ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:    クルーズ 船旅( 17 )

2007 地中海クルーズの旅 その①

皆さま、アンニョンハセヨ~♪ 夏休みで少しご無沙汰してしました^^;。

先程、何気なくアクセス数のレポートをクリックしてみましたら、3週間近く更新が無いのにもかかわらず、お休み前と同様に{更新はまだ?」と、毎日皆さんがお越しになっていたと知り、ハイ、あたくしミネママ~今からササッと取り急ぎ更新しますね~。

ソウルも暑かったようですが、南ヨーロッパも暑さを通り越し・・・熱中症になりそうなぐらいの日もあったんですよ。なので、果物がとても美味しかった!!(とは言っても、オメメに悪いので、私の場合は、ほんの少々だけ^^;)
d0037284_15243873.jpg
ツアーのランチで立ち寄ったスペイン・セビリアのホテルで。並べ方がなんともスペイン的でしょ?(苦笑)



今回は、ソウルからミュンヘン経由でイタリアのジェノバという港街まで行き、3日程時差調整を兼ねてノンビリ。クルーズ船には、そこからまた車で1時間ほど行ったことろにあるサボナ港から乗船しました。

サボナを出て、バルセロナ(スペイン)→アリカンテ(スペイン)→終日航海日→リスボン(ポルトガル)→カディス(スペイン)→カサブランカ(モロッコ)→ジブラルタル(英国領)→マラガ(スペイン)→終日航海日→サボナ(イタリア)という、10泊11日のクルーズ。

d0037284_15385248.jpg
イタリアンなバール。おじさんの生足がイタリア的?(爆)

今回の船の食事は、同じクルーズ会社でも船が違うとお味もかなり違うと発見。でも~↓って、かなりアンチ・マクロビ的な食事・・・・ですよね。カニと海老は航海中1回づつ『解禁日』にしましたの、ハイ。。。(--;)。
d0037284_1540249.jpg



クルーズでも前回と違い、風光明媚な場所を楽しむのとは正反対の街ばっかりだったので、なんだか二人とも盛り上がらず(苦笑)、ツーショットはほとんど無し。
d0037284_15455430.jpg
ここは、ジブラルタルの岬、サウジ王家が寄贈したモスク。年に1回、王家からスルタンが来る時だけ植栽され、3日で枯れる・・・とガイドが頭を振りながら説明してくれました。

そんな中で知り合ったのがアメリカンファミリー、1944年に上海に住んでいたというスーパーおばあちゃまは、ジョークも連発!!とっても素敵な女性でした。娘夫婦との参加だったのですが、そのご夫婦も知的な雰囲気をかもし出しながらもとっても気さくなカップルでした。それと、もうお1人、ミラノ在住のイタリアとイギリスのハーフという迫力満点の謎のおばあさまと6人、同じテーブルにお誘いいただいた3日目の夜から毎夜楽しいディナーとなりました♪(まっ、ホントは二人で静かに夕食をいただきたい時もありましたけどね^^;。)
d0037284_1549541.jpg



そして、一番期待していたのがモロッコのマラケシュ。カサブランカから往復13時間!という強行ツアー、それもイタリア人グループの中に入り行って来ましたが・・・
d0037284_15534179.jpg
う~ん、行くのが遅すぎたっていう感じ。あと20年若かったから無邪気に楽しめたのかもしれなかったけれど、すざまじい喧騒に、あらゆる臭い・・・馬糞、生肉や腐りかかった魚の臭いや下水の汚水臭など、臭いに敏感な私としては、もう口からハンカチが話せなかった場所。もちろん埃だらけでもありました・・・。


モロッコで体力を消耗してしまったのか、下船2日前からは胃腸を壊してしまい





ちょっと笑劇、イエ衝撃的画像が出ますのでよろしいでしょうか~(苦笑)



d0037284_1615481.jpg
『ドイツのミュンヘン空港でメディカルセンターでお世話になるーの図
あ~、これでミネママの鼻が低いっていう秘密がバレバレに(爆)。それと、天井の蛍光灯が眩しかったのでサングラスのまま(苦笑)。そして、もちろん靴のまま。。。

点滴を1時間受けました。ドクターいわく、「ストレンジフードの食べ過ぎ。」
で、点滴はベテランそうなイケメン看護師(でも、腕に刺青あり←笑)がやってくれるのかと思っていたら、緊張で手をさすってばかりの医学生のお兄ちゃんがすることに。それも、看護師が手取り足取り状態で。私は実験台かぁ~!ヘタで・・はぁ~余りの痛さに死ぬかと思ったぐらいだったし(大げさ、でも手が痺れたほど)、それと、ドイツ人に合わせてか針がかなり太かった・・・。

でも、さすが先進国ドイツ。どこもここもキレイな病院で、皆とても感じが良かったです。クリニックのカラースキームも先進国のインダストリアルデザインだな~と思わせるものばかり。私の後ろのレモンイエローも素敵。(って、こん時はふらふら状態だったのですが←苦笑)


