ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

猫もチカレタニャ~

d0037284_15422379.jpg
弟猫 「ミミ兄ちゃん、そこミネパパお父さんのベッドだけど・・・いいの?」
兄猫 「お父さんの夏休みは、昨日で終わり。夜しか帰ってこないから大丈夫だよ~。」

d0037284_15442435.jpg
兄猫 「あ~あ、10日間もお父さんの子(親)守りするのもチカレタニャ~。タロウとはベタベタだし。ホントにいいかげんにしてほしいニャ~。」


d0037284_13365378.jpg←ユンコさ~ん、画像小さすぎてごめんなさい!このとっても可愛い動物柄は、お医者さんも患者さんも全部動物なんですよ。この猫のドクターは、金魚さんの具合を聴診器で診ています。ベースが白のは、もう製造中止になってしまい残念。白のは、コンフォートカバー(上掛布団カバー)です^^


d0037284_15483094.jpg
弟猫 「ふ~ん、お母さんがさぁ~、ボクのこと超天然が入っているって言ってるけど、何のことかニャ~?」

d0037284_1641143.jpg
兄猫 「弟よ!それが天然だっちゅうの。」

d0037284_1552124.jpg
ワンのタロウ 「いいなぁ~ミミちゃんとネネちゃん・・・。ボクはベッドの上に上がらせてもらえないんだよ~。」 ←タロウの毛は飛び散りが激しいのでベッドの上は厳禁なのです。



ハイハイ、みんなご苦労さま! 昨日からミネパパお父さんは会社で、ようやく何時ものノンビリとしたミネママ家に戻りヤレヤレ。でも一番疲れたのは、誰でしょうか? もちろんミネママお母さんでございました。ふぅ~!

↓おまけ画像↓
by minechan15 | 2005-08-30 16:01 |     韓国犬猫3物語

3勝2敗1引き分け  2005年夏 韓国の味

この夏の北欧旅行が私の体調不良でキャンセル。それでも、きっちりと夏休みを取り、ず~っと家で過ごした彼の10日間のお休みも今日が最終日となり、気分はヤッホ~かな(笑)

夏は、デンマーク経由ノルウェーでトレッキングをしたり、友人宅を訪れる予定でしたが、今年のノルウェーは、とても天候が悪くて半分ぐらいは雨風が強かったそう。「だから来なくて正解だったよ。」と言われたので、この楽しみは来年の夏まで取って置くことに。

来年は北欧+トルコのイスタンブールを予定していますが、その前にあるクリスマス休暇にはエミレーツ航空で中東ドバイへっていう話が出ているので、要早急眼病完治希望なり。相棒は、最近なぜかドバイ+イランのイスファファンへ行ってみたいなぞと言っております。



さて、この10日間のお休みの間、何回か外食をしましたので、そのレポートです。すっかり韓国での外食が嫌いになった私ですが、1日3回 X 10日間 =30回の準備はちょっと疲れるので何回かは相棒に付き合って出かけましたが・・・・。


◆8月19日(日) 新世界百貨店10Fの新宿さぼてんで夕食 → 

d0037284_22534658.jpg日本にあるとんかつチェーン店のこのお店は、ソウルに何店かあるようです。味はたぶんほぼ一緒かも。日本ではほとんど揚げ物を外で食べなかったので、日本のお店は知りませんが、韓国で食べる味にしてはまぁまぁ。

でも、私は羽田→金浦空港に着いたばかり。数時間前に美味しい中華を羽田で食べたばかりなので全然食欲なし。大根サラダだけいただきました。


◆8月20日(土) イテオンのタイ料理 Thai Orchidでランチ → ○

d0037284_22514631.gifここは、以前ブログでも一度紹介したことがある美味しいタイ料理が食べられるレストランです。日本から戻ったばかりでちょっと疲れていたので、甘辛いタイ料理で疲れを忘れようと車を走らせました。いつも食べるメニューはほとんど一緒で、前菜の盛り合わせでしょ、それからエビのパッドタイ(焼そば)と野菜のレッドカレー。食後にタイコーヒーとデザート。

ここに辿り着くまでは、英字新聞に載っていたBANGKOKバンコックっていうお店に行っていたのですが、レストランが入っているビルがメチャ汚くて臭い。味はまぁ美味しいけど、3Fにあるそのお店から階段で降りてくる間に吐きそうになるほど・・・で、お店にはなぜか窓がない!っていう事は空気の入れ替えがない? 一度昼に行った時によどんだ空気を吸ってしまい気持ちが悪くなり、それ以来行くのは止めました。

本当にソウルのエスニックはお寒い状況。インド料理は、6~7軒入りましたが、2軒以外は、いつ作ったか分からないような状況で食べられないほど。あまり競争が無いせいか、とにかく値段が高いので最近はほとんど行っていません。


◆8月23日(火) ご近所のマリオットHOTELのB1の中華でランチ → 

d0037284_22572874.jpg
↑右の細長いビルがマリオットホテルで、左側に見える茶色の建物が新世界百貨店です。

皆さんはよく韓国は物価が安いって言いますが、それは、韓国料理を食べ韓国製の物を買ったらということで、例えば食べ物も韓国料理以外は日本以上に高いのが韓国。中華も街のタン麺やジャージャー麺を出すお店以外の中華レストランはホテルの中華と同じぐらいの値段。

ここは、以前一人でランチをしたことがあるので「ホテルなんかバカ高いのでイヤだ。」という相棒を説き伏せ(笑)連行。海鮮あんカケチャーハン、海鮮ソバ、海老の餃子などをいただき、「なぁ~んだ、これだったら綺麗なお店で食べられ、味もいいしそんなに高くないし、外のお店で食べるより全然いいじゃない。」とご満悦の相棒。


◆8月25日(木) グランドハイアットHOTELのB1 日本料理の赤坂で夕食 → 

夕方、「あ~!寄せ鍋が食べたい。」と騒ぎ出した相棒。「じゃ~、赤坂にでも行ってみる?」「イヤだ、ホテルはバカ高いから。」って又同じようなコメントをする相棒に、「たしか天丼とかお蕎麦セットならそんなに高くないよ。」「ふ~ん。」

d0037284_2319194.jpg
↑このお酒カウンターの脇の席でした。

私は、このハイアットホテルが一番好き。韓国のホテル、外資が入っていないホテルは、どこかにケンチャナヨ(いいかげんさ)があり、金持ちの躾けのなっていない子供が大声を出して走り回っているので、せっかくの雰囲気がぶち壊しになり感心しないことが多いのです。

