ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:    動物検疫( 2 )

先ずは血清検査 その①


皆さま、すっかりご無沙汰してしまいました~。先の週末の酷い黄砂でちょっと目の具合が今一つになったのをきっかけに少しPCの方もお休みしておりましたが、時々「読み逃げ」していた犯人は、私のPCからリンクの皆さまのところへお邪魔していたミネパパでございます(笑)。

今朝、「あのさぁ~、君のパソコンからリンク先を見ていると相手の人は分かるの?」などと、いきなり変なことを聞く相棒。で、「アクセス解析をしていれば、Kr(コリア)と出るだろうし、分かると思うよ。」と言ったら、「じゃ~読み逃げが分かっちゃうんだ。」

という訳で、シャイな(おいおい←大ウソ)相棒の読み逃げをお許しくださいましっ!




さて、4月初旬に日本へ帰国した際、狂犬病抗体検査の為の血清を持参しましたが、忘れないうちにご報告しておきたいと思います。


■血液採取の前に~

先ず、採取の前には、マイクロチップの挿入と2回の狂犬病予防注射が必要ですが、詳しくは、日本の動物検疫所のHPでご確認ください。

獣医師からも指示があると思いますが、採取予定時刻の前12時間は、血清に脂肪が混じってしまうケースがある為、水もフードも一切あげないことに注意。我家の3王子の中で一番の知能犯でボス猫ミミ君、家を出る15分前に隠しておいたグリーンをカプリ~(爆)、その日の採血は中止になり翌週に。

我家が通っているドクターLEEの動物病院には血清分離機を置いていますが、韓国では用意していない動物病院も多いようですので、事前に確認された方がいいようです。


以下は、韓国から犬の血清を手持ちで持ち出す際の手続きです。猫の血清については、次の2.の書類添付のみでOK。



書類
Certificate for serum of dog(s) to be imported into Japan 
  (獣医師が記入)

◇この書類は、日本到着時に動物検疫所に提出。

日本で唯一の検査機関、財団法人 畜産生物科学安全研究所のHPからダウンロード可。
韓国から血清を持ち出す際に、韓国の動物検疫所でエンドースメントのスタンプを押してもらい、日本の動物検疫所に提出します。


狂犬病抗体検査証明書(兼申請書) (所有者と獣医師が記入)
  
◇この書類は、相模原の(財)畜産生物科学安全研究所宛て血清に同梱。

1.の書類同様、財団法人 畜産生物科学安全研究所のHPからダウンロードができます。



英文の健康診断書 (獣医師が作成)

◇この書類は、金浦空港の動物検疫所に提出。

かかりつけの獣医師に、血清を持参する犬の健康状態を記してもらいます。特に書式は決まっていないそうですが、外国人の飼い主が多いドクターLEEは、韓国の動物検疫所に記入内容の確認をしたそうです。


Health Certificate of Animal Products (韓国の動物検疫所で記入、英文)


Health Certificate of Animal Products (日本の動物検疫所で記入、日本語)




韓国から出国する際、事前に用意しておく書類は、1.~3.のみ。

4.は韓国の、5.は日本の動物検疫所に到着した時点で記入するように指示されます。




金浦空港 動物検疫オフィス

場所は、国際線ビル1F 到着ロビー 右奥。 

出発時刻の3時間前に来るように指示されましたが、他にも検疫を受ける犬猫連れがいた場合は、かなり時間がかかりそうです。今回、血清だけでも40分ほど時間がかかりました。

血清が入った箱もチェックされます。(←チラリと見るだけ)

2人の若い獣医師の検疫官がおり、英語も堪能で親切でした。 

何か問題があった時は、すぐ掛かりつけの獣医師に連絡してもらえるよう、電話番号を忘れずに! ↓のミケちゃんの時も、すぐドクターLEEに連絡を入れてもらい、事なきを得ました。

検査費用: 2万ウォンの現金払い。




羽田 国際線 動物検疫カウンター

荷物のターンテーブルの横にある小さなカウンター。(植物・動物検疫と表示)

上記の1.の書類を提示すると、5.の書類に記入するように指示があります。

血清の箱は、チラリと見るだけ。かかった時間は、ほんの2~3分。

この後で、税関検査がありますが、税関で必要な場合もあるからと、5.の書類のコピーも渡してくれました。



血清送付

羽田国際線到着口を出たところに、クール宅配便を扱っている佐川急便のカウンターがあります。2.の書類を血清の入った箱に同梱し、発送。外箱は、私の持参した箱に合わせて、ピッタリサイズの箱にしてくれました。