今回のクルーズは想像外の大きなことが一つあり、乗船客の95%がイタリア人だったということ。なので、ずっと騒々しい賑やかな世界にいたので、空港とはいえミュンヘンに到着し、その静寂に結構感動しました。


帰途のフライトも胃痛でかなり辛かったのですが、ソウルのインチョン空港でも車椅子で迎えの車へ。こちらでも点滴を受け、細菌性下痢&胃腸炎に効く抗生物質を服用し、ようやく元気になったという次第です。

という旅の結末になったので、もう夏に暑い地域への旅行はコリゴリ。やっぱり私は北国が好きだと実感しました。

次は、『観光地編』か『船内編』!?に続きます~~♪


by minechan15 | 2007-08-28 15:24 |     クルーズ 船旅 | Comments(20)

今回もまた船に乗ってきます~♪


いよいよ楽しい夏休み~♪
今夜のフライトで、イタリアの港町へ向かいます。去年の夏休みは北欧でしたが、今年はイタリアから南の方へ向かう船(北アフリカにもちょこっと寄航)に乗ってきます。


2年前の暮れに初めてハワイクルーズに乗った時は、『クルーズ→毎晩オシャレなディナー』というように大いなる勘違いをし(爆)、d0037284_214357.jpg靴とバッグ(↓画像が出てきました^^;)でトランク一つがいっぱい・・・になったほどアレやコレや山ほど持っていたのですが、乗ってみて分かったことは、船は豪華でもクルーズ自体はカジュアルクルーズなので、数着のドレスも必要なかったっていうことでした(苦笑)。

なので、今回は靴2足と小さなバッグが一つだけ^^。


その替わり、クルーズ中もなるべくマクロビ食を続ける為に、『玄米お粥』とかのレトルトパックやらでトランクはいっぱいになりました。しかも、重っ!(爆)


そして、可愛い我家の猫王子達の面倒は毎年お願いしているファンちゃんが面倒みてくれます。
d0037284_215313100.jpg
ドクターLEEが保障してくれた彼女は、もちろん大の猫好きさん。近所に住んでいるので、毎日仕事帰りに寄ってくれ、週末は長い時間を過ごしてくれます。ファンちゃんのお陰で、我家のニャン達はもちろん日本語・韓国語のバイリンガル猫でございます~(笑)。


そんな訳で、スミマセン、皆さんのところにも韓国に戻ったらまた遊びにいかせてくださいね~。お約束の『マクロビ・リンク集』は、帰ってきてからの更新になります^^;。


では、皆さんも素敵な夏をお過ごしくださいね~♪
by minechan15 | 2007-08-03 21:46 |     クルーズ 船旅 | Comments(3)

番外編 ~ ラブラブツーショット大公開♪(爆) 追画像あり♪


とは言っても最愛のツマである(爆)アタクシとではございませんっ!!

最近、すっかりオジサン度が上がったせいか、はたまたただ図々しいだけなのか、我夫・・・可愛い子を見かけると「一緒に撮ってよ~♪」と目じりを下げながら、ツマであるアタクシに頼むのでございます(爆)。

d0037284_1250827.jpg
彼女は、ノルウェー・オスローのちょっとばかし怪しい日本料理屋さんにいました。「並んだとたんにクニャ~と身体を寄せて来たからネ♪」と言っておりました(苦笑)。


ハイ、次はイスタンブールでの激写!

d0037284_135272.jpg
携帯電話のアンケート&キャンペーンガール。相棒が持っていた会社の携帯は、どこにかける時もオランダ経由になる国際通話が可能なヤツ。彼女が色々操作しながら、「う~ん、韓国に住んでいる日本人で、携帯がオランダかぁ~。」と笑っていました。

d0037284_12502984.jpg
滞在先のホテルで会議が行われていたらしく、そのご案内係の子。相棒、あとで一人でカメラを片手に散歩に行った時も彼女を撮っていたみたい。

d0037284_13444829.jpg
色っぽいですね~!ご存知ベリーダンサーでございます。赤矢印に注目してください。相棒、しっかり彼女の腰というか臀部に手を置いています。で、この写真を韓国人スタッフに見せたら、「奥さんはどこにいたんですかっ?」と。「えっ!?目の前にいて笑っていたよ。」と答えたら、「オ~ノ~、アンビリバーブル!!韓国の奥さんだったら許さないかカンカンに怒りますね!」 だそう。そうそう、肝心の相棒でございますが、彼の口元がすべてを物語っておりますわ(爆)。


でも、そんな楽しいラブショットだけではございませんことよ~(ウヒヒッ~!)
d0037284_1412941.jpg
ボンベイサファイアを飲みすぎて焦点がボヤけ始めた相棒に現れたメチャ怪しい美女(爆)。ほっぺが真っ赤かなのが不気味だってばっ!目も・・・獲物を狙っているかのごとく、ハイ相棒から視線を外さなかったみたい。

d0037284_14135031.jpg
その瞬間、アゴをつかまれた相棒・・・唇を奪われそうになった・・・そうな。それを目にした一緒に飲んでいたメキシカン+コロンビアンカップルと共に涙が出るほど大笑い!!コスタ・マジカ号最後の夜、バーでの出来事でございました。