赤坂は、B1とは言っても、このホテル自体が山の傾斜地に建てられているので、店内からの眺めもとても素晴しい。ここにも一人ランチ(はは・・・結構どこでも一人でフラリと)したことがあるので、その良さは知っていました。さて、席に座るなり相棒いわく、

「え~っ!素晴しいじゃない、この眺めは!お~すき焼きご膳もあるじゃない(笑)、こっちの方が家からも近いし新羅ホテルの有明よりいいかも。」    なんて御機嫌に。

結局、彼は海鮮鍋にし、私は天麩羅茶そば。それに、お寿司の巻物を何本か付けてもらい楽しいディナーに。帰りは、1Fのデリーでパンやチーズを購入。このハイヤットは、欧米系の駐在員が多く住むエリアにあるので、ホテルの外人率は結構高い。B1にある、PARIS GRILLは、たぶんソウルで一番美味しいフレンチというか洋風レストランです。


ここまでは、美味しくいただいたお食事のお話ですが・・・次は、悲惨編です(涙)

More
by minechan15 | 2005-08-28 16:59 |     美味しい韓国

マダムのランチ その②

この間、またマダム(爆)のランチを我家で開催。最近、すっかり外食嫌いになった私、集まろうとなった時は、すぐ「じゃ、ウチでどう?」
d0037284_16254166.jpg
今回のテーブルコーディネイトは、去り行く夏をイメージして、今年最後の出番となるブルーカラーをメインにしてみました。スープ皿はガラスの鉢、サラダはベージュのお皿で、パスタは夏にしか使えない(かな)色のライトブルーでセットしてみました。

d0037284_1632326.jpgこのガラスのイルカさん、ようやく出番となりテーブルを涼しげに、そして明るくしてくれました。

ブルーの大きめの皿は、たしかアメリカのクレイト&バレル。大ぶりのプレイスマットもアメリカで購入。麻と綿のナプキンは日本で購入したフランス製。小さな同色の刺繍が素敵なこのナプキンの出番が一番多いです。


本日のメニュー

スープ・・・大豆のにんにくスープ
冷凍保存していた2カップの煮豆、ニンニク2カケを鍋に入れ10分ほど煮る。この煮豆とニンニクをつぶし、また鍋に戻し水を適量プラスし、チキンスープの素少々、ハーブソルトで味を調整し、パセリを散らす。これに生クリームを入れたら美味しいと思っていたけど、今回はなし。 豆の味がしっかり味わえる健康的で美味しいスープ!

サラダ・・・山イモと緑のサラダ
山イモは、滋養強壮の食材。週に1回は食べたいと思っています。カットし、オリーブオイルでちょっと焦げ目が付くまでソテーし、ハーブソルト。香ばしくほくほくしていてとても美味しい。ブロッコリーは塩茹。こちらのきゅうりは、皮付きだと食感が悪いので皮をさっと剥き、冷蔵庫で冷やす。

パスタ・・・・トマト+ナス+オクラのアンチョビソーススパゲティ
まだ冷凍庫に残っていた日本から持ち帰った最後のオクラが登場。夏の味を楽しみました。

デザート・・・日本のカステラと、果物はぶどうアプリコット紅茶で。美味しいお土産、ありがとうございました~。
d0037284_16443735.jpg

今回は(も)いろいろと失敗があり、出来は今一つでしたが、ワイワイと楽しく過ごすのが一番の「ゴチソウ」という事にして楽しみました。



何時ものごとく(笑)わぁわぁ、きゃぁきゃぁ~騒ぎながらの準備、いやぁ~今回はホステス役失格。もうちょっと準備をちゃんとせんかいっ!って自分で突っ込みを入れてしまいました。

d0037284_2123495.jpgその

スープの大豆とニンニクをつぶす為のフードプロセッサー、壊れたのか全く動かず→手作業に。

この小さなミニ擂り鉢とすりこぎは、「牛肉サラダのゴマドレッシング」用としてだけ存在していましたが、思わぬところで役に立ちホッ。


その
本当は、サラダは、色とりどりのパプリカサラダ(ピラーで細かくカット+カティチーズ)の予定でしたが、買ったばかりのパプリカが傷んでいたのに気付かなくて・・・急遽メニュー変更。このメニューのままだったら、ベージュのお皿でも色が映えたのですが、山イモではちょっと・・・ね。

その
パスタは2種の予定で、もう1皿はゴルゴンゾーラのニョッキ。軽めの味にしたかったのでミルク+生クリーム+ゴルゴンゾーラチーズのソースを作ろうと鍋に生クリーム・・・ガァ~ン!生クリームじゃなくて苺のヨーグルト!? パッケージが生クリームとそっくりすぎ・・・って言うか、モット カクニン スベシ! はぁ~、これでいかに私が粗忽者だという事がバレてしまった訳です。パスタの画像は、ちょっと今一つでしたので今回は無し。



実は、相棒は先週の金曜日から夏休みで家に。夏の北欧旅行(2週間)が私の体調不良で取り止めとなったのですが、「しっかりと10日程休みを取る。」という訳で、ず~っと・・・朝から晩までほとんど一緒。そんな訳で、今回の「マダムのランチ」にもちゃっかり参加(笑)し、オヤジトークを炸裂しながらもサッサと食べ、すぐに書斎に引っこんでしまいました。

オヤジとか言ってしまいましたが、わが相棒は、なぜか韓国ではいつも10歳くらい若く見られるよう。この間のアメリカ出張の際、ロスの韓国人街にあるマッサージのお店でも本当の年齢を言ったら「信じられない。ベジタリアンか?」と聞かれたそう。お肉をたくさん食べるアメリカ人や韓国人は、彼の年齢だと、もっと肌がザラザラしているんだそう。ハイ、一応相棒のフォローでございました。
まっ、それもこれも、私の野菜&豆腐料理のおかげでしょうね~。←確信!
by minechan15 | 2005-08-26 16:54 |     パーティ

Seoul Arts Center - 音楽の殿堂

週末、半年ぶりにコンサートへ行ってきました。場所は、ソウルアートセンターという、芸術の複合施設。日本語では、なぜか音楽の殿堂・・・、韓国的訳し方かもしれませんね。

