meiさんのブログにも落ち着きましたらお邪魔させていただきますね。
Commented by minechan15 at 2007-05-08 16:46
●鍵コメ@2007-05-07 10:57 さま

この度は、ご丁寧なお悔やみを頂戴しありがとうございます。ブログを通じてタロウを知っていた方から、こうしてタロウへの想いを聞かせていただきとても嬉しいです。タロウもきっと喜んでいることでしょう。心からお礼申し上げます。

タロウは本当にハッピィDOGそのものでしたので、アクシデントで逝ったとはいえ、彼自身「自分の運命」と受け止めて、この世に思いを残さずに、楽しい思い出のまま逝ったと信じています。あっ、でもまだ時々遊び足りなかった分だけ、ちょっと戻ってきたりはしていますが(泣笑)。。。
そして、鍵コメさんもおっしゃってくださる通り、またいつかきっと私達の前に現れてくれると信じていますので、日々、穏やかな気持ちになってきています。

せっかくの「韓国暮らしの備忘録ブログ」ですので、また少しづつ再開していきたいと思っています。ぜひ、またお立ち寄りくださいね。今回は、ありがとうございました。


Commented by Mei at 2007-05-10 03:16 x
ミネママ様、少しは落ち着かれたでしょうか?
こちらのブログを読ませていただいて、タロウくんがどれほど大事にされ愛されていたのかがよく分かり、私まで涙してしまいました。

うちのマロン(ヨーキー)ですが、今週末、採血に行って血清送付する予定です。
ミネママ様のブログのおかげで、検疫準備の手順がとてもよく分かりました。
お世話になりました^^これからも伺います!
Commented by minechan15 at 2007-05-10 11:09
●Meiさま

ハイ、ありがとうございます。お陰様で少しづつ気持ちも落ち着き始め、足音のしない生活にも慣れてきたような気もします。昨日、UPしたコルベール氏の映像と音楽がタロウがちゃんと虹の彼方へ旅立つ手助けもしてくれたような気がしてなりません。そして、私も随分彼のDVDで救われたように思えます。

マロンちゃん、いよいよ採血なんですね。我家の場合は、2回とも日本に帰る際、金浦で手続きし手持ちで持ち帰っていました。羽田での検査も拍子抜けするぐらい簡単でしたよ。金浦も羽田でもとても親切でした。マロンちゃんの一連の手続きがうまくいくといいですね!
Commented by Mei at 2007-05-10 17:17 x
またまたお邪魔します^^

マクロビ食、ひじょーーーに気になります!!
うちも外食が多いので続けられるか分かりませんが、やってみようと思います。

遅ればせながら、リンクさせてもらってもいいですか?
Commented by minechan15 at 2007-05-10 22:44
●Meiさま

どうぞどうぞ何回でもウェルカムでございます~♪

マクロビ、我家もタロウが亡くなって以来、夕食は外食がほとんどの日が続きましたので、マクロビ的にはバツな状態です。
日本では色々な本が紹介されていますので、ご自分に合ったタイプので始められるといいかもしれませんね。
姪達にも玄米菜食にさせたら、ずいぶん身体が締まってきたようですよ~。先ずは玄米ですね^^。

リンクの件、ありがとうございます。私も後でリンクさせてくださいね。
Commented by Mei at 2007-05-15 06:26 x
リンクさせてもらいました!
私のもぜひぜひお願いいたします(^-^)
Commented by minechan15 at 2007-05-15 15:30
●Meiさま

リンクありがとうございます。
私も先程、リンクをさせていただきました~今後共よろしくお願いしますね。

アジュンマの件、お役に立てるかもしれない情報を持っておりますので、鍵コメでお電話番号をお知らせいただけますか。左下の「非公開コメント」にすると、書き込んだ方と私だけしか読むことができませんのでご安心ください。
Meiさんの方ではたしか鍵コメが出来なかったと思いましたので
私の番号はお知らせしませんでした。
Commented at 2007-05-15 21:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by minechan15 at 2007-05-15 21:39
●鍵コメ@2007-05-15 21:27 さま

ご連絡、ありがとうございました。
先程、我家の固定電話と私の携帯から一度お電話を入れさせていただきましたので、当方の連絡先が通じたと思います^^。
明後日からまた日本なので明日は一日中バタバタしていると思いますが、午前中にでもまたご連絡させていただきますね。
Commented by Mei at 2007-05-16 15:09 x
ミネママ様!お電話頂いたのに大変申し訳ございません!
電話の調子がすこぶる悪くて・・(スライドさせて応答する携帯なんですが、スライドさせても反応しないんです;_;)
仕方ないので充電せず、夕方ASに持って行く予定です。
こんなときに、、間が悪くて情けないです。。
明日から日本に行ってらっしゃるとのことですので、ソウルご帰国後にご連絡させて頂きます。
気をつけて、行ってらっしゃいませ~☆

PS・お手伝いさん、今の方は電話でお断りしました。(不動産屋さんを通して)
またアドバイスいただきたいです!
Commented by minechan15 at 2007-05-16 21:00
●Meiさま

そうだったんですね~、私は週末には戻ってきますので、来週にでもご連絡いただければと思います^^。

アジュンマは、YWCAが「基本的なトレーニング?←勝手に冷蔵庫を開けないとか?」を受けた人を派遣してくれますので、不動産屋さんにお聞きしたら分かると思います。
我家も不動産屋さんを通じてYWCAから紹介してもらった方です。
でも、最初のアジュンマは2日で辞められてしまいましたけど(苦笑)。

では、来週にお話しましょうね。
Commented by yasu mike at 2007-06-04 20:09 x
一年ぶりのご無沙汰で、このブログを見てみたら・・・まさか、以前お宅にお邪魔した時に私の足元に甘えに来てくれた子が、誤食で亡くなってたなんて。
うちにもご存知の通り、ミケ猫が1匹おりますが、やはり死ぬ時を考えると人ごととは思えません。
遅くなりましたが、お悔やみ申し上げます・・・
Commented by minechan15 at 2007-06-04 22:50
●yasu mike さま

ミケママさん、お久しぶりです。先日、ドクターLEEとタロウの49日の会食の時になぜかミケちゃんのお話が出てきたので、ご連絡をいただいて何だか不思議です。

お悔みをいただきありがとうございます。
女の子のミケちゃんはまだまだ大丈夫ですよ~。先日、時々お邪魔するブログの方のご実家のミケ猫ちゃんは25歳の大往生されたそう。一番長生きする子は三毛の女の子だそうですので、ミケちゃんの長生き猫人生まだまだ先があり楽しみですね。

49日が過ぎ、ようやく心が落ち着き、タロウは「太く、短く、楽しく生き、そして逝った」と思えるようになりました。すべては彼の運命ですので、受け入れてあげるのが一番だと思っております。

ところで、先日写真を整理しておりましたら、素敵に撮れているミケママさんのお写真も出てきました。お送りしますので、念の為にもう一度『鍵コメ』↓の非公開コメントをクリックすると私とミケママさんしか見られないので、ご住所をお知らせいただけますか。あれからもう1年が経ったとは・・・本当に時間の経つのが早いですね。我家は年末まで、あるいはもう1年ぐらいかもしれません^^;。