以上、相棒のご満悦な姿をお楽しみいただけましたでしょうか。

え~~コメントのお返事は暇な相棒からさせていただきますので、皆さま~コメントをお待ちしております♪
by minechan15 | 2006-09-08 12:41 |     クルーズ 船旅 | Comments(18)

COSTA MAGICA クルーズ 食べて食べて飲んで+踊る(?)船内生活♪


「お~~~い、ミネママっ! 全く更新が止まってしまったけど・・・どないしたん?」 ←何故に関西弁(爆)  って思っているアナタ様~ハイ、前回の更新直後に我家の3男なんちゃってシーズ犬のタロウ様が「帰国後ぐらいもっといっぱいいっぱい構ってくれなきゃイヤだっ!」の発作が起きて点滴2回とか一番上の姪が急に来韓、それから、そうそうようやく3ヶ月ぶりに新しいお手伝いのアジュンマが通い始めたりと自分のブログどころではなくなってしまった日々が続いておりました。

昨日、1週間我家に滞在していた姪が帰国。ふぅ~っ!! 頼まれてもいないのに、にわか母親代わりとなって「よりよい人生+いい女への道」レッスンで大変でした(苦笑)。今頃、「あ~~あ、伯母さんちへ行くといつも活を入れられ過ぎだわ・・・。」とか思っていることでしょう(爆)。KANAちゃん、例のカエル印ノートは毎日開くんだよ~♪

----------------------------------------------------------------------

では、忘れないうちに(笑)クルーズ旅行の続きをいきます~♪ 先ずは船の様子↓。
d0037284_16241693.jpg
早朝はこんな感じでデッキ&プール用のタオルもセッティングされ素敵でしょ? でも、宵っ張りのイタリア人とスペインが多いコスタ・マジカ号、朝は静かです(笑)。
d0037284_1624391.jpg
で、昼近くになってくると↓こんな感じでデッキも賑やかになってきます。
d0037284_1614442.jpg
親に連れられてきた若い子など観光などに興味は示さず一日中ひたすらバスケやプールで遊んでいたりという光景も目にしました。


さて、クルーズでは毎夜毎夜シアターでパフォーマンスが行われています。ミュージカルやダンス、アクロバットなどかなりレベルが高かったのには驚きました。ただ、どのパフォーマンスも撮影禁止ですので、残念ながら画像は無しです。その他、この劇場でいろいろなレセプションパーティもあり、私達は、「結婚記念日レセプション」というパーティに参加。
d0037284_1729931.jpg
記念撮影サービス(あとでその写真が気に入れば購入できる)の後、シャンパンと白いチョコが振舞われました。
d0037284_17255070.jpg
d0037284_17223185.jpg
船長の挨拶の後、ダンスタイムとなり皆次々と舞台へ~。もちろん、シャイな日本人カップルの我々(笑)は、そのダンスを観ていた側でございます。ちなみに、観劇もパーティもすべてクルーズ料金に入っています。


次は、お食事編。クルーズは3食付です。朝食は、好きなレストランやビュッフェで自由に取れます。↓は、ある日のオヤツ!? ビュッフェの食器はプラスチック(笑)。
d0037284_17105768.jpg



今回のコスタ・マジカ号では夜だけは毎回決められたレストランの同じテーブルに座るスタイルになっていました。↓は、ある夜の前菜・フルーツの盛り合わせ。プレゼンテーションは今一つですが(笑)、お味は結構イケましたよ。
d0037284_16191713.jpg


同じ夜のメイン、私はほとんどベジタリアンメニューからチョイス。これ↓は、お豆のハンヴァーグ風。ワインのセレクション、グラスワインでもかなり満足できました。お隣のカップルは毎晩白を1本開けていましたが、私が以前ほど飲まなくなったのでクルーズ中は1回だけボトルであとはグラスで楽しみました。
d0037284_1620253.jpg


ある日のメインのシーフードリゾット。さすがヨーロッパ船だけあってボリュームもリーズナブルで美味しくいただける量でした。
d0037284_1635241.jpg



サービススタッフのほとんどが明るいフィリピン人クルー。この夜もクルーによるパフォーマンスが突然始まりビックリ!パバロッティの歌曲に合わせ「ピザ作り?ダンス」が始まり、一瞬びっくりした乗客達から大歓声と拍手が!
d0037284_16203497.jpg

そして、お次はテーブルの担当ウェーターとのダンスタイム(笑)。あたくし、大口を開けてしまいましたわ(爆)。
d0037284_16292354.jpg


また2日程経った夜に、今度はクッキングスタッフの紹介を兼ねたパフォーマンスもありました♪コノレストランは2階吹き抜けスタイル。しかし・・・派手な色合いでしたわ~(笑)。
d0037284_16413781.jpg