さて、ここは山の麓の広大な敷地に、芸術関係の施設が集まっています。オペラホール、コンサートホール、リサイタル用の小ホールが音楽関係で、他に現代美術や韓国の伝統芸術の展示場、芸術大学、ミュウジアムショップやカフェなどもあり、私達のお気に入りの場所です。我家から車で10分ほどの距離。

昨年は、たぶん10回ぐらいはコンサートに行ったと思うのですが、今年の年明けからコンサートホールが改装の為半年ほど閉鎖されており、春頃はカフェにも行ったりしていたのですが、すっかりご無沙汰。ようやくホールが再開さて、ちょっと聴いてみたいコンサートがあったので、ワクワクしながら行ってみました。
d0037284_23231953.jpg
↑パーキングから上に上がって行くと、この建物が目に入ってきます。書画の展示場や小ぶりな方のミュジアムショップがあります。この春、とても素敵なリトグラフに出会い、即決。今度またご紹介しますね。連なっているビルの先にお気に入りのカフェがあります。前方に見える帽子型の屋根は、オペラハウス。コンサートホールは、この画像の左手、カフェの向かいに位置します。
d0037284_23262493.jpg
↑週末のブランチとかコンサート前に、よくここのカフェを利用します。ここのマネージャーは、英語と片言の日本語を話し、私達が行くといつもフレンドリーに接してくれ、とても感じがいい韓国人男性。今回など、「日本に3年住んでいた子がスタッフとして入ったので紹介しますね。」と、わざわざ若い女の子を連れて挨拶に来てくれました。

d0037284_23362748.jpg←これ、コグマケーキ。韓国でポピュラーなさつまいものケーキで結構いけます。ここでは、軽食となるので、だいたい相棒はオムライスで私はクラブサンドウッチ。味? まぁまぁですが、爽やかな季節などはキレイな空気の中にいるだけで美味しく感じられ、エンジョイできますよ~。



Seoul Arts Center Pops Concert 2005

コリアン シンフォニー オーケストラによるこのポップスコンサート、ゲストはLEEDSという若い女性シンガー、もちろん韓国の音楽シーンに疎い私達は知りませんでしたが、その歌の上手さには鳥肌ができるぐらい感動!今回は、映画音楽と韓国のドラマ主題歌がメインで、なんとオープニングは、007の主題曲!韓国人は、日本人よりずっと音楽に対しても「熱い」人達ですので、感動した時の現し方も熱い。もう、悲鳴のような歓声が上がり、拍手が鳴り止みません。私も手を叩きすぎて、痛くなった程。夜の8時から始まったこのコンサート、終了した時は、もう10時を回っていましたが、家までは10分程なので、本当に気軽に楽しめるこの環境には感謝です。

LEEDSの彼女、リンクの写真よりずっとキュートで綺麗でしたよ。スタイルもバツグン、全体がもっと垢抜けている感じで、相棒など「うほ~っ、きゃわいいな。」とかなりご満悦(爆)

昨年12月にここの会員になったので、毎月会報が送られてきますが、驚いたことに今年の春頃から小冊子の方に日本語での表記も。アナウンスも、今までは韓国語だけだったのが英語でもされるようになり、愛国教育のウリナラのお国でのこの変化は大歓迎です。 
by minechan15 | 2005-08-24 23:33 |     Art + Music

つい買ってしまう~日本 ① (8/23追記と画像あり)

ダンボール箱を見ると、ワラワラと寄ってくる我家のニャンとワン。
d0037284_14512166.jpg
「わぁ~ぃ、今度は何が入っているのかニャ~。」 とミミ。

「フンガ、フンガッ!」 と興奮しすぎて声にならないタロウ。頭振り過ぎだってば。

ネネ?相変わらずの超マイペース猫でございます。



実は、この箱は今回のではなく、この間相棒に持ち帰ってもらった分、主にネットで注文したペットアイテムや本類、乾物などです。今回は、この半分の大きさの箱が羽田で増えてしまったのですが、その理由は・・・↓。

日本に帰ると、いつもこちらで「何も買うものがないっ・・。」って生活している反動か、もう「アレもコレも、アッそれも!」っていう状態に。今回は、お目当てのショッピングセンターが定休日だったので、買物らしい買物は、駅のスーパーで食材をちょこっとと後ユニクロでバーゲンのTシャツ4枚で2000円・・・ちょっとさむすぎる買物でしょ。せっかく日本まで行っているのに。まぁ、今回は1泊だけなのでトランクもミニサイズの為、あまり買えないっていうのもありましたが・・・。

で、羽田で食事の後、ふとその中華レストランのすぐ脇にあるブティック、ここは銀座に本店があるマダム御用達のブランドとして有名なお店で私など一度もご縁が無かったのですが、なんと店頭にある綿ニットが私好みではないですか~。つい、フラフラとは中に入ってしまい・・・出て来た時は、5点のお買い上げ。大きな紙バックを肩に下げていました。買っちゃった・・・。欲求不満はいけません、こういう風に爆発してしまうので。あと時間もあったし。(←言い訳)

一番のポイントは、3分の1の値段になっていたということ。正札でなんか恐ろしくて買えません。えっ?買ったものをご覧になりたい方は、↓笑いをこらえてご覧くださいませ~。


d0037284_15521191.jpg先ずは、無難なストライプ柄。

久々の横ストライプですが、微妙な色合いなので、あまりスポーティ過ぎずいい感じ。

下に白のタンクトップを着るとメリハリが出ます。さすが、マダムブランドだけあって、着心地はとってもいいですよ~。



d0037284_15562560.jpgちょっとマダムっぽい柄になってきました。このお店は、マダム専用ですので、私の好きな白とかベージュの無地なっていうのは全く置いていませんでした。

これにピンクのオーガンジーのコサージュまで付いておりましたわ。(→それは、絶対に付けないと思うけど) でも、なぜかこの手の色合い、結構好きかも。(あのね、両極端やねん!)


