ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:韓国ペット事情 ( 2 ) タグの人気記事

【 2011 韓国・春節の旅~ 5 】  著名獣医のドクターLEE

皆さま~アンニョンハセヨ♪

すっかりブログから離れてしまっているわたくし、ミネママでございますが、まだ終わっていなかった【韓国訪】を再開します^^;。

さて、今日は、度々私のブログに登場しているドクターLEEのクリニックを訪ねた時の様子をお知らせしますね。ドクターLEEは、私達が2003年12月にソウルはバンベドンで暮らし始めた時に出会った最初の友人でもあります。当時、ドクターのクリニックは、グリーンラインのネイバン駅すぐ側にあったのですが、もうその場所で20年以上開業している為、かなり狭く古ぼけて(ソーリー!ドクター!、笑)いたのです^^;。

韓国獣医学会の理事でもあるドクターにしては、チト・・・という感じも無きにしもあらずのクリニックオフィスだったのですが、昨年春に近くに移転。数倍の広さのある素敵なクリニックに生まれ変わりました!
d0037284_15244864.jpg


前回は慌ただしく立ち寄ったので気が付かなかったのですが、新しいクリニックになり飼い主さんの層が若干変わった感じです。↓のブルーのマスクのアジュンマは、これぞ~ソウルのアジュンマっ!っていう感じの、以前よくクリニックで遭遇していた昔からバンベドン、バンポドンの住人よっ!っていう、ハッキリ言いますと、ちょっと偉そうな(苦笑)態度のアジュンマでしたが、他の飼い主さん達のお上品なこと~。
d0037284_1641380.jpg


そういう人達は、「世界最強の韓国アジュンマ」のような大声では話しませんしね、苦笑。
d0037284_15252121.jpg


2匹のワンちゃんを連れて来ていたオシャレなアガシ(結婚前の若い女性)。
d0037284_15255541.jpg


キャットプリンのプリンちゃんにそっくりの白い猫ちゃんを連れた他のアガシ♪
院長室でドクターが何かをして見せていますね~。
d0037284_1526246.jpg


お~思わずアガシも口を開けて見入ってしまいましたね^^。実は、これはドクターの猫、ハヌちゃんがモデルになって【猫の歯磨き】のデモンストレーション中だったのです(笑)。
d0037284_1672836.jpg
ハヌちゃんは、ドクターが飼っている2匹のプードルとの折り合いが悪く・・・ドクターの家ではなく、ここのクリニックに住んでいるクリニックキャットなんですよ。


ハヌちゃんを抱っこするプリンママ^^。あっ、プリンママ、光線の関係でちょっとお顔の色が濃く写っていますが、北海道生まれの超色白の美人さんです♪。 ハヌちゃんは男の子だけれど、お二方共素敵~。 
d0037284_15271894.jpg


じゃ、ハヌちゃんにも今年の干支さんに変身していただきましょう~って、ミネママの激写失敗・・・で、失礼しました(苦笑)。
d0037284_15275094.jpg


こやつが(爆)、ハヌちゃんをいじめていたドクターの飼い犬その2の方。でも、変身してくれたので、ありがとね♪。私達や新しく犬や猫がクリニックのドアを開けて入ったとたん、「ここは俺様の場所」とばかりに大声でほえていた・・・(ホントは怖いんだね)縄張り犬でございました^^。
d0037284_1617053.jpg


ドクターのスタッフは、動物の看護師さん2名とトリミング専門のアガシが1人の3人。
d0037284_15281257.jpg
このカウンターの奥に、処置室、手術室、トリミング室などがあり、設備は全て整っているクリニックです。以前、ドクターが言っていましたが、韓国ではまだまだ猫がペットとしての地位が高くない為、それを診られる獣医も少なく、最後の頼みでドクターを頼って猫を連れてくる人も多いと聞いたことがあります。そして、ソウル大の獣医学部にも太いパイプを持っているので、ドクターの手に負えない特別な場合は、すぐに大学病院へ紹介してくれますので、本当に安心してかかれるアニマルクリニックです。