カジュアルクルーズながらフォーマルナイトが2日ほどありました。オスローで途中下船する為に最後のディナーになったこの夜がフォーマルナイト、と言っても相棒は半袖にジャケットを着ただけ。あっ、あたくしのポッコリお腹と太い腕は見なかったことにしてくださいませ~(爆)。
d0037284_16461293.jpg
一緒に写っているのは、いつも手前のテーブルに座っていたウィーン駐在中のメキシコ人のご主人とコロンビア人の奥様のカップル。どうも10年ほど前に再婚したカップルのようでしたが、いつもテーブルの上でも目を見つめ合い手を握りあったりと、「サッパリお茶漬け系日本人カップル」の我々とは対極でございました(笑)。 奥はカナダのケベックからのカップル、最初フランス語だったのでフランス人かと思っていたのですが、どうも服装がフランスっぽくない(笑)。あとで話すチャンスがあった時にカナダ人と判明しました。

そうそう、忘れてはならないのがデザート。毎夜、選ぶのが迷ってしまうほど美味しそうなデザートのチョイスがあり、いつもダイエットの為に(涙)スキップしていた私も最後の夜には一番のオススメになっていたテラミィスを~♪  大量に作られているデザートとは思えないほど美味しゅうございました♪
d0037284_16574325.jpg



最後の夜は、↑の彼らとバーへ。前回のハワイクルーズと違って、夜はサッサと部屋に戻っていたのでこの夜がBAR初体験。いろんな趣向をこらしたクルーズスタッフが歩いており、もう大笑い!!
d0037284_1752473.jpg
ちなみに、相棒はこの後、ウエディング姿の彼に覆いかぶされて、どうも危うく唇を奪われそうになったみたいです(爆)。

↑のメキシコ人の彼は偶然に相棒と同じ職種。男同士、つい仕事の話もしてしまい、彼の奥方から睨まれてしまったほど(笑)。いつか必ず日本へも行ってみたいとのこと、ぜひ我々が日本に帰国してから再会しようと約束をしました。


翌朝、最後の寄港地のノルウェー・オスローへ入港。市内観光のバスが何台も迎えに来ていました。我々はここで途中下船。この船は夕方に出港しコペンハーゲンに翌朝到着してクルーズは終了となります。
d0037284_17361981.jpg


オスローでは3泊4日、友人達との再会やらでスケジュール盛り沢山の滞在となりました。>>>>>続く♪
by minechan15 | 2006-09-03 15:55 |     クルーズ 船旅

COSTA MAGICA クルーズ ~ エクスカーションツアー


クルーズではいわゆるオプショナルツアーが数多く用意されています。船はだいたい早朝に入港し夕方に出港するというパターン。我々もクルーズ中は寄港地ごとにツアーに参加したり、ベルゲンみたいな小さな街は自分達で自由に歩きました。
d0037284_1036645.jpg
船を下りるとズラリとバスが並んでいますので、自分の参加するツアー番号のバスへ。相棒と写っているのは、コスタの日本人コーディネーターのKさん。実はこの時、参加したかった英語でのツアーが満席になってしまい、「まっ、とにかく行ければいいだろう~。」ってな軽いノリでスペイン語のツアーに申し込んでしまったのです(苦笑)。現在はイタリア在住でスペインにも留学した経験のあるKさんのぺルプがなかったら・・・ハイ、スペイン語ツアーでのサバイバルは難しかっただろう・・・というのは、参加してから分かりました(爆)。 とにかく、ガイドも客も一日中機関銃のようなおしゃべりが続きました・・・。

フィヨルドの風景は、船から見ても陸から見ても「絶景」の一言。
d0037284_10452284.jpg
↑アタクシ、サングラスがちょっと下にズレてなんだか変ですね~(爆)。

エクスカーションのツアーは7~8時間かかる1日のと半日コースのがあり、1日コースだとランチも出ます。こんな可愛らしい木造のホテルでのランチも♪
d0037284_10502147.jpg
d0037284_10521214.jpg
この時はブッフェスタイルのランチ、さすがノルウェー、毎回サーモンは登場(笑)。


ところで、バスで移動中に多く目にしたサマーハウス。我々から見たら荒野にポツンと立っているっていう感じなのですが、ノルウェー人にとってはその孤立感がいいらしいですね。驚いたことに街から遠く離れたこのような場所でも電気はもちろんのこと、ちゃんと水道もきているんだそう。国としてのその豊かさには驚かされるばかりの我々でした。
d0037284_1127458.jpg
d0037284_1231283.jpg
ノルウェーは40年ほど前に北海油田が発見されてから国中のインフラを整え、今では世界で最も豊かな国として有名。


「これを見ずにしてフィヨルドを見たとは言えない」と言われているほど素晴しいゲイランゲルのフィヨルドツアーに参加した時は、朝乗客を降ろした船はすぐに出港。夕方ぐるりと半島?を周った先で待っているとのこと。バスの窓から小さくなっていく船が見えました。
d0037284_10541921.jpg


