ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

花(ハナ) あらためまして ★ミホ★ りんという新しい名前♪

を~ミネパパが付けてくれたの。なので、新しい名前でよろしくね♪

新しいお家が見つかったのもミネママのお陰だわ。だって、ミネパパが日本出張でいない間に私の可愛い写真を何枚もブログに載せて、PC開ける度に、「ほらっ、可愛い子猫でしょ?」ってあたしをアピールしてくれたのよ。
d0037284_15214222.jpg


そしたら、ミネパパったら「ハナは韓国で1つとか1個の意味だから、もっと女の子らしい可愛い名前にした方がいいよ。その方が里親も見つかりやすりだろうし。←全然理論的ぢゃないでしょ(爆)」ってわざわざ日本から電話をくれたらしいの。そん時、ミネママったら「そうそう、もう一息よ♪~」と思ったらしいわ(笑)

「ふぅ~ん、じゃ、あなたはどんな名前ならいいと思うの?」ってミネママが聞いたら

なぜかキッパリと、 「ミホだね♪」

それを聞いてのけ反ってしまったミネママ。大笑いしているより、大反対していたミネパパがかなり歩みよってきたそのチャンスを逃す手はありません(笑)。ミホ、美穂、美保、美帆~~が昔のカノジョの名前でも(爆)、中山美穂、でも全然ケンチャナヨ(気にしない)だわってミネママが笑っていたわ。「ふぅ~~~油断大敵だけど、うふふ~、良かったね、これで家の子になれるわよ^^。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というようなことがあり(笑)、ハナからミホになった子猫は我家の一員になりました♪

ただ今もミホはドクターのクリニックで預かってもらっている状態です。

というのは、私はあと1週間で2年患っていた眼の手術を受けることが決まり、当分ソウルを離れるからです。手術は10月1日に受けますが、その後1週間の入院、1~2週間、あるいは3週間の実家での静養と今のところいつソウルに戻ってこれるかメドもたっていない状態なのです。


そして、戻ってきてもすぐにまだ行き先は未定ですが(爆)、引越の準備がバタバタと始まる環境の中に入れるのはミミネネ義理兄弟猫双方にとってもストレスだと考えています。

どこへ引っ越すとしても、ミホは検疫の関係で早くても4月半ばまでは韓国を出国できないのです。もちろんすでにマイクロチップの挿入や第1回目の狂犬病の注射を済ませています。

ミホも、我家→クリニック→我家→またクリニックというように落ち着かない環境よりも、先ずは『ここが安心していられる場所』を作ってあげた方が精神安静上いいとドクターLEEとも意見が一致したのです。

病院に預けているとはいってもゲージに入れっぱなしではなく、ゲージは夜だけ。日中は、クリニックキャットのハヌ兄ちゃんの後を追い駆けたりして楽しそうに遊んでいます。
d0037284_15481385.jpg
ドクターが食欲旺盛過ぎると苦笑いしていました^^;。日本から戻ったと思ったら翌日には中国に出掛けた相棒。今頃、きっとほっこりした気持ちでこのミホの姿を見ていることでしょ(笑)。


クリニックを訪れては、遊んであげて「私がお母さんよ。」とアピールしている毎日(苦笑)。
でも、ミホが一番なついているのは、『ご飯とオヤツ』をくれるアシスタントのメイちゃんだというのがちょっぴりさみしいかも^^;。


ミホは、私を選んでやってきた子です。
公園で出会った夜、出掛ける前に「あと2日でタロウの月命日だわ。」 タロウの写真に語りかけてから出かけた夜の出来事だったのです。今までは、飼えないと分かっている野良ちゃんには決して声を掛けてこなかった私ですが、相棒とは別のルートでゆっくりと歩いていた時に無意識に「おいで~」と声を掛けてしまった夜。お星さまになったタロウの背中の模様とそっくりに見えるのは気のせい?(苦笑)。

ミホちゃん、世界のどの街に住むようになっても、必ず迎えに来るから安心してハヌ兄ちゃんと楽しく遊んでいるんだよ~~♪



皆さま、今回の件ではご心配いただき本当にありがとうございました。
我家にいる子は、みな『ご縁』あってうちの子になった子達ばかりですが、今回もちゃんとなるようになったんだなぁ~と思っています。ありがとうございました。
by minechan15 | 2007-09-18 15:32 |     韓国犬猫3物語