ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

韓国の漢方ダイエット  その後の経過  その②


今日は、食欲の秋にふさわしい(笑)お題を~。昨年の10月下旬から始めた漢方ダイエット、もうすぐ1年になります。


「へぇ~、そうなんだ。で、何キロ痩せたのかしら~?」 ってすぐ思ったと思いますので(笑)、先ずは結論から。約1年かかって減った脂肪の塊は・・・15キロ!。

6月の日記では、12キロ痩せたと書いてあるので、その後自然に更に3キロ痩せた訳ですね。この期間は、ちょうどスローフードを始めた時期と重なるので、身体が自然に私の理想的な標準体重にもっていってくれたという感じです。


このタイトルにある漢方ダイエットを厳密にしていた時期は、昨年10月下旬から今年の1月末頃までの3ヶ月間で、毎日3回、身体の代謝を高めつつ脂肪と糖分が身体に入るのを防ぐ漢方薬を飲み、お腹回りと太腿を脂肪を燃焼する為の『脂肪分解鍼』を週2~3回していました。

この鍼は、脂肪が減ってくると痛みを感るので、私はこの時点で鍼は終了。漢方医のキム先生の指導の元、徐々に漢方薬を飲む1日の量を減らしていき、6月頃にはダイエット目的の漢方楽は終了。その後は、食事に気をつけ運動を心がけていたら、更に3キロも痩せました。



現在は、目(ぶどう膜炎)の治療目的で身体の免疫力を上げる漢方薬を飲んでいますが、先生にお目にかかった時に経絡の流れや身体の脂肪の変化などもついでに計測してもらったところ、ちゃんとお腹回りとか太腿も6月の計測より減っており、先生からもお褒めいただきました~。


「ふむ、ふむ~~ で、ミネママ、何キロから何キロになったの?」 って皆さま、口には出さねど・・・これが一番私に聞いてみたいことですよね?(爆)

え~ぃ、隠してもしょうがありまへん(←何故に関西弁)から、いきますわよ~ ミネママの激告白!一番太ってしまった時期の体重は↓、

               ハズカシナガラ・・・ノ、 ジャ~ン!  65キロ


ここで相棒登場。「おいおい、全世界(爆)に公表しちゃっていいの?」って今頃、オフィスのイスからズリ落ちていることでしょう。いいの、いいの。言っちゃった方が、ホラまた太れないでしょ。(笑)


私の身長は155cmのチビなので、かなり酷い状態に。昨年夏頃は、相棒から「女KONISHIKI」って言われておりました~。その頃の相棒は、もう何を言ってもダメそうと諦めていたそう。イエ、何を言われても、「そういう年齢なのっ!」とか「ストレス発散には食べることしかないのっ!」とかいつも逆ギレしていた・・・みたいな嫌なヤツでございました。

でも、初めて体重計の針が60キロ台でも65の5の数字が表示された時に、何故か「こんなんじゃ、早死にしてしまうわっ!」と思いダイエットを心に誓ったのでした。そして、信頼できる素晴しいキム先生との出会いがあり、ダイエットに成功しました。


そして、現在は、だいたい 50~50.5キロ台を維持。 週に1回ぐらいは外食で美味しいものをたくさんいただき、食生活も普通にして時々は甘い物も食べますが体重は増えません。 相棒からは、というか人生初めて「もうこれ以上痩せない方がいいよ。」なぞと言われております(笑)

人間の理想的な体重は、20歳の頃の体重だそうで、聖路加での人間ドックの際の問診表にもこの体重を記入するようになっていました。今の体重は、20歳の頃の体重なので私の体重は、とても健康的という訳です。


皆さ~ん、20歳の頃の体重を思い出してみましょう~(笑)
by minechan15 | 2005-10-17 13:17 |   韓国漢方ダイエット