360度フィヨルドを見渡せるところへバスで上って行くのですが・・・ガードレールも無く迫力満点。下に見えるのは道路ですが、たまたま車が写っていなかっただけで数珠繋ぎ状態。
d0037284_10575543.jpg


ほんの10分ほどいた頂上。もちろん柵などありませんので、高所恐怖症の相棒は腰が引けたみたい(笑)
d0037284_10582111.jpg



手に汗を握るほど緊張した下りも終わった時は車内からドライバーに対して拍手が出たほど♪だってカーブですれ違えない時などバック・・・車内から「お~~お!!」って不安とも驚きともつかない声がでたぐらい。私も結構心臓ドキドキでした(苦笑)。↑の湖から一般道路になり一安心。しばらく走ったら↓コスタ・マジカの船が見えました~!
d0037284_11422796.jpg



こうした1日ツアーに何日か参加した他に、半日のハイキングにも参加。いい運動になりました。松の木もたくさんあり、何だか妙に日本の風景に似ているなと思った森林公園。
d0037284_1111477.jpg


手前は英語とスペイン語のバイリンガル現地ガイドの女性。カタコトの日本語も(笑)。途中、森のカフェでワッフルのオヤツ付き♪
d0037284_11112880.jpg


歩いて船まで戻る途中、ノルウェーカラーを発見。
d0037284_1111567.jpg


ベルゲンのような小さな街はツアーに乗らず自分達で自由に歩きました。相棒にとっては2回目のベルゲン、彼オススメのレストランへ行ったり、ケーブルカーで山の上まで行ったりと自分達のペースで過ごすことができ、これも楽しかったです。フィッシュマーケットの先に停泊中のコスタ・マジカの船が見えます。
d0037284_10442479.jpg




出港予定の30分前までには船に戻らないといけません。
d0037284_11182643.jpg



クルーズの楽しみは、出港時も風景を楽しめること♪
d0037284_11191425.jpg
この画像で何か気がつきませんでしたか? 乗客の服装~普通で結構地味な人も(笑)

日本では、新聞のクルーズ旅行の宣伝など必ず「豪華客船」ってうたってますよね。まぁ、船はたしかに豪華かもしれませんが、クルーズのほとんどはカジュアルクルーズって呼ばれているものなので、「毎晩タキシードやドレスでオシャレして」っていうイメージでは全然ありません。今回も乗船した直後は、「なんだコリャ~」って言ってしまうほどのイタリア的くだけ方の雰囲気(爆)にびっくり。

イタリア在住の日本人コーディネーターのKさんいわく、今回のイタリア人乗客はアッパーミドルクラスだとか。北欧クルーズは物価も高い場所を回るので料金自体他より高くなるけれど、彼らは持ち家があって家族で旅行に行けるクラスだそう。でも、地中海クルーズぐらいになると、料金も安くなるのでそれこそ若いカップルから誰でも参加できるぐらいの気軽なクルーズになると聞き、やはりヨーロッパはクルーズ先進国なんだなと感じた次第です。

という訳で、今日は外での過ごし方でした。次は船内での過ごし方です♪ >>>>続く
by minechan15 | 2006-08-16 10:56 |     クルーズ 船旅

今回はCOSTA MAGICA ~ イタリアのクルーズ船


今回乗船したのはイタリア船籍のコスタマジカというクルーズ船で7泊8日の北欧フィヨルドのクルーズです。コペンハーゲンを出港し、ノルウェーのフィヨルドを回り、またコペンハーゲンに戻るスケジュールでしたが、私達はオスローで途中下船したので6泊7日の船旅となりました。
d0037284_16314656.jpg
高所恐怖症の相棒のリクエスト(爆)で、今回もバルコニー無しの部屋に。ちなみに、バルコニー無しの部屋の方がバルコニー分広くなっていますが、今回は・・・ちょっと海面に近すぎ(笑)、船旅の醍醐味があり過ぎました~。
d0037284_130336.jpg
d0037284_12554334.jpg
前回のハワイクルーズより部屋はだいぶ広い感じ。ベッドはシングルを並べたスタイルで、ソファも2人掛けと肘掛ソファが一つと結構余裕がありました。インテリアは明るいイタリアンモダン、クルーズが楽しくなってくるような色彩で、さすがイタリアデザイン!
d0037284_16465876.jpg
バスルームも思っていたより広くて快適。右手にシャワーブースがあります。
d0037284_16442177.jpg
船旅では必ず「避難訓練」があります。ちなみに、救命胴衣は部屋から着用して指定の場所に集合します。今回は、アナウンスがイタリア語→スペイン語→フランス語→英語→ドイツ語→時々なぜかロシア語の順番にあったので時間のかかること!(笑) 

そうそう、今回の乗客、約3500人の割合は:

スペイン人  1200人
イタリア人    900人

他フランス人やドイツ人 各 2~300人

ロシア人     80人
トルコ人     80人

アジアからは台湾の団体が10数人、 日本人はパリ駐在の若いご夫婦+1歳半の赤ちゃんと我々だけ。 イタリア在住の日本人コーディネイターも乗船しており、彼女からいろいろお話が聞け楽しかったです。

