ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:  お気に入り( 3 )

お雛様~渋系です。(追記)


今日は、大安吉日~そしてお雛様♪の日ですね。

皆さま、急な国際通院の為の帰国に際しては、ご心配いただきありがとうございました。実は、突然視力がガクンと落ちた感じがして、常々ドクターから、「何か急な変化があったら、予約関係無しにすぐ来るように。」と言われていましたので、飛んで行った訳です。

検査の結果、取り立てて心配することはないという事で先ずは一安心。ふぅ~っ、でも~しっかり目にはステロイドの注射をされてしまいました。トホホホ~これって点眼の麻酔薬をしてから注射となるのですが、今回は主治医の助教授先生が診療で忙しいすぎて時間が取れない為、助手が・・・。前回、主治医がしてくれた時は何の感覚もないぐらいだったのに、何だか鈍痛がして痛かった~、冷や汗ビッショリ。。。(苦笑)。


d0037284_1244369.jpgd0037284_12442189.jpg









このお雛様は、ソウルに引っ越してくる年に玄関に飾った時のもの。我家には、この渋系のと、ピンクのラブりーな可愛いお雛様の2種類がありますが、今年は引越荷物整理がたくさんありすぎて~とうとう出せませんでした。来年こそは~ちゃんと出してあげるね。



では、ソロリと再開しましたので、皆さま~また仲良くしてくださいね~。





◆追記

目の注射について~これは眼球にする訳ではなく、下瞼の裏側にします。私も最初は、「じゃ、目に注射をします。」と言われた時は、一瞬眼球にするのかと思い、恐怖心で震えそうになりましたが(笑)、瞼の裏側と聞いて一安心。しかし、いくら細い注射針でも・・・とにかく痛みに極めて弱い人間なので心臓バクバクの「俎板の鯉」状態でベッドに横になり5秒ほどで終了。でも、「針先を回しますよ。」と言われて・・・グリグリ回された時は、鈍痛と変な感触で参りました。という訳で、なるべく養生し、なるべく注射は避けたいですね~(苦笑)。
by minechan15 | 2006-03-03 12:57 |   お気に入り | Comments(34)

バリから届くステキ☆アイテム

3ヶ月ちょっと前にタロウが我家に来て以来、最初は怖がっていつもニャン2匹で共同戦線を張っていた彼らも、最近では「ミミ的」「ネネ的」甘え方で私に「ボク甘えたいの。可愛がってニャ~♪」と寄って来ます。昨日のミミに引き続き、今日は天然ネネ君的甘え方をお見せしますね。
d0037284_13204114.jpg
時と場所を構わず甘えたくなると、私の足フェチ猫と化して、どこまででも足にまとわり付いてくのは、ネネ君。あっ、ちょっとお見苦しいワタクシの足は見ないようにしてくださいませ。ハイ、いつもスリッパではなく、草履がワタクシの好み。あと5本指ソックス・・・。ちとパンツにしては派手な柄のは、犬柄のパジャマ(この時は、朝一番で突進して来ました)のズボンだからでございます。そうそう、ネネは、こうしてゴロンをするとゴロゴロと嬉しい声を出しながらしばらく動きません。う、う・・・足がつってきそうだ。で、私はこの後しゃがみこみネネをなでてあげるのですが、この時は「ペロペロ猫」と化し、私の手を舐めまくり・・・手はベトベトに。ハイ、この儀式は、少なくても日に数回・・・。甘え時のネネの鳴き声は、本当にその姿からは想像できないぐらい可愛いんですよ。仔猫みたいに「ウンニャ~ッ♪」って。(親バカ)

「ミミ兄ちゃんは、いつも秘密の場所を探しているけど、ボクなんかミネママに付いて回るだけだけだから簡単だニャ~♪」 でもね、ネネ君、急にゴロンされてつまずき転びそうになる時だってあるんだから、もうちょっとソッと寝転がってね。君はとにかく突進しすぎ・・・。




「あれっ、お題が変わちゃった!?」と思った方、ごめんなさい。「韓国のペット事情」は、今度にします。今日は、アメリカから戻る途中成田に1泊する相棒に持ち帰ってもらうアイテムをせっせとネットで注文中でして、頭がかなりそちらにいっておりますので・・・お題を変更させていただきます。

昨日のブログに出てきた「デザートをくださいニャ~」のブロンズ親子猫は、バリからの商品を扱っているSILVERVINEで購入したニャン。ここでの私のお気に入りは、お香、ハーブ石鹸やアロマ製品。すべてナチュラルな原材料を使用しているので安心です。今日は、それらの他に、なんとペット用のシャンプーが発売されていましたので、まとめて3本注文しました。すべてナチュラルなのでワンやニャンにも安心して使えそうです。

それから、ここの店長のKIKAさん日記は最高に面白いのですが・・・購入者のみしか読めないのがちょっとおしい。要パスワードなんです。彼女んちにもムゥちゃんという猫ちゃんがいて、そのお話やら先日はエジプト旅行記、かなり危ない話とかハラハラドキドキ盛り沢山です!