検査結果
今回は、ミミとタロウ2匹分を検査してもらいましたが、10日ほどで検査結果が届きました。(郵便のEMS国際便で)

抗体価は、ミミが70.1 IU/ML、 タロウが92.3 IU/MLで充分な数値で一安心でした。

で、ネネ君のは?
by minechan15 | 2006-05-02 16:12 |     動物検疫 | Comments(14)

ミケちゃん、無事日本へ帰国♪ + 先ずは血清検査 その①


先月末、三毛猫ミケちゃんが韓国より日本へ無事帰国しました~。

d0037284_1547128.jpg
↑ミケちゃんは、御年15歳の三毛猫ちゃん。6年前に日本を出て、上海に4年半、ソウルに1年半と海外で過ごした帰国子女猫ちゃん。
d0037284_1549344.jpg
↑日本の三毛猫は長寿だそうですが、ミケちゃんもしっかりしたお顔立ちです!
d0037284_1623583.jpg
↑出国2日前。ドクターLEEのクリニックで最後のヘルスチェック。

ドクターLEEにとっては、今回の措置になってから初めての日本への帰国猫ちゃんでしたので、何回も金浦の動物検疫に電話をして確認をしてくれたのですが・・・出国の際のドクターによる「健康診断書」の提出を求められ、ミケちゃんママも焦ったそう。(この書類は、韓国側の動物検疫所が求めているので、日本の検疫のHP等には無い情報でした。)

でも、幸いなことにドクターLEEと動物検疫の検査官ドクターとは今まで連絡を取り合っていた為、すぐにFAXで送り、後でオリジナルを送るということで話がつき、無事出国ができたそうで良かったです。

そうそう、金浦の動物検疫所にあったマイクロチップの読み取り器がどうも故障していたらしく(!)、「チップが入っていないのでは?」とか、「ドクターLEEに電話して下さいっ!」などのやり取りがあり時間が取られたようですので、時間に余裕を持って行った方がいいみたいです。結局、他の読み取り器でチップの確認が出来たそう。。。。

羽田の国際線到着では、書類を渡し、チップの確認をしただけでアッという間だったそうです。
それを聞いて、我家の場合、2匹で帰るか(タロウは2回目にして)、3匹一緒で帰るかどうかまだ未定ですが、羽田の動物検疫がスムーズなようなので安心しました。





ところで、↓は、ミケママさんが我家にいらした時のもの。お客さんが大好きな誰かさんの姿が見えますね(笑)。(左:ミケママさん、 右:マダムFさん)
d0037284_16201274.jpg
↓タロウの秘密の趣味は~少しでも若い人が好き(爆)。マダムFさ~ん、あの時・・・タロウったら、ミケママさんにべったりで失礼しました~(笑)。きっと特別なセンサーがあるのかも!?
d0037284_1630967.jpg
ミケママさん、タロウのあられもないお姿~お許しを(笑)!




今日UP予定だった、この間日本へ帰国した時に持参した血清の話ですが、その話の続きは、今朝からの騒音でもう頭痛がしてきた感じなので、この週末にでもUPしますね。

今日も朝から9Fのリフォーム騒音、ハッキリ言って↓の梨などでは我慢ができないくらい(笑)騒音が酷いです。月曜日から始まった工事の音、今日は私の部屋の真上でやっているらしく、ド、ド、ドッ~~ッっていうドリルの音が鳴り止みません。
d0037284_1636964.jpg
↑は、水曜日、引き剥がした壁とか床材をこうしてリフトで外に運び出している(黄色→に物を置く台が付いています)のですが、いつもは外を見るのが好きなミミとネネもその轟音にはビックリ。

ネネなど今までに聞いたことがないぐらいの声をだしてビビッていたので、こちらの方がその声に驚いてしまったほど。

今日も今度は資材の運び入れで、↑のリフトが轟音を立てて一日中動いています・・・。はぁ~~こんな騒音が1ヶ月も続くなら困ったものです。


では~今から気分転換に何か美味しいものを食べに出掛けます。今晩のディナーは、宮廷韓国料理かイタリアンにしようかというところまで決めましたが、その先は、相棒のオフィスに着いてから。

皆さんも楽しい週末をお過ごしくださいね♪ (血清持参の話は、週末に追記で入れる予定です。)
by minechan15 | 2006-04-21 15:59 |     動物検疫 | Comments(34)