ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

韓国猫のミミ 2歳になりました

今日、9月1日は、我家の韓国猫のお兄ちゃん猫ミミの(推定)誕生日。↓の画像は、1年半前のミミですが、鼻は皮膚病にかかっていたし、今の「どこのお坊ちゃま猫かしら?」←超親バカ・・・からは想像できないくらい、それはそれはオドオドとした瞳が悲しかったミミでした。



■2004年1月26日の日記から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

d0037284_1444591.jpg2003年大晦日にホテルから現在の住いに引っ越して3日目の1月2日、駅までの歩道沿いに動物病院があるのを発見。それも韓国ではめずらしく猫のポスターを掲げてあるではありませんか。

思わずドアを開け、「英語か日本語を話しますか?」と訊ねてしまいました。それがミミとの出会いのきっかけになったDR.LEEとの初対面でした。

その優しい笑顔が素適なドクターとの出会いで、里親を探しているという韓国猫(推定5ヶ月の男の仔)をもらい受けることになったのです。ミネが亡くなって半年、次の仔はミネの1周忌が終わってからと思っていましたが、この仔の話を聞いた時、もう我家で引き取ろうとすぐ心に決めていました。


d0037284_1471728.jpgミミを保護したのは、猫好きな若い韓国女性の←キムさん。10月のある朝、駐車場の車の下にいる仔猫を見かけ気になっていたところ、帰宅時にまだ車の間をうろうろしているのを見かね、保護を決意。引っかかれ噛み付かれること1時間半。ようやく捕まえ、すぐ駆け込んだ先がDR.LEEの動物病院だったのです。

厳しい生活環境のソウルで仔猫からそこまで育つのは非常に難しいので、おそらく3ヶ月ぐらいで捨てられ、その直後、ソウルの街が寒くなる直前に保護されたことはとてもラッキ―なこと。まだ5ヶ月の仔猫がこのソウルの厳しい冬を越すことは不可能.なので、本当に運の強い仔です。


d0037284_14112170.jpg←キムさんの首に手を回し髪に顔をうずめている姿には涙が出てしまいました・・・。

猫好きのキムさん宅には、すでに2匹の先住猫がいて、この保護した野良だったミミとの折り合いも悪い為、里親を探していたところ、猫好きな日本人の私が現われたという次第。

実は、この冬の始め頃すでに「ミネママ、もう次の仔が来てもいいよっ。」っていうミネの声が聞こえていたので、安心して受け入れました。リビングに飾ってあるミネの肖像画も写真も穏やかな表情で見守っていてくれます。

思いがけずまた猫がいる生活に入ることになったのですが、、縁あって我家の一員になった元野良猫のミミが安心して生きていけるようたくさんの愛情をそそいであげようと思っています。そして、ミミちゃん、Welcome to new home !          

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



1月下旬に我家に来たミミでしたが、大変な事件が!

どこを探しても姿が見えないのです!ドクターLEEとキムさんがミミを連れて来てくれ、ちょっとおしゃべりをしている間に姿が消えたのです・・・。その時は、まさが1週間近くそのまま姿を現さないとは想像もしていませんでした。

結局3日目の朝まで飲まず喰わずで隠れていたミミ、よっぽど不安で身動きも取れないぐらいだったのかと思うと可哀想でした。その間、私は窓から転落したのではないかと、泣きながらヴィラの周りを何回も探したり、家中のクローゼットの中を探したり眠られない夜を過ごしました。そして、3日目の朝、初日から用意していた「ごはん」をぺロリ!ちゃんとトイレも使っていたのを発見。しかし、まだどこに隠れているのか分からず・・・。


まる2日近く経った4日目の夜、キッチンにいた時、何か動くものがと思ったら、なんとミミ!てっきりゲストルームのどこかに隠れているのかと思ったら、ご飯のお膳やトイレを置いてゲストルームから隠れ場所に戻るところでした。

d0037284_14425665.jpg←キムさんが持たせてくれたお気に入りのネズミで夜中遊んでいたみたい。

ミミちゃん、見付けたよ!君の隠れ場所を。キッチンの流しの下に隙間があり、そこから出入りし、中のちょっと広めの空間でほとんどの時間を過ごしているよう。今まで人の気配があると絶対に出てこなかったので少しは我家に慣れたかな。(いい加減な工事で生じた穴→怒)




ようやく日中姿を現してくれたのは、それから数日経ってから・・・。



d0037284_14472418.jpg


さすが(爆)韓国猫! 慣れるとホラこの通り、すぐ甘えるようになりました。 まだ皮膚病は治っていません。 







d0037284_14495129.jpg



我家に来て1ヶ月が経ちました。
招き猫ポーズも出来るようになりました。






d0037284_14521499.jpgd0037284_14532817.jpg












↑→半年経ったら、ほぉ~らこんなに可愛くなりましたよ~!
(超親バカ炸裂中!)

氏より育ちって・・・ミミのことでございます。上の最初のお顔と比べて見てくださいませ~。





d0037284_1514394.jpg



お目目もまん丸の可愛い韓国猫になりました。






d0037284_1503015.jpg


しかし! 昨年の7月 事件勃発! 

くぅ~っ!チビがやって来たよ・・・。





d0037284_1561797.jpg


チビったら僕の尻尾をオモチャにしているよ~!









d0037284_159015.jpg


体型はどんどんご立派に・・・・。







d0037284_15114439.jpg

「フンッ! ネネのヤツ、態度が大きいんだから~。今度またおヒゲをむしってやるからニャ~!」






d0037284_15133052.jpg




クリスマスPARTYでは、接待要員としてちゃんと勤めをはたしてくれたミミちゃん、ありがとね!










d0037284_15162360.jpg
すっかりリラックスモードのミミちゃん♪



今日9月1日のミミとネネ

d0037284_15311486.jpg
おっと~!弟ニャンのネネが乱入! 怪しい動きをしていますね~。


d0037284_15295150.jpg

「寝ているところを起こしてゴメンネ!」→ちょっと不機嫌デスネ。


ミネママらしからぬ赤の花柄布は・・・ハイ、白黒猫のミミとネネが目立つように、でございます(笑)



皆さま、いくら誕生日とはいえ、全編「親バカ」炸裂の日記に最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。我家に来て1年半、すっかり3♂のボスとしての位置を不動のモノにしながらも、ミネママお母さんにはいつも甘えているミミちゃん、「お誕生日おめでとう!元気で長生きして、リタイアー後も一緒に楽しく暮らそうねっ(爆)」     --                                             
by minechan15 | 2005-09-01 14:31 |     韓国犬猫3物語