ふぅ~、先ずは最初に「ニャンとワン飯」を注文、これはたぶんダンボール1箱。で、↑の物を注文。ハイ、これからアマゾンに本を注文いたしまする。
相棒は、今週土曜日の夕方に成田着で翌朝のフライトでソウルに戻る予定ですが、何と言ってもお盆の最中になるので、早めにオーダーをと思った次第。
でも、他にも先日私が持ち帰れなかった豆やらでメチャ重いバッグも一つ届くので、1,2,3・・・まぁ、4個口っていうところでしょう。

ということで、相棒殿ヨロシクでござる!
by minechan15 | 2005-08-09 13:42 |   お気に入り | Comments(6)

キャット コレクション ①

サンディエゴ在住のKoruさんのブログで、「デザイン関係の人間は、結構何かをコレクションをしている。」っていうのがあり、ふ~む、私は別に何とかオタク(あっ、健康オタクかも)ではないしなぁ~なんて思いながら我家のリビングを見渡せば・・・ちゃんとコレクション用の飾り棚が鎮座ましておりました。
d0037284_14375138.jpg
私も相棒も「可愛らしい猫」よりは「渋め」の猫の方が好きかもしれないですね。最近は、ますます厳選傾向にあり、旅先などで「これはっ!」っていう物にしか手を出さないです。そうでもしないと、本当にキリがなくなってしまいますので。
d0037284_1441291.jpg
↑ピントが合わず、ボケボケの画像でスミマセン!後ろが総鏡なので、「ミュージックバトン」の時にご紹介した李朝風キャビネットまで写ってしまいました。では、いくつかお気に入りのご紹介を~。



↓まずは、一番のお気に入りのトルコ猫。イズミールという港町で出合ったオッドアイ君。背中の模様が何ともイスラムチックでいいでしょ?
d0037284_154541.jpg


↓フィンランドはヘルシンキのとある画廊で一目惚れ。全部が陶器で出来ているアーティストによる渋い猫lさん。たしか、私のコレクションでは2番目に高かったハズ。
d0037284_1512504.jpg


↓左のガラス猫は、シカゴ郊外のアンティックショップで。つるりんとした感じがお気に入り。これも底にサインがあったけど、たしか10ドルぐらい。 右の新聞を読んでいる猫は、う~ん名前が出てこないっ!ヴィエナ何とか?のシリーズとかでメチャ高かった。ガラスの10倍ぐらいだったかも。これはですね、ブラッセルの空港で時間があってぶらぶらしている時に、つい目に入ってしまい・・・まぁビジネスもうまくいったしとか言い訳しつつ、「自分にご褒美」って言いながらレジに向かっていた私。ほんの3cmぐらいの高さしかありませんが、とっても存在感がある不思議な猫。フランス語の新聞?読んでいます。
d0037284_15243041.jpg


↓〆は、アーティストINADAの「桜吹雪の空飛ぶ猫」でございます。こんなキャラの猫がいたら人間の方が引いてしまいそう・・・ですが、強気のハッピィ猫もいいでしょ?
d0037284_15275570.jpg
以上、ミネママのキャットコレクションBEST 5でした。私のコレクション、渋すぎました?(どれも、キャ~可愛いっていう感じのは一つもなかったのは問題かしら。)


ところで、本当は1週間後に又日本へ「国際通院」で行かなきゃならなかったのですが、いくら近いとはいえハッキリ言って疲れます。という訳で、予約を更に1週間先に伸ばしました。落ちた体力もまだ戻らないので、ぼちぼち身体を慣らし始めたところです。昨夜も、公園へ行ったとは言ってもウォーキングをしていたのは、相棒とタロウだけ。私は車から降りて少し歩いただけでもう疲れてしまうほど・・・こんな体力ではマズイです。

という訳で、今日は午前中に3週間ぶりぐらいに「裏山公園」へ行って来ました。何時もだったら15分ほどで上まで行けるのですが、今日は休み休み歩いて行ったのでその倍の30分ほどかかってしまいました。1時間ほどゆっくり余りアップダウンのない所を歩いて来ましたが、久しぶりの森林浴は、本当に気持ちが良かった!

今回の目の病気(ブドウ膜炎)は、検査の結果、内臓関係が原因となっているものではなく、「原因不明」という診断結果でした。自分では5月頃からの過労が重なって起きたのではと思っていますが、とにもかくにも健康が一番と実感させられましたので、ゆっくり休みながら適度な運動スローフードで調子を整えていきたいと思っています。そして、遅くなっても、延期した今年の夏のヴァケーション

「絶対に北欧へ行くぞ~!!」 
by minechan15 | 2005-07-20 14:46 |   お気に入り | Comments(8)