次のは・・・驚かないでくださいませ~。


d0037284_1644537.jpg
ジャ~ン!こんなものまで買ってしまった私・・・ちょっとマズイです。色は、ご覧の通り、ちょっと渋めとはいえ、★金ラメ★でございます。はぁ~!いったいどうして私は、こんなエリマキトカゲみたいなデザインのものを買ってしまったんでしょう・・・。


d0037284_16103687.jpgこれがチラリと目に入った時、

「あらっ、あの←ドレスに似合いそう。ちょっとした席の時に上に着れるし、いいかも。」って即決。

この黒いドレスは、たしかシアトルで買った胸が大きく開いたドレス、シルクですが、100ドルもしなかったもの。アメリカ時代は、コンサートや食事に行く時には、ちょっとオシャレな格好もしていましたが、車社会ではない日本に戻って来てからは、とんとそんな格好とも無縁になってしまいました。

そんなことも忘れて、このドレスだけが頭に浮かんだ私・・・かなり問題です。

実は、この春に相棒の仕事がらみで結構フォマリティの高いパーティがあった時、女性の常套句!?「着ていくものがなぁ~い!!」と大騒ぎしたことがある私。


まぁ、その時は、まだ痩せきっていなかった(爆)ので、黒のシルクニット+黒のパンツにパールをじゃらじゃらしてごまかしたのですが、どうもその時の後悔があるみたいで・・・・次の機会なんて無さそうなのに、つい買ってしまった訳ですよ~。このエリマキトカゲニットを・・・。

この他に、秋物のブルゾンを2着・・・。

韓国では全く衣類関係のショッピングはしません。全般的に、金銀ラメにスパンコールにギャザーといった風に装飾過剰のがほとんど。ごく稀にシンプル路線のニットとかもありますが、韓国製でもとっても値段が高い。平気で数万円したりするので、「日本だったら半額くらいかも。」と思い、次の帰国まで待ちます。

そういう生活をしているので欲求不満気味だったせいか、はたまたお目当てのショッピングセンターが定休日で何も買えなかった不満があったのか・・・羽田でハジケテしまった訳です。みなさん、お買物をする時は、気持ちに余裕がある時にしましょう。
でないと、私みたいになるかもしれませんよ~!?

そうそう、

「あ~ら、ミネママって結構色使いが韓国ちっくじゃない?」 なんて言わないでくださいね。
いくら金ラメがあったとしても。


d0037284_1744197.jpg
「ミネママってさぁ~、こっちが似合うだとか、あっちがいいだとか一人で騒いでいるよ。ネネだってうるさいよね?」

「ミミ兄ちゃん、僕そんなことより眠いよ~。」




さて、さてお話はまた羽田空港第1ターミナルに戻ります。

d0037284_15215332.jpgそこから下に降りるとお土産類のフロアーとなります。ここで見つけたのは、築地ちとせの「ひとつぶ桃」。

夏の期間限定商品で、ほんのりと甘い桃と中に梅が入っている、とってもジャパニーズな和菓子。韓国ではこのような季節を反映したお菓子はほとんど無いので、お世話になっている動物病院のドクターへと我家用を買いました。

目でも楽しめる繊細な和菓子、世界に誇れる日本の伝統の味ですね。あ~↑の和菓子の画像も、海外に住んでおられる方にとっては・・目に毒ですよね~。日本にいる時は、それほど和菓子に興味がある訳ではないのですが、海外に住んでいると、やはり目に入ってくるのは和菓子になってしまいます。

それからも、あれやこれやと買っている内に手で抱えきれないほどの量に。何とかヨロヨロと両手に沢山の紙袋を持って国際線のターミナルへ。このままでは、飛行機に乗れないので、ABCのカウンターでダンボールを調達し、一息。そういう訳で、ダンボールが1箱増えてしまったのです。このカウンターでは、韓国から到着した時にいつも国際通話が可能な携帯を借りるのですが、今やすっかり顔になってしまいました。そりゃ、2週間ごとに来る人ってそうそういませんものね・・・。

出国手続きの列に並んでいたら、何やら人混みが出来ていました。なんでも韓国の男性アイドルグループとか。見送りに来ていた日本女性達は、20代後半から30代ぐらい。このお兄ちゃん達、ブスッとして全然愛想なしでしたけど、韓国では「女は年と外見」っていう世界ですので、もっと若い10代のギャルじゃないと嬉しくないのかも。だって彼らだってまだ20代前半の感じでしたから・・・彼らにとってみたら30代なんてきっと「アジュンマ→おばさん」なんでしょうね。

それから、ファンの方、韓国語で、「愛しているわ~っ!」なんて叫ばないでほしい・・・です。

と、まぁ、今回も1泊2日とは思えないぐらい最終的には充実した日本行きとなり、メデタシ、メデタシ。


追記 8月23日

8月11日付「スーパーモデル猫プリンちゃん」の時は、たくさんコメントをいただきましてありがとうございました。みなさんからのプリンママ宛のお返事に対して、プリンママからお礼のコメントが入っておりますので、のぞいてみてくださいませ~。
by minechan15 | 2005-08-22 15:59 |      韓国→日本

美味しい~日本 ②

金曜日の夜、予定通りのフライトで韓国に戻ってきました。猛暑のソウルから東京へ向かい、たった1泊2日しただけなのですが、ソウルはすっかり気温が下がり秋の気配が漂っていました。↓は、今日昼過ぎ、ベランダからの風景。猛暑では空もすっかりスモッグに隠れてしまっていましたが、約1ヶ月ぶりの青空。そして、たぶん、このブログでは初めての我家から見た風景だと思いますが、韓国の街並みの印象はどんな感じですか?
d0037284_20432794.jpg
私達が住んでいるのは、新都心の江南(カンナム)まで、道路が空いていれば10分ほどの比較的街に近いエリアで、たぶん東京だと麻布とか広尾っていうイメージがあるかもしれません。って言っても、あくまでも「韓国の」っていう枕詞が付きますけど。



さて、今回の国際通院4回目は、だいぶ体調も回復してきましたので、こちらを出発する前から、「あそこで遅いランチをして、あそこでキハチの黒ゴマアイスクリームを食べて、あれを買って・・・。」と予定を立てていたのですが、羽田からリムジンバスで着いたたまプラーザの駅前は・・・何だか何時もより閑散としているではないですか!ガァ~~ン!なんと駅前デパートは全館お休み。はぁ~残念と気が抜けてしまいましたが、短い日本滞在中は時間を無駄に出来ません。という訳で、気を取り直して向かった先は、お隣の駅あざみ野のある和風のショッピングモールの三規庭

