ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

【  先 人 語 録 】 私のばなな語録 ~ 5

カテゴリー【 先 人 語 録 】は、【今】を生き、遠くから【今の自分】を見ている先人達の言葉。
私をギアチェンジしてくれた言葉をご縁あってこのブログに来ていただいた方とシェアーできれば幸いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よしもとばななの日本語はとてもシンプル。そのシンプルな言葉使いは、生きていくすべての確信をついているから、言語の壁をやすやすと超えて世界中の人々の心に届くのだと思う。ハタチの頃からはノンフィクションばかりで小説はほとんど読まなかったけれど、ここ1年ほど彼女の小説は読むようになった。ばななさんの日記から
コトンと響いた言葉を私の 心 の 備 忘 録 に 。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0037284_16132720.jpg
2010年12月ハワイ島、クリスマスの嵐。


悲しいときに悲しい歌を、世も末なときに末なものを、見たり聴いたりすることが真に癒しだということを、

若者たちは意外に知らない。

こんなときに元気の出るソングを聴いても元気は出やしないのだということを。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元気が出る歌って何でしょうか? 

久々のばなさん語録ですが、震災の2週間後の日記に書かれていた言葉。悲しい苦しい時には、まずそのその想いと直接響き合う「悲しい歌」をココロとカラダに届けてあげた方が癒しになると、私も経験しています。

それが悲しみや苦しみであったとしても、まずは、その記憶と同調する音や色などが、いつもは意識していない潜在意識の深い部分にある「悲しみの記憶」や「苦しみの記憶」を癒してくれます。歌詞やサウンドが元気だけの音楽は、実はその想いの上辺だけを一時的に覆い隠してくれるだけ。

私も若い時は・・・実のところ、何も分かっておらず、最近になってほんの少し分かり始めただけ。
分からないのも一つの経験だったんだ・・・と今頃になって頷いている私です。
by minechan15 | 2011-04-13 16:04 | 【 先 人 語 録 】