ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:    美味しい韓国( 4 )

   【 おいしい韓国 】   マシイッソヨ~4  【海藻石焼ビビンパ ♪】


韓国在住中にあまりに韓国食を食べ過ぎた?(笑)せいか、日本に帰国しても「韓国料理は半年に一度で充分よね~」状態だったミネママ家ですが、何故か・・・この夏ぐらいからミネパパと二人揃って、「週末なので、テンジャンチゲと石焼ビビンパ~ね」が続いています(^^;)。

こちらは、日本ではコリアタウンにでも行かないとなかなかお目にかかれない珍しい海藻!石焼ビビンパですが、5種類の海藻からふわっ~と海の香りがして、とても私好みの味。ソウル・金浦空港ロビー2Fにある韓国料理レストランのメニューで、ソウルへ行った時は欠かさず(笑)いただいております。

d0037284_0251892.jpg


この石焼ビビンパの起源については、韓国起源とするものと大阪のコリアタウン起源説とする諸説があるそうですが、私にとっての初ビビンパは、昔アメリカ・ダラスに住んでいた時にたまたま入ったコリアンレストラン。で、いきなりお店のアジュンマ(おばさん)にこってりとかき混ぜられてしまった・・・(爆)という忘れられない思い出があります。

ちなみに、日本のカタカナではビビンパですが、韓国語では混ぜご飯、【ピビム】→混ぜるの名詞形の混ぜで、【パプ】→ご飯の意味で、韓国語発音では、BIBINPAPPUの感じでしょうか~。



寒くなっていくこれからの季節にはもちろんキムチ鍋@週末限定(←お口のニオイ問題もありますので、苦笑)ですね!
by minechan15 | 2010-10-31 22:23 |     美味しい韓国

   【 おいしい韓国 】  マシイッソヨ~3  【海鮮鍋~♪】


空が高く感じられ~ソウルの空気が澄んできて肌寒くなってくると「そろそろ~っ♪」と思ってしまうのが鍋料理。お肉をいただかない私達が好きだったのは海鮮鍋~♪ バンベドンの街は、漢江川に向かう大きな道路の南側には、「これぞソウルのシクタン(食堂)の迷宮」街みたいな場所があり、海鮮系の食堂も軒を連ねています。

大阪と神戸からやってきたアガシ(若い女性)と一緒に行ったのは、もちろん海鮮鍋専門店。かなり庶民的なお店~ですので、よく見ると床が波打っていた・・・みたい。とても人気店で店内はお客さん達の楽しそうな話声と鍋の湯気でかなりのハイテンション食堂系お店。ずらりと並んだ小皿~♪
d0037284_1625159.jpg


出てきました海鮮鍋! 韓国ではお約束!の料理ハサミでカニとかをバッサバッサと食べやすい大きさに切ってくれるアジュンマ(中年女性)の手もたくましいっ(苦笑)。
d0037284_16394287.jpg

海老やカニも本当に新鮮! ソウルに来たからには【辛い物~たくさん食べたいっ!】と言っていたアガシ達も大喜び+大満足の海鮮鍋でした。


家に戻ってお腹に優しいお茶をいただきましょう~。この韓国煎茶・茶器セットは、このパーティでのお土産
d0037284_16294353.jpg
韓国では煎茶の茶道というものもあり、ソウルへ赴任直後に少しだけ習ったことがあります。韓国は赤、黄色、青!というような日本人には少々インパクトが強い(すぎる・・・?)色が街中にあふれていますが、実は、こんな洗練された色合いの茶器セットも好まれているんですね。ヴィラの近くにもお茶屋さんがありましたので、いつかその事もご紹介しますね。



♪♪♪ コメント欄を開けましたので、お気軽にコメントしてくださいね~ ♪♪♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村  
by minechan15 | 2010-10-19 17:22 |     美味しい韓国 | Comments(10)

   【 おいしい韓国 】 マシイッソヨ ~2 【おいしい豆腐料理♪】

韓国と言えば~焼肉っ!というイメージがありますが、実は、それ以上に野菜や豆腐もたくさん食卓に並ぶ健康的食生活が根ずいているお国なのです。

韓国にいる間にすっかり玄米菜食+時々海鮮という食生活になった私とミネパパが週末によく通っていたのが豆腐料理専門店。お店で作られた新鮮な豆腐料理を楽しむことができます。ここは、カンナム(江南)のヨクサム駅の裏手にあるお店、ミネパパは平日もよくスタッフと連れだって行ったそう。
d0037284_16523351.jpg