以下の画像は・・・海外からアクセスされている方には、美味しそうすぎて★目に毒★かもしれませんよ~。

私達は、韓国に来るまではこのあざみ野に住んでいましたが、このオシャレなモールは、韓国への引越後にオープン。こじんまりとしたモールですが、ショップの他に、厳選された美味しいお店ばかり入っており、外れがないのが嬉しいです。今回、遅いランチを食べたのは、へぎ蕎麦処の凛や
d0037284_2185349.jpg
そば粉の味がしっかりある蕎麦に、天麩羅~ホント「あ・・・こんなに美味しい天麩羅は久しぶり。エビも中がしっとりプリプリでオイシイ!」昆布塩でいただいた天麩羅、それはそれはおいしゅうございました。冷たいお蕎麦に海老野菜天麩羅が付いてONLY¥1500。涙が出てしまいました。その安さと美味しさに・・・。

で、いきなり翌日の韓国に戻る日に飛びますが、羽田のターミナルビルは結構侮れませんね。東京医大病院の隣にヒルトンホテルがあり、羽田までの直通リムジンバスがあったので便利でした。1時間に1本しかないバスに慌てて飛び乗り、羽田で余裕の時間を持つことが可能に。

先ず向かったのは、第一ターミナル3Fにある中華のお店、赤坂離宮。今回は、デジカメを持っていかなかったので画像は無いのですが、頼んだ海鮮ソバが出てきた時は、あまりの色合いの美しさに息を呑んだほど。あ・・・でも、このコメントっていかにいつもこちらで美味しい物に接していないかっていうことですよね。海老の赤でしょ、ホタテの白、それから青梗菜の緑とそれは色鮮やで目だけでも美味しくいただけそうなほどでした。あと、↓の左下にある米粉の品もいただきましたが、韓国では味わえない深い中華の味で、台湾産の香り高いウーロン茶とよく合いました。
d0037284_21321415.jpg
「あの~、お客様・・・ご注文されたお品の量はかなりありますが・・・お一人様でも大丈夫ですか?」

って、ほんの少し中国訛りの日本語で遠慮がちに聞かれたのですが、私

「大丈夫ですよ~。一人で全部食べられますから~。」

時間もたっぷりあるし、余裕でゆっくりと美味しい中華を楽しみました。今までだったら、これにビールが付くのですが、漢方も飲んでの治療中の身なのでアルコールはしばらく厳禁なのです。残念。



と、まぁ~日本に住んでいる方にとってはどうってことのない食事でも、口に合った美味しいモノに出会うのは至難の業の国に住んでいる者としては、久々に「美味しかった!」日本での食事でした。

今度は、第2ターミナルの方を探索しようと思っていましたが、第1ターミナル5Fにあのキハチのグリルレストランがあるではないですか!今度ぜひ寄ってみましょう。でもね、今回は1泊だったので小さいキャリートランクだったので自由に動けたのですが、いつもの特大サムソナイトにバッグがいくつかなんていう姿では中々身動きもままならず・・・国際線ターミナルビルに移動するしかないんですよね~。

でも、なぜかチェックインする時には、ダンボール箱1個が増えてしまった訳は次回に→。



目の病気の方は、原因不明特効薬なしのぶどう膜炎なのですが、ほんの少しは症状が改善されているので、「今度は1ヵ月後に又様子を見ましょう。」っていうことに。この病気は、症状に即した点薬と、あとは身体の免疫力を上げて自力で治すしかないと思っていますので、スローフードにますます力が入りそうです。

海外からアクセスされている方へ~なつかしい日本の味、美味しそうだったでしょ?
by minechan15 | 2005-08-21 22:02 |      韓国→日本

タロウとネネの場合(8月18日 追記あり)

相棒とタロウは相思相愛。その相棒が久しぶりに我家に戻ってきて、タロウは本当に嬉しそう。ミミとネネ?「ふぅ~~ん、おとうさん帰ったの。」ってな調子。でも、私が帰って来た時は、ミミもネネも大喜びしてくれるので、相棒どの「アナタのミミとネネに対する愛情が今一つだからじゃないんですか?」 その、タロウの最近のマイブームは、プリンママが届けてくれたこのオモチャ。(他にもいろいろありがとうね~、みんな大喜び!)
d0037284_1552484.jpg
どこへ行く時も離しません!
d0037284_15543238.jpg
ほらっ、寝ている時だって咥えたまま・・・。

そして、タロウは、ネネが大好き。ネネは、「好きでも嫌いでもないけど、僕ワンコも大丈夫だよ。」っていう感じで、このようによくネネの近くでタロウが寝ていたりします。
d0037284_1557184.jpg
でも、ネネ君、足がダラリで本当に爆睡しているようですね~。

d0037284_15591219.jpg


ミミもネネもタロウが来てからは、それまでのようにお腹を出して無防備でソファに寝るようなことは少なくなってしまいました。でも、その代わりに、私達のクローゼットの中で大股を広げてオヤスミというのを発見。ちょっとミミネネには可哀想なことをしたかなと思ってしまいましたが、彼らは彼らなりに「寛ぐ」術を学んだようです。

ミミは、ようやくタロウのことを受け入れたようで、また前のように私に甘えるようになり一安心です。週末の朝などゆっくりベッドにいると、いつの間にかお気に入りの場所、私の左側にゴロンとなり、身体全体を私にくっつけてきてゴロゴロしてくれるようになりました。顔はなぜか脇の下に入れるのが好きなミミちゃん、「タロウのこと受け入れてくれてありがとう!」


8月18日追記

昨日の宮城沖の地震、「またか!」でしたね。みなさんのお近くは大丈夫でしたでしょうか。地震直後に、東京に住む高校以来の親友Nちゃんから電話があり、彼女の話では私の実家に近い同郷のご両親宅も問題無かったと聞いていたので、NTTによる回線コントロールで電話が30分ほど繋がらなくてもそれ程心配はしませんでしたが、う~ん、最近の日本はちょっと揺れすぎている感じです。

ほどなく実家に電話が繋がりましたが、地震が起こった時はちょうどお昼中で、みんなで慌ててテーブルの下に入ったそう。実家の家本体自体は、200年ぐらい前に建てられた家で、何回もの改造を繰り返していますが、柱や梁は当時のまま。3年程前に屋根の瓦を50年ぶりに葺き替えた時、大工の棟梁が、「200年前の柱や梁はビクともしていない。」と太鼓判を押してくれたそう。200年の間に、何度地震があったのか想像も出来ませんが、全く土台の石と柱がズレもしていないとは驚きです。200年前の大工さんの「技」に尊敬と感謝です。ちなみに、瓦屋根の家って地震が来ると、瓦の擦れ合うゴォ~ッツっていう音がして、怖さが増すって知っていました?

