ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ウチの子になったタロウ

大変お待たせ!?致しました。我家のウンコ・・・じゃなかったワンコのタロウをご紹介しますねホント・・・毎朝リビングに転がっているウンコをキレイにするのが私の朝一番の仕事。。。ーー;

d0037284_15371067.jpg


え・・・↑は、宇宙人ではございません。一応シーズ犬と呼ばれている犬種のタロウです。今日で我家に来て半月ちょっとですが、この画像はウチの子になって数日の時のもの。口にくわえているのは、彼の唯一のオモチャのきゅうりサンーー;

初めてタロウを見た時の相棒の反応、

「何だかアジョシ(おじさん)顔だね・・・。」

我家に来る前にトリミングをお願いしていたら、何と完全に韓国スタイルにされてしまったタロウ。顔とシッポだけ残してツルツル状態に。毛が無くなり、寒くて震えていたので、早速Tシャツを
着せてあげたらホッとした顔になったタロウ^^  おまけに顔も結構刈りとられていたので、本当にサルというか何だか変な顔になってしまいちょっと可哀相だったかも。これからは、きっちりと
細かく言うことにしましょう。

で、「夫婦喧嘩のタネ」とかとにかく超ケンカ腰に息巻いていた誰かさん、もう2日目ぐらいにはですよ、

「タロウたぁ~ん、なんでちゅかぁ~♪」

なぁ~~んてデレデレ状態に。いったい離婚に発展しそうなぐらい?の大ゲンカをしたのはいったい誰? って今度は私の方が噛み付きたいぐらい!


でも、まぁタロウも彼が帰ってくると

「ふぅ~ん、今帰ったの。」ってな感じのミミやネネと違い

「わぁ~い♪お父さんが帰ってきたよん♪♪」

っていう感じの熱烈歓迎なので、相棒も嬉しそう。



そんなはしゃいでいるタロウを横目で見ているのは↓左ネネ&右ミミ

d0037284_1651398.jpg


「なぁ~んだか最近変なヤツがいるよ、ミミお兄ちゃん。」

「ネネ、アイツはね、僕らみたいに高い所へ登れないから僕らより下になるんだよ。」

ちゃんと序列を付けないと生きていけない犬社会から来たタロウは、どうにもならないミミとネネを相手にストレスがあるのかも。

だからって夜、ウンコを撒き散らすのかい? 頼むよタロウくん!


推定年齢2歳のタロウは、飼い主とはぐれた時に車に撥ねられ大怪我。消防士のアジョシが、ドクターに

「もう眠らせてくれ。」

とカゴに入れられぐったりしたタロウを持ってきたそうですが、ドクターが治療をすれば治ると言ったら、そのアジョシはタロウを動物病院に置き去りに・・・。

肝臓にダメージを受け、あのままだったら死んでいたタロウ。ドクターの処置で何とか命を取り留め、この2週間毎日私は6キロのタロウを犬バッグに入れ、点滴と注射4本を打ってもらいに病院通いでした。

昨日、2回目の血液検査の結果が出て、だいぶ数値も良くはなったのですが、まだ治療が必要。今度は一日置きにしばらく通院です。

ドクターに助けられ、ウチの子になった運の強いタロウ。ちゃんと一緒に日本に連れ帰るから安心してウチの子になるんだよ。



☆韓国では、犬の散歩でも首輪とリードなしの場合がほとんど。

☆韓国では迷い犬が本当に多いです。
ドクターも警察、消防署、シェルターへ届け出たそうですが
飼い主は現われず。 飼い主はさして一生懸命探しもせず
すぐ次の犬を飼い始める人が多いそう(怒)

blogランキング←ポチッと押していただけると嬉しいです^^
by minechan15 | 2005-05-20 15:42 |     韓国犬猫3物語 | Comments(0)