ミネママの軽井沢HAPPY DAYS   

minechan15.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

   【 森の暮らし~へ 】  週末の行き先は~

週末、森の暮らしの準備の為に遠出をしてきました。
d0037284_16311574.jpg


小雪ちらつく町に着いて・・・駅前の静か~ぁな様子に、里山で育った自分なのに「こんな寂しい場所に暮らせるかしら・・・」と思ったのですが、翌朝ホテルで目覚めた時、何だか元気になっているのに気付き!「やはり私は自然に近い場所で暮らす時期なんだわ~」と再確認。

ミネパパ?(^^;)座って新幹線通勤できそうだから、「ケンチャナヨ!」「今より通勤楽になりそうで嬉しい」と申しております。

にゃん達も毎日バードウォッチングができそうな場所になりそうです。
by minechan15 | 2011-03-25 16:17 | 【 森の暮らし~へ 】

   【 森の暮らし~へ 】  五感の森へ

皆さま~お元気にしていっらしゃいますか?

地震、津波、原発事故と続いたこの半月、私はいつも肩に力が入っていたようです。最初の一週間は・・・思い出の地が連呼される故郷のニュース画像につい見入ってしまい、気が付くとぐったりしている自分・・・これではいけないと、朝昼晩だけNHKとCNNを観るように気持ちをコントロールしていた半月でした。

食事の準備をする時は、大好きなハワイの音楽を聴きながら。夜寝る前は、ミネママ流のヨガ風ストレッチと瞑想をしてからゆっくりのバスタイム@ヒマラヤ岩塩(^^;)。でも、10日を過ぎた頃からだんだんベッドに入る時間が遅くなり、頭の中はこれまでのことが映像でぐるぐると回っているのが分かり、「これではいけない」ともう一人の自分が言っているのが分かったのも・・・また私という自分でした。


実は、まだアップしていない地震後のブログもあります。辛い記憶になればなるほど、時間と共にその記憶を否応なしに薄めさせていくのが人間に備わった特別な力なのかもしれません。でも、今回の事は「私にとっての記憶」に残すべきだと。しかしながら、その時の自分がきちんと書ききれていないので・・・そのままにしてあります。いずれにしても今回の大震災という出来事は、私個人だけの出来事ではなく、多くの人々にとって「これからの自分と何か」を考える大きなきっかけになったことは事実。

私も夫のミネパパも3年前日本に帰国してから徐々に変わり始めた心のありようが~この出来事で大きく変わったのは間違いないです。

個人である私達が、「日本人が~」「日本が」「世界が~」「地球が~」と言う前に、まず人としてあるべき姿で自然により添い、日々を大切にしながら暮らしていくことが一番大事だと改めて思い知らされました。という訳で、新しいカテゴリー「森の暮らし~へ」を今日新しく入れました。

五感を感じて生きる場所は、私の場合は森なのです。

d0037284_16414438.jpg
(click)地震の前に咲き始めたデンマークカクタスの繊細なピンクの花。お隣も避寒中のジャスミンの花木。初夏から夏にかけてジャスミンの甘い香りのする可愛い白い花が咲いてくれます。動物も植物も生き物。手を掛けてあげると応えてくれます。

ここはベッドルームの出窓ですが、夜眠るという行為は、その日に使ってしまった「元気」の「気」を充電する大事な場所。とても気を使って部屋をしつらいました。この植物達の下に立て掛けてあるのは我が家で一番大きな額(^^;)。このアーティストのポスター(click)ですが、大き過ぎて日本の家屋にはなかなか掛けられない位のサイズで、額装もソウルでは高過ぎてて北京でした程、苦笑。今度、この部屋の様子もご紹介しますね。




昨夜、先週の金曜日の夜の事をアップしましたが、「書く」という事で、今まで消化調整ができなかった身体と心の調整を少し進ませることが出来たようで、今日は気分が穏やかになることができました。

ばななさん(click)も地震直後に、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ずっとTVを観ていても気持ちが沈むばかりで、ERを観ていたら(あんなにたいへんな番組なのに!)かえって気持ちが落ち着いた。

きれいなもの、好きな番組、面白いもの、音楽、好きな人たちの声、そんなものに触れないと、おかしくなってしまう。逃避じゃなくて、不謹慎でもない。

植物に水をやるように、心や神経も栄養がほしいんだ。自分の、たったひとつの大切な心や神経を弱らせる方が、不謹慎だと今は感じる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書かれておりました。先ずは、一番に「今を生きている自分をいたわる」ことが大切。 その想いが~人々に伝わるのだと思っています。

ばななさんの言葉にリンクしたところ、私はちょうど5カ月前に・・・「ところで、そろそろ移動がまた近い!?(笑)」なんて書いていたんですね~。なるほど~。
by minechan15 | 2011-03-24 16:30 | 【 森の暮らし~へ 】

   【 森羅万象 】 月明かりの夜道

地震発生から1週間が経った【計画停電】の夜、駅から夫と二人でおしゃべりをしながら歩いて帰ってきました。

暗い夜の住宅を明るく照らす月。数日前から妙に月明かりがあると思っていたら、明日の3月19日から20日にかけては月が地球に大接近する、スーパーフルムーンと呼ぶそう。なので、駅前の駐車場に入れた(って私ですが、苦笑)車を出せなかったので、月光浴をしながら帰ることに。

そして、いつもより大きいその月明かりが被災地を癒すことを願って。


d0037284_057271.jpg「月の光って~こんなに明るかったんだ・・・」と思わせてくれるほど煌