さて、私は明日から又「国際通院4回目」で日本です。今回は、この夏から羽田→金浦間のフライトが倍に増えたので、1泊2日の予定ですが・・・韓国への戻りのフライトは、病院→羽田空港っていうスケジュールの為、病院でどれだけ時間がかかるかちょっと心配。慌てふためいて羽田に向かうっていう図になりそうです。出発に間に合わない時? まっ、その時はその時で何とかいたしましょう。

という訳で、ミミ+ネネとタロウ、ちゃんとおとうさんと遊んであげてネ!
by minechan15 | 2005-08-16 16:27 |     韓国犬猫3物語

マダムのランチ(仮題) その①

日本語ではオバサン、韓国語ではアジュンマ、英語ではミセス、フランス語では・・・マダム!っていうことで、一生懸命オサレ(オシャレ)なタイトルを考えてみたのですが・・・「うぷっ(笑)」ですか?


今日、アメリカ出張に行っていた相棒が帰国。なんだか久しぶりに顔を見る感じって思っていたら、羽田の国際線ロビー(韓国路線専用)でちょっと会ったきりだったので、カレンダーで確認してみたら約2週間弱ぶりでした。

さて、その相棒がいない間の先週末、我家でフランス人マダム2人と集まり、ランチをしました。たまたま彼女達のご主人達も家にいないということで、我家に集合、メインはフランスチームが料理を担当し、楽しい時間を過ごしました。
d0037284_22135057.jpg
今回のテーブルコーディネイトは、メインディッシュが白カラーなので、それが映えるようにブルー系でいくことに。でもね、今回も「そうそう、食べる前に撮影っ!」って感じで慌ててしまい、スプーンの位置は違うわ、向こうの皿は曲がっているわで・・・まだまだでございます。

スープ ・・・ 最近のマイブームの人参+トマトスープ
玉ねぎ1個みじん切り、にんにく1カケ、生姜同量みじん切りをオリーブオイルで炒め、水をプラス。そこに人参1本摩り下し、カットしたセロリ適量とトマト3個を加える。味は、鶏がらスープ、あるいはコンソメスープの素にハーブソルト。フランスグループは、それに生クリームをタラリ。

サラダ ・・・ 得意の?豆サラダ
冷凍保存していた大豆を解凍。ひじきを戻し、緑の彩り用のおくらと混ぜ合わせ、上にたっぷり白ゴマを振る。市販のごまだれドレッシングに、みそとマヨネーズを合わせる。大豆の場合、味が染み難いので少し濃い味の方がベター。このサラダ、フランスグループにも大人気でした。

メインディッシュ ・・・ ポテトと(なんちゃって)鮭のオーブン焼
オーブンを200度で10分ほど温めておく。じゃがいも4個をスライス、鍋に半々のミルク+クリームをひたひたの量で入れ少し固めに煮る。ハーブソルトを少々。鍋から耐熱容器に移し、鮭(とは言っても我家にあったのは、ビン詰めの鮭フレーク)をアクセント程度に混ぜ、その上にとろけるチーズをパラパラ。10分ほど焼き目が付くまでオーブンに入れる。久々のおフランスのお味でございました!

パン ・・・ まだ冷凍庫に残っていたPAULのパン!フランス人マダムも大感激でした!

今回もそれなりにスローフードなメニューとなり、わいわい楽しく作り、笑いシワが出来てしまうほど大笑いしながらの楽しいランチとなりました。

そうそう、

ドリンク ・・・ アプリコットティー
一晩水出ししたリーフのアプリコットティーにアプリコットをスライスして入れる。さらにフルーティになり、とっても美味しい!
d0037284_2248260.jpg


え~デザートは、果物を用意していたのですが、あまりにもお腹がふくれてしまいパスとなりました。



今日、帰国した相棒の夕食は、昨夜から仕込んでいたタイカレーとトマト&チーズのオーブン焼、それと豆腐の味噌汁に黒豆のデザートとすんごい組み合わせのもんになってしまいました。↑の画像を見て、「こっちの方が美味しそうだ。」 ハイ、ハイ 今度ね。 でも、2人だけの時はこんなテーブルセッティングなんかしないんだけど・・・。



今、日本はお盆で民族大移動の時期ですね。実家にも、叔父やら従兄弟達が集まっているようで、お客さんが大好きな姪達は大喜びで過ごしていることでしょう。韓国では、お正月もお盆も旧暦で祝うので来月になります。それでも、今は夏休みを取る時期なので、街は比較的静かな感じがします。皆さん、どうぞ楽しいお盆休みをお過ごしくださいね~。
by minechan15 | 2005-08-14 23:08 |     パーティ

お手伝いさんのチェさん ② (追加画像あり)

我家には週2回、火曜日と金曜日にお手伝いのアジュンマ(おばさん)のチェさんがやって来きます。主な仕事は、アイロン掛けと掃除、あとタロウと遊ぶこと!?

その①でも書きましたように、お手伝いさんを使うなんて人生初めての経験。彼女に来てもらい始めてもう1年半、お互いにアウンの呼吸で動けるようになったのでヤレヤレです。

このチェさんは、たしか50代半ば過ぎ。1時間ほど地下鉄とバスを乗り継いでソウルの北方面の街から通っています。今は、猛暑の夏なので比較的カジュアルな格好で現われますが、この時期を過ぎるとスーツにハイヒールっていう姿でバシッと決めるようになります。


最初の頃、我家に来たら先ずは手を洗ってもらう!っていうことを納得してもらうまでにだいぶ時間がかかりました。こちらでは、出先のトイレとかでも手を洗わない人が結構いますで・・・。最初にアイロン掛けをしてもらうのですが、「洗ったばかりの衣類はキレイでしょ。だから先ずチェさんの手もキレイに洗ってくださいね。」っていう風に説明。

彼女は、アイロン掛けはかなり上手。夏の間はカジュアルで会社に行く相棒のシャツ類も、もう洗濯屋さんのアイロンよりも彼女の方が出来がいいぐらい。出来が良い理由の一つにスプレーのりも影響していると思いますね。最初は、パッケージも日本製とそっくりな物があったので、それを使おうとしたら、霧にならなくて液がボタボタ・・・・。それ以来、アイロンスムザーのリフィルはいつも日本からです。チェさんも「日本製のはとても良い!アイロンが滑りやすい。」って言いますね。

d0037284_13214717.jpg
ちょっと離れた所から見てもよく似ていますが・・・

d0037284_13224025.jpg
近くで見てもよく似ています^^;


彼女がアイロンを掛け始めたら、私はキッチンの片付けに。最初の頃は、全部任せていたというか私もどういう風にしていいか分からなかったのですが、同じヴィラの韓国人マダム(日本に留学していたので日本語がペラペラ)から

「自分も一生懸命働いているところを見せないとダメよ。韓国人はすぐ手を抜くから。」ダソウ・・・

っていうアドバイスをもらってからは、だいたい午前中は、私も家中をバタバタと動くようになりました。特にキッチンについては、以前注意しているのにも拘らず、床用の雑巾でカウンターを拭いているところを見て(この時は、ガァ~ンでしたね)以来、シンク回りやカウンターの上は私がキレイにするようにしています・・・っていうことは、ピカピカになるのは週2回だけ!?