大豆と緑豆から作られた豆腐。緑豆は大豆より甘みがあるので二種類を同時にいただくといいバランスのお味になるのです^^。

d0037284_1653967.jpg

テーブルの上は、豆腐づくし~♪ 左手前の白い美味しそうな【温】豆腐が入った大きなお椀、これで一人分・・・。辛い醤油のタレをかけていただきますが、結構ペロリでした^^;。その右となりのチゲ(味噌汁)も豆腐がたっぷり!ご飯は雑穀米。オカズも黒いのは海藻の和え物や大豆の煮物、そして何種類からのキムチ!とすべてお野菜オンリーの超ヘルシーなメニューです。お値段は、たしか二人で2000円ぐらいの超お得プライスでした。
d0037284_16533580.jpg



韓国から中国・北京に横滑り駐在で移り住み暮らし始めた時に肌で分かったことは、当たり前のことながら、今の日本の文化というのは、朝鮮半島あるいは遣唐使や遣隋使によって日本にもたらされたということ。そして、今や日本だけにその伝来当時の姿が奈良や京都に残されていることなどもかの地に住んでみて分かったことです。

日本の食卓に欠かせない食材となった【豆腐】、発祥の地はもちろん中国で紀元前~遅くとも唐の時代と言われており、朝鮮半島経由では16世紀末の文禄慶長の役に長宗我部元親が朝鮮から連れ帰った捕虜に豆腐を作らせたとの記録が残っているそうです。

当初は、僧侶や貴族階級など特権階級のごく限られた人々の食べ物だった豆腐も茶道の広まりとともに精進料理が一般にも浸透しはじめ、江戸中期には一般庶民も食べるようになったそう。庶民の食生活に溶けみ健康に大きく貢献した豆腐ですが、豆腐を外用薬として使った民間療法も伝わっています

マクロビ(マクロビオテック)的にも、豆腐は、体を冷やす【陰】の食材。その熱を吸収する作用を利用して作られる湿布薬で、ねんざや頭痛時の熱取りに使われる外用薬です。豆腐と小麦粉を適量をよく混ぜ合わせ、布やガーゼにのばして患部に貼り、熱で乾いてきたら取り替えるというもの。私も試したことがありますが、市販の湿布薬より体に優しくよく効きます。

ですので、【冷や奴】は体を冷やし熱を出す夏の食べ物ですので、もうそろそろ今の季節ぐらいからは【湯豆腐】の方が健康にいいということですね♪


今や世界の【TOFU】ですが、
d0037284_1244584.jpg
                 (有機農大豆使用豆腐のお得パック、しめじキノコがおまけ♪)

私達がアメリカで暮らした時も、TOFUはどこでも売っており助かった記憶があります。でも、そのどこでも売っているTOFU・・・は、たしか1年ぐらい日持ちのする真空パックに入っていて、今私達が食べているフレッシュな豆腐とは若干違う・・・・それに比べると韓国での豆腐生活には満足でした♪(クリックすると韓国の豆腐事情へ^^;)

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村  
by minechan15 | 2010-10-08 13:24 |     美味しい韓国

【 おいしい韓国 】  マシイッソヨ~1  【ソウル一美味しい精進料理】

ソウルへ行ったら必ず行くお店は、韓国精進料理のお店チョグンダム2軒紹介されてるが、下の2軒目の方

このレストランは、韓国に住んでいた時、「あ~身体にいいものを食べたい」と感じた時に必ず足が向いていたお店。当時は、英語メニューはあってもほとんどが韓国人客だったけれど、今回は外国人ばかりで驚いてしまった。英語を話す外国人+韓国人という組み合わせて、静かなお店に英語、日本語、韓国語がほどよくミックスされ独特の雰囲気になっていました。店内はもちろん完全禁煙です。

a0110737_17434255.jpg


韓国には精進料理系のお店も多いけれど、ここまで洗練されたお店はめずらしい。私達が通っていた頃から地下にあるお店とは思えないほど空気も澄んでいて清々しい雰囲気のお店だったけれど、それはオーナーの一人が僧侶だからかもしれない。宮廷料理研究家とのコラボレーションで生み出される料理は、厳選された山や野の幸ばかり。彩りも美しい盛り付けの品々は、本当に「食から心身を清らかにする」ポリシーが貫かれています。

a0110737_17441985.jpg
一般的に味付けが濃い韓国料理とは全くの別物であり、日本では食する機会のない珍しい野菜や山菜を味覚と色彩で楽しめる。

店内は、個室(テーブル席と韓国スタイルの床に座るスタイルの2タイプ)と、このサイトで紹介している一般席があり、ポシャギの伝統的な工芸品や墨絵と季節の花で室らわれている、それは、それは素晴らしいインテリアです。

この夜は、私の韓国での弟分(笑)のLEEさんと後から彼の先輩というPARKさんも合流して大いに盛り上がりました!


ちなみに、チェグンダムという店名は、中国の明時代の金言集【菜根譚→さいこんたん】から。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村  
by minechan15 | 2010-09-21 18:14 |     美味しい韓国