イタリア船籍+この乗客の割合をもってして~いかに明るい雰囲気(あるいは騒々しい←爆)クルーズだったか想像できると思います(笑)。


出港翌日はまる1日航海の日なので船内で過ごしました。クルーズ料金には食事も総て含まれているので、まぁ言ってみれば食べ放題(笑)。でも、今回は2回目のクルーズで余裕があったせいか、はたまた「デブへの自戒」があったせいか結構食欲をコントロール出来、2週間で太ったのは1.7キロONLY。美味しいものを食べ続けていた割には上出来と言えるでしょう(笑)。

カフェテリアはビッフェスタイル。朝食はいつもここで取っていましたが、レストランでも食べられます。さすがイタリア船、パンやピザ、パスタなどの食事がカフェテリアとは思えないほど美味しかった!!
d0037284_13174378.jpg
d0037284_13182039.jpg
d0037284_13192141.jpg
サービス部門のスタッフはほとんどフィリピン人。いつも明るくて気持ちよく食事が楽しめました。
d0037284_13224492.jpg
d0037284_1323510.jpg
カフェテリアのカップやデザート食器はプラスチック。最初はちょっと驚きましたが、まっ、イタリアデザインだし揺れても壊れないからと笑っていましたけど・・・アイスクリームやケーキも食べ放題ってホントに危険。昼は寄港地でツアーに参加し、夕方戻ったら先ずはカフェテリアに行き、アイスと果物を食べて一休みっていうパターンになっていきました(笑)。
d0037284_13274522.jpg
↑パスタ、さすがのお味でした~♪


コスタでは、夜は決められた時間+同じレストランの同じテーブルで食事をするようになっていました。夕食は2部制になっていて、宵っ張りのイタリア人やスペイン人グループは9時から、他の外人グループは7時になっていたよう。納得です。メニューはフルコースですが、私はいつも2品、サラダとメインとかというように取っていました。ちなみに、全部注文したら、前菜+スープ+パスタ+メイン+デザートと、すごい量になってしまいます。
d0037284_13331575.jpg
d0037284_13334091.jpg
メニューには必ずベジタリアンメニューもあり助かりました。ちなみに、ワインやミネラルウォーターは追加料金が必要。


さぁ、最初の寄港地に着きました。港が遠浅の場合は、手前に見える黄色の150人乗りテンダーボート(緊急時の脱出用ボートとも言います)で上陸します。

d0037284_13341083.jpg
ノルウェーは想像以上に雄大な自然に擁かれた国でした。そして、その雄大さと豊かさにただただ圧倒された1週間でした。 >>>>>続く。
by minechan15 | 2006-08-15 12:53 |     クルーズ 船旅

旅の始まりはイスタンブール~


今回の旅は、ソウルからトルコ航空でイスタンブール経由北欧行き。チケットはもちろん自腹の鉄則エコノミー席、でもチェックインカウンターでトルコ人マネージャーに「メルハバ」と言ったのが効いたのか(爆)、嬉しいビジネスクラスにアップグレイド♪ 幸先のよいスタートとなりまた。

前夜イスタンブールに到着。エアポートホテルに泊まりその翌朝、ハイ、イスタンブール在住の方は見慣れていると思われる出国手続き(左側)の先にあるショッピングアーケード内のカフェで朝食を摂るの図。後ろにはBAZAARという文字も見えますね。実は、あたくし・・・長時間フライトの疲れと時差ボケでちょっと不機嫌そうにも・・・見えますが、15年ぶりのトルコ、そりゃ~もう興奮しておりました(笑)。
d0037284_23535419.jpg

ここでいただいたトルコ式朝食。↓は、ちょっと酸っぱい豆のスープ、懐かしい味♪相棒は、「チャイ」って頼んだら・・・ただのリプトンのティーバッグでガックリ(苦笑)。
d0037284_04123.jpg
そして、これ↓も豆のペースト、平べったいパンに付けていただきます。美味しかったですよ~。
d0037284_064378.jpg



昔は暗かったイメージのイスタンブール空港もすっかり生まれ変わってお店も充実。ナント最近ご愛用のラ・プレリの化粧品もここの免税店では~日本の半分から3分の2の値段ではありませんか! まだ旅が始まったばかりなのに、つい何箱がお買い上げ。「これで、北欧の乾燥や日焼けからも肌を守れるわ!」とか言いながら(笑)。


そして、3時間半のフライトで着いたのがクルーズの出港となるコペンハーゲン。夕方の乗船リミットの時間までだいぶ時間があるので、荷物は空港に預けて電車で市内観光へ。でも、私的にはあまり魅力の感じない街でしたね。
これはコペンハーゲン中央駅のプラットホーム。
d0037284_0153088.jpg