ちなみに、↑の韓国マダムが我家にお茶しに来て家を空けていた時、彼女んちのアジュンマは子守りをしながらソファで爆睡中だった・・・っていうのを一緒に彼女んちへ行き見てしまいました。


さて、アイロンが終わると、いよいよ掃除。最初の頃は、掃除道具を買ってきてもらったら、バケツも1個、手袋も1個っていう風に、「おいおい、トイレもリビングもキッチンも同じのでするのかい?」って驚いてしまったのですが、どうも韓国では普通みたいですね。で、急遽各場所ごとの
バケツや雑巾、手袋などを用意した記憶があります。玄関のたたき、あの土だのとにかく外の汚い汚れだらけの場所も同じ雑巾で拭こうとした時は、「止めて!」と飛んで行きました。

昨年秋には「トイレ手袋事件」というものあり、あの時ほど息が止まりそうになったことは無かったですね~。それまで、よく見ていなかった私も悪かったのですが、まさか便器の中を掃除するのに、ちゃんと用意してあるブラシを使用せずに、スポンジを持った手袋の手をそのまま便器の中に突っ込んでゴシゴシ・・・。もう、ヒェ~それだけは止めてくれっ!っていう感じでしたよ。だって、その同じスポンジでバスタブの中やシンクも掃除していたのですから・・・。絶句。

この時は、即間に入っている不動産屋さんに電話をして、なぜダメかという理由を説明してもらい、何とか事なきを得ました。

あの姜尚中氏の「在日」という本によると、韓国はほんの30年前までは路上に空き缶を持った浮浪児が沢山たむろしていたほど貧しかったそう。貧しい時代は、「衣食住」は足りていない訳で、もちろん「礼節」も知らない人の方が大多数だったのでしょう。そんな時代に育った人の「衛生観念」を、全く違う世界で育った私の価値観に合わせようとしても無理な事ですので、とにかくチェさんが知らないことは、よく理由を説明して覚えてもらうっていうことにしています。

チェさんは、我家の他にはフランス人宅とベルギー人宅に行ってますが、さてどうなんでしょう。不動産屋さんがいわく、誰が行っても勤まらなかった超細かくてうるさいベルギー人宅で勤まっているのはチェさんだけ、とか。


さて、お昼になりました。チェさんはいつもお弁当持参。もちろんキムチも!今の暑い時期は、キムチ冷蔵庫の方に彼女のお弁当を入れてもらうようにしています。いつだったか、マイキムチを置いて帰ったことがあり、その時も即刻「置きキムチ禁止令」を出しました。とにかく、韓国社会は、ケンチャナヨ~(気にしない、大丈夫)社会なので、ダメなものはダメとハッキリ言わないとどんどん勝手に入ってきてしまうと、↑の韓国マダムからも言われました。

チェさんのお弁当は、その辺で買ったキンパップという韓国風海苔巻きとかお餅に、果物とキムチっていうパターンが多いですね。ダイニングテーブルのイスに立膝で座り、舌づつみ(って言うか、韓国では音を立てて食べる人が非常に多いです。その方が美味しいそうなんだとか)は結構激しいです。私は、この音が苦手なので自分の部屋に避難しますが、そのチェさんを下から見上げ、ず~っと熱い瞳で見ているはタロウ。「タロウ、そんなに見てたって何ももらえないんだよ。」その後、我家でチェさん用に用意している砂糖とミルクがたっぷりのインスタントコーヒーを飲み、タロウを構いながら一休みっていうのがいつもの彼女のランチタイムです。


そして、私のランチ、チェさんが来る日は、前もってチンして温めればOKなランチを用意しておきます。チェさんとは微妙に時間をずらし、自分の部屋でパソコンを見ながら食べるっていう感じです。(味気なし)前は、チェさんが来ている日でもよく出掛けたりしていましたが、窓はちゃんと閉まっていないわ、電気も全部ON、一度など玄関ドアがきちんと閉まっていなかったことなどがあったので、今はチェさんが来る日は極力家にいるようにしています。



午後は床の拭き掃除。水拭きです。チェさんはよく身体を動かしてくれるので、2ニャンとワンがいる我家でもすっかりキレイに。 自分じゃ~ここまで出来ないだろうなぁ・・・って何時も思ってしまいますね。



恐らく日本人ほどキチンとしているというか、そうでないと落ち着かないっていう国民は、世界広しとは言えどもあまりいないのではないでしょうか。韓国に暮らし始めて間もない頃、近所に何軒もある美容院に干してあるタオル、みんなデレ~ンなんですよ。端がピシッと揃っていなくて、取敢えずダラッと掛けたっていう感じ分かりますか?そういう感じがそこここにあるっていうのが韓国なんですね。そんな国なので、そう人も多いんだと思います。

だから、せっかく掃除してくれても、ソファやテーブルがズレたままだったり、とにかく色々な物が元の位置に戻っていない・・・。まぁ、そんなのは自分な直せばいいや、って思うことにしていますけどね。

チェさんは、朝の9時半から午後4時半まで働いてもらい、1日5万ウォン、約5000円。最初は、3時半までだったので、「妙に短いなぁ。」と思っていたんですよ。そうしたら、間に入っている不動産屋さん2軒の内、我家サイドのクォンさんがある時用事で我家に来た時に、「それ短すぎ!」って1時間延長交渉をしてくれた経緯があったのです。その3時半までと言ったのは、大家さんサイドの「欧米人用ヴィラ」紹介の不動産屋さんだったのです。その時は、6万ウォン、ランチが入って6時間労働で6千円なんて高すぎと思い、5万ウォンになったのですが、まだまだ高かったとは知りませんでした。