ソウル在住の方で伺う際は、「韓国猫のミミ、ネネ、ミホのオンマのブログで見た」と言えばドクターは分かります^^。ドクターは、カタコト日本語、漢字の筆談はOKで英語は流暢です。もし、よく話が通じない場合、日本語の通訳をしている飼い主さんが近所に住んでいて、すぐに駆けつけて助けてくれると思いますのでご心配はいりません~。

Dr.Lee's Veterinary Clinic
773-17 Bangbae-dong, Seocho-ku, Seoul

TEL 593-8238
by minechan15 | 2011-03-07 15:28 |    2011 韓国

【 韓 国 再 訪 】  韓国・ソウル一の動物病院 (英語OK・日本語少々)

一昨日、久々にブログを更新してから~これも久々に今までのバンベドン備忘録ブログを読み始めたら・・・我ながら結構面白くて(笑)止まらなくなってしまい困ったほど。

そして、「やっぱりバンベドンでの生活は、期間限定とはいえセレブな生活だったなぁ~」などと、遠くを見てしまいました。なんたってお手伝いさんがいた生活ですから。今? いえいえ、日本に帰国してからは、全部自分でする普通の生活に戻りました。このブログを読みながら自分ではすっかり忘れていることなども発見(苦笑)したりして面白かったですが・・・日々記憶というものも薄くなってきているのだと実感させられましたね!


さて、8月末から9月初旬にかけて今年2回目の韓国再訪旅行、今回は夏休みと所要を兼ねての短い滞在でしたが、ココロから楽しめた滞在となりました!




この日、羽田からのJAL便がソウル・金浦空港到着のアナウンスが、「ソウルは晴れ、気温は24度」と伝えた時、何となくホッとした空気が流れたのは気のせい?今年の日本は100年ぶりの猛暑。海外ブログ繋がりの多い私のブログですが、海外在住の皆さま~あの時は、ホントに死ぬほど暑い日本からの到着でしたので、その気温を聞いただけでホッとしました。



早速、いつものようにドクターLEEへご挨拶に伺う。ドクターLEEは、私達がソウルへ赴任し、ビジネス街江南(カンナム)のすぐ西にあるバンベドンという街へ引っ越して2日目に知り合い、まる4年間のソウル生活の中で韓国猫や犬繋がりで家族のように付き合っていた一番大切な人。

今年の春、20年ぶりに新しい場所に移り、今までよりも数倍広くなったクリニックになっていたのには嬉しい驚きでした。

a0110737_17541531.jpg
うん? ↓にいたワンコは、今は天国にいるタロウとそっくりのシーズちゃん。
a0110737_17543327.jpg
クリニックにゃんのハヌちゃんの写真は撮り忘れたけれど、相変わらずの白いフワフワゴージャスにゃん(でも、ホントはガリガリで全然太らない体質とか)もみんな元気で良かった。


夫と私が住んでいた頃のソウルはとても物価が高く感じたけれど、今はウォンのレートがだいぶ落ち着いているので、当時の半分の感覚かも。

2003年~2007年は、当初は韓国ウォン1000ウォンが日本円の100円だったけれど、だんだんウォンが強くなっていき2007年頃は、100円が1400ウォン以上になっていた気がする。それに比べると、今回は100円が770ウォンだからだいぶ円からの換算レートが良くなっている!

当時、外食すると「え~~~っ!?こんな値段になるの!」といつも驚いて、よく行っていたフランス人学校前のオシャレ中華など卒倒するぐらい高かったけれど、今のレートなら日本とほぼ同じか。この日もタクシーで脇を通ったけれど、時が過ぎると思い出もすべていいように変化するんだなぁ~と実感。



ドクターLEEは、別名「寒いジョーク連発ドクター」→笑、そんなドクターとの久しぶりの会話を楽しんだ後は、いつものお店へ。→続く
by minechan15 | 2010-09-19 18:10 |     韓国のくらし