ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

   【おもいで韓国】  タワーパレスの暮らし

韓国・ソウル在住の方ならご存知だと思うのですが、ソウルには東京でいう六本木ヒルズのような高級高層アパートがあります。その名前は、【タワーパレス】。7つの棟があり、一番の高層棟は264m(!)で73階まであり、今のところ韓国一高いビルとなっているそうです。

駐在決定後、ソウルへハウスハンティングに行くとなり、お願いしていた不動産屋さんが選んでくれていた物件の中にもこのタワーパレスが入っていました。

d0037284_2337436.jpgで、この【韓国人あこがれ】タワーパレスも何部屋か見たのですが、う~~ん、空いていた部屋は、54階・・・とか、低くても26階・・・どうも地面や緑が見えないと落ち着かない私としては「落ち着かない・・・」、加えて・・・キッチンが「ガ、ガス~!?」と聞き、超想像力がありすぎる私はですね~即「やはり低層のヴィラを見せてください」になり、結局→その後に見たバンベドンのヴィラに決定♪

そして、ある日のこと、ソウルに住み始めてから知り合いになった方から、このタワーパレスにお招きをいただき、素敵なお部屋にお邪魔させていただきました。

前任地はミャンマーだったそうで、玄関のコンソールテーブルからリビングまでインテリアは、すべてミャンマーから持ち帰った素晴らしいチーク材の家具でコーディネイト。チークは、タイ、ミャンマー、インドネシアなど熱帯モンスーン気候地方に産する水湿などの耐久性に優れた木材で、船舶・家具などに使われています。ただ、最近は、自然保護のため伐採禁止になっている所が多くチーク材そのものが大変貴重になっているそう。ちなみに、我が家のダイニングテーブルもチーク材、シカゴ時代に購入したデンマーク製です。

日本企業の駐在の場合、家具は会社が用意した駐在員用の物を使用し、皆さん~家具は日本から持ってこないというのが普通ですので、そのとても素敵なインテリアには驚かされました。

ダイニングテーブルもミャンマーから。リビングを向いている仏像は、ミャンマーを離れる時にいただいたものとか。小ぶりなとてもお顔が優しいブッダ像でした。テーブルのしつらいも南国を感じさせますね~。
d0037284_23404164.jpg


リビングの一角。布を掛けてあるはTV!でした。インテリア的にも無機質で武骨なTVの存在は回りのインテリアを壊してしまいがちなのですが、この方の問題解決方法を拝見して以来、私も布を掛けるようにしています。アジアな小物とグリーンが柔らかさを演出し、後ろの白い壁にあるアンティックの布コレクションの濃い色合いがインテリアをしめて、とてもいいバランスですね。
d0037284_22475672.jpg


そのTVの前にソファスペースがあるのですが、メインカラーは白にしているそうで、ソファもソウルであの有名なアジアのシルク王だったタイのジム・トンプソンのタイシルクで張り替えたそうです。このソファーがお部屋のフォーカル・ポイントですべてのインテリアの中心に。クッション類もタイやミャンマーのシルクで統一、とても洗練されたインテリアで感動しました。
d0037284_22481115.jpg



私は以前にインテリアデザインの仕事もしていましたので、ファブリックやインテリアはとても興味がありますが、期間限定の駐在生活でここまでインテリアを完成させている日本の方には初めてお会いしました。ミャンマーには何百年も技術が受け継がれているそれはそれは細かい文様の漆器があるということを知ったのも彼女のコレクションのおかげ。それ以来、優しいお顔のブッダ像に出会あえるミャンマーをいつか訪れてみたいと思っています。

Mさん、すてきな空間を見せていただきありがとうございました!


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村  
by minechan15 | 2010-10-04 09:37 |     韓国のくらし