ちなみに、韓国人宅で働くと、9時~5時で4000~5000円ぐらいだそう。だから、チェさんは、普通より1時間少なくて同じ金額を得ている訳ですね。


えっ? 「でも、そんなうるさい日本人はめったにいない。」   ハイ、ソウカモシレマセンデスワ・・・ナンテネ。


動物嫌いが多い韓国で、猫も犬も好きなんていう動物好きなお手伝いさんのアジュンマなんてめったにいないので、最近ではそれだけでもよしとしなきゃって思っています。タロウもチェさんが好きですしネ。


★昨日のエントリーに対してプリンママからのコメントが入っています。キャットプリンのHPでは、あまりの反響の多さにBBSは無くしてしまった程、猫世界では知る人ぞ知るのプリンママから☆コメントをくださった方々へのメッセージ☆ですので、のぞいてみてくださいね~!
by minechan15 | 2005-08-12 18:32 |     お手伝いさん事情

スーパーモデル猫のプリンちゃん

フィンランドはヘルシンキのサーシャ姫にトラバックさせていただきますね~。そして、ナントchibininnさんもご存知だった私の友人プリンママ、サーシャ姫のママもご存知だったとは! という訳で、フィンランドと比べたらオサレ度はかなり落ちてしまう韓国・ソウルからもファッシヨンショーをお届けしま~す。
d0037284_1543515.jpg
↑昨年9月のミミ君。アロハが超可愛い!う~ん、まだ初々しさが残っておりますわ。

今ではすっかり有名になった猫のお洋服屋さんのキャットプリン。オーナー兼デザイナーのプリンママとは、数年前に仕事を通じて知り合い、それ以来の猫お友達っていうか、食べ歩きやダイエット励ましあい(笑)友人でもあります。

最初は、私も「猫のお洋服?猫ちゃんは大丈夫かしら?」などと思ったのですが、彼女の純粋な猫ちゃんに対する愛情を基にしたお洋服だったことが分かり、応援するようになりました。彼女も「それは、猫に対する虐待だ。」とか噛み付かれたこともあるようですが、それ以上に、彼女の猫ちゃんに対する優しさと愛情で、多くの猫を愛する人達から支持を得て、それらの困難を乗り越えて行き、今日がある訳です。彼女のデザインする洋服は、それはそれは猫ちゃんの負担にならないような作りになっており、表から見えない部分まで細かい気配りがなされています。

彼女は、洋裁を習ったこともなく、ただプリンちゃんに対する愛情から洋服を作り始めたのがきっけで、ここまでキャットプリンのブランドを育て上げました。その情熱と愛情、本当にすごい事だと思います。最初は、一人で試行錯誤しながらミシンに向かっていた彼女でしたが、今では大きな専門の縫製所に頼むまでにビジネス的にも大きくなりました。ビッグネイムになった今でもプリンちゃんの為に始めたこのキャットプリンの原点を忘れないでいる彼女、きっとこれからも沢山の猫好きさんから愛されていくことでしょう。


d0037284_17163183.jpg


昨年は、待望のプリンちゃんの本も出版され、話題沸騰!今年は、台湾でも出版されるそう。
プリンちゃん、いよいよ海外へ♪


「スーパーモデル猫 プリンちゃん ネコのお洋服屋さん」
文春文庫PLUS 定価(本体¥638+税)



数ヶ月前、偶然観たNHK衛生放送で、桃井かおり女史が司会をしていた「夢音楽館」の再放送をしており最後の方に彼女が愛犬を抱いて現われたのですが、そのダックスちゃんが着ていたのが、キャットプリンの「セレブのコート」でした。たしか帽子も被っていたかも。以前、スタイリストさんから連絡があり納めたことは聞いていたのですが、とても可愛かった!

さて、そのプリンママ、昨年は「なんだか韓国が呼んでいるのぉ~。」って何度も韓国に来てくれましたが、今年は・・・全然行く気分にならないわぁ、と来てくれません。我家のミミとネネは、「オモチャのおばちゃん!」、もとぉ~い「オモチャのお姉さま」って思っているみたいで、もう彼女が来たとたんストーカーと化しております。もうプリンママの羽オモチャの腕さばきときたら、ミミもネネも1mぐらい軽くジャ~ンプ!ミミもネネも待っておりますよ~♪



では、ファッションショーのはじまり、はじまり~♪

d0037284_15225788.jpg




ピエロニャンに変身したミミ君。両耳に乗せるお帽子もあるけれど、まだモデル修行中なので、ちょっと待ってくださいニャ。

プリンママが来たのは昨年12月だったので、クリスマスカラーのレッドが多いです^^










d0037284_15274672.jpg





「ボク、まだモデルのお勉強していないからモデル立ちっていうのができないの。」と言っているネネ君の後ろには、バリ島からやって来た「お水をくださいニャ~」もいますよ。





d0037284_15492141.jpg



クリスマスには、トナカイニャンだよねっ!ミミ君。





(私のパソコンではうまく画像が重なりましたが、皆さんにもうまく表示されていますか?)










さて、全然モデル立ちが出来ないミミとネネですが・・・最後のトリは、スーパーモデル猫のプリンちゃんに〆ていただきましょう~!!

d0037284_1615144.jpg
プリンちゃんは、プリンママが撮影を始める前から「プリンちゃん、お仕事よぉ~。お願いしますね~。」と言うと、こうして大人しくカメラ目線でモデル立ちを続けてくれるそう。この可愛いお洋服は、アリスちゃんのお帽子&ブラウスです。

d0037284_1642829.jpg

お座り姿もプロでございます。お洋服は、マンモスうさぎちゃんです。









以上をもちまして、キャットプリンのファッションショーは終わりです。パチパチ!


ここ数年、ずっと夢を叶えてきたプリンママの次なる夢は、プリンちゃんのパリコレ。私は、きっとパリのどこかの画廊で写真展によるパリコレクョンが叶えられるような気がしてなりません。

それから、猫のお洋服屋さん・キャットプリンプリンママ日記では、プリンちゃんや弟ニャンの幸太郎ちゃんの素顔も見られますよ~。お~い♪ 北海道で夏休み中のプリンママァ~!夏休みを楽しんでいますかぁ~♪


>>>ここで使用されている画像は、プリンママにより撮られたもので、その版権は、すべて有限会社プリンカンパニーにあります。
by minechan15 | 2005-08-11 15:41 |     韓国犬猫3物語