我々らしく(笑)乗船リミット時間の30分前に埠頭に到着。最後のグループでの乗船となりました。(ちなみに、乗船は出港の6時間ぐらい前からOK) ↓小さい画像ですが、ハワイで乗ったのより大きい10万トンを越える大型のクルーズ船。全長は300m近くあり、就航している船では最も大型のタイプ。
d0037284_018490.jpg


さぁ、いよいよフィヨルドへ向けてイタリアン(船籍)クルーズの始まりです♪ >>>>>続く



◇実は・・・ごめんなさい、今月も忙しくてなかなかコメントのお返事もできそうにありませんのでしばらくコメント欄は閉めさせていただきますね。
by minechan15 | 2006-08-11 00:03 |     クルーズ 船旅

北欧クルーズへ行ってきます~~♪


皆さま~、いつもお越しいただきありがとうございます。

昨夜は夜中の2時過ぎまでパッキング、今朝は6時起きと・・・ハイ、いつものことながら直前にバタバタと出発準備をしているミネママでございます。あと、1時間で頼んでいるタクシーが迎えにきます(^^;)。

今回は、北欧で1週間のフィーヨルドクルーズとノルウェーの友人達との再会、そしてイスタンブールではオフ会♪とスケジュール一杯の楽しい2週間になりそうです♪


それでは、皆さまもどうぞ楽しい夏をお過ごしくださいね~~♪
by minechan15 | 2006-07-22 09:53 |     クルーズ 船旅 | Comments(29)

ハワイお土産クイズ♪

皆さま~♪、ハワイお土産クイズにご参加していただき、ありがとうございます~。
がっ、今のところご正解者はたったのお1人様でございます(笑)。やはり・・・ヒント無しでは難しかったかしら~。という訳で、「えっ?それって私?」って思っておられる方は別にして、ちょっとだけヒントを~。訂正鍵コメも受付ますよ~。

「う~~ん、これって中東っぽいよね。」っていうお国が一番中東の国です。2本についは、エイッヤ~でいくしかないですね(笑)。
それと、↓の国名の順番とブレスの順番には何の相関関係もありませんよ~。

雅子様には、鍵コメ=非公開方法のアドバイスをいただきましたので、間違っていても(オイオイ)、何か特別プレゼントを贈りますね。特別参加賞で~。

それから、鍵コメ以外で書き込んで下さった方のみ、お返事をさせていただきますね。皆さまの想像力、ふむふむと言いながら読ませていただいております。ありがとうございました~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハァ~イ、皆さま、大変お待たせいたしました。ミネママのハワイクルーズ旅行のお土産クイズでございます~。って言っても~それほど大したお土産ではございませんが、まだまだ寒い季節ですので、↓のグッズでハワイの暖かい風を感じていただければと思います♪
d0037284_16533251.jpg
↑コナコーヒーがブレンドされたハワイの粉コーヒー。オーガニックのマンゴーティ。それに、ワサビ味のマカデミアンナッツ!コレは、私的には結構イケましたが、相棒的には、ちょっとお口には合わなかったみたい(笑)。エキゾチックなお味を楽しんでくださいませ~。
d0037284_16573370.jpg
↑香り豊かなハワイの花をベースにしたソープ、バスソルトとオレンジの香りのリップバーム。寒さでちぢこまった身体をほぐしてくださいね♪


以上、食べて+香りを楽しんでいただけるハワイお土産がどなた様(1名)かに当たりますよ~♪

その、クイズは・・・ハワイとは全く関係ないです(笑)。
by minechan15 | 2006-01-22 16:53 |     クルーズ 船旅 | Comments(44)

ハワイクルーズ 6日目~マウイ島1日目♪


d0037284_1521432.jpg
ハワイ4島巡りのクルーズ最後に立ち寄るマウイ島へ到着~。船はここで2日停泊します。クルーズ5日目にもなってくると、日常生活から離れてだいぶ経ってしまったような不思議な感覚に。まっ、そういう風に感じられる旅行っていうのは、非日常生活を楽しんでいる証拠!?。

d0037284_15252295.jpg
今日は初めて早起きして(笑)、朝からベスト オブ マウイなるツアーに参加。大型観光バスもズラリと並んで出発を待っています。


最初に訪れたイアオ渓谷。ここは、カメハメハ大王と、マウイ軍の戦場の場。カメハメハ軍とマウイ軍の戦いは、双方多数の死傷者を出し、渓谷を流れるイアオ川が真っ赤に染まったとか。眼下にバスが駐車しているパーキングが見えますね。
d0037284_15285250.jpg


そこで、こんな猫ちゃん達にも会いました。ドライバーガイドのおじさんの話によれば、全部30匹ぐらい。ちゃんと猫好きさん達が面倒を見ていると聞いて安心しました。
d0037284_15321891.jpg
あ~ら、我家の誰かさん達によく似ていますね(笑)。
d0037284_1533723.jpg
さすが、野良ちゃん、警戒を怠りません。この日、目の前に現れてくれたのは数匹だけでしたが、皆丸々と太っていて、茂みには水とカリカリ、そして白いご飯が~。さすが、日系人というかお米を食べる人達がたくさん住んでいる島だけのことがありますね~。

そうそう、ツアーに来ていた我々。その時代、マウイ軍は、このイアオ・ニードル=針のように鋭くとんがった山頂に登り、見張っていたそうです。清みきったハワイアンブルーの青空、ミミネネ+タロウのことは別にして、この頃はすっかり厳寒のソウルを忘れておりました(笑)。
d0037284_15374082.jpg





次の場所は、農園。

d0037284_15411254.jpgd0037284_15415327.jpg

トラムの発車まで可愛いハワイアンの女の子達がフラの踊りと、そしてウクレレを弾いて歌ってくれました♪


d0037284_15435056.jpg
さぁ、トラムに乗って出発~。
d0037284_1546482.jpg
広大な敷地にある農園と植物園をぐるりと回ります。

d0037284_1551654.jpgd0037284_15535379.jpg














d0037284_15513352.jpg

d0037284_15551436.jpg

d0037284_15554616.jpg
↑左下のはポインセチア。南国でも咲いているということと、大きな枝になって咲いていたのにビックリ。

農園見学を終えたら、楽しいランチが待っていましたよ~。
d0037284_166196.jpg
ご飯とタロイモパンが並んでいるのがハワイらしいですね。 お味? 相棒と「船に戻ったら、遅いランチを食べよう。」ってヒソヒソ話(笑)。私はお肉を食べられない人ですので、相棒に聞いたら、「チキンが甘くて食べられない。」だそう。ふむふむ。


さぁ、このツアー最後の目的は、水族館でした・・・・う~む、これといった感じではないので、特に感想はなし。やはりハワイでは実際の海でイルカとかを見た方が絶対にいいと納得。唯一?エンジョイしたのはギフトショップ。。。(オイオイ~)
d0037284_16114231.jpg
熱心に私が覗き込んでいるのは、スペインからの移民の末裔のお兄さんに書いてもらっているトロピカル飾り文字?風な書。実は、一昨年もフィレンツェで似顔絵を書いてもらい、とても記念になったので、今回も何か書いてもらえるチャンスがあるかと楽しみにしていたのです。ミネママ+ミネパパっていう風に本名で書いてもらいました~。風邪が治ったらフレームアップ(額装)してもらう予定♪

ハワイの産業は、観光と農業。農業でも牧畜も盛んだった為、多くのスペイン人も宣教師や牧童として、遠くスペインからハワイに渡ってきたそう。彼、片言の日本語の発音が妙にいいので、聞いてみたら 奥様が日本の方ということでした。


これで、6時間のツアー終了。今回のツアーであった嫌な出来事が一つ。ガイド兼ドライバーのオジサン、どうも白人主義者かアジア人が嫌いなのか、「え~このツアーは、日本人のグループみたいに朝の6時から夜の10時までかかって2島を1日で回ったりしません~。」と最初にかまし、「白人が入ったお陰で、ハワイの島々が繁栄している。」等々、他にもアジア系の人間がいたのにも拘わらず嫌味な会話をずっとしていた・・・。



そんな嫌なヤツのことはすぐ忘れて楽しまなくちゃ~っと、夕食後にやって来たシアター。
d0037284_16271170.jpg
船にはかなり大きな劇場があり、毎日何かしらのパフォーマンスがあります。この日あったのは、う~ん上手く文字で説明できるかどうか非常に微妙なのですが・・・お腹がよじれるほど大笑いをし、2005年の笑い納めになりました♪

この夜は、クルーズナイトといって芸達者なクルーが芸を披露するというものでしたが、驚くなかれ~皆「えっ?プロじゃないの?」っていうぐらい上手だった!歌ありフラの踊りあり、そしてトリで出てきたのが彼ら。

画像には写っていませんが、皆片手に土器風な水差を持っています。題して、「人間噴水?」 音楽に乗って出て来たかと思うと、、、おもむろにその水を口に含み、前の人の水差目がけてプゥ~って噴水のように口から吐き出す!っていうナンセンスなのですが、正面向いて立っている時など、口に入れたとたん客席に向かって笑いを堪えきれず噴出す人とかいて、もう会場は笑いの渦でした。

コレは、帰りの飛行機で観たアメリカのアニメ、動物が寒さを逃れて常夏の島?にやって来るっていうのがあり、その中でそのようなシーンがあったので、ハハァ~ンと思いました(笑)。



そして、とうとう船で向かえる最後の夜となりました。

「えっ?マウイ島には2泊するんじゃなかったの?」って思った方、記憶がグッドですよ!

いいえ、ホノルル→成田の飛行機が取れず・・・予定より1日早くホノルルを発たないといけないので、明日マウイからホノルルまでは飛行機で飛び、ホノルルで一泊。元旦の朝のフライトへ成田経由となった次第。何だか私達らしいでしょ(笑)。という訳で、明日はいよいよ下船です☆
by minechan15 | 2006-01-13 15:27 |     クルーズ 船旅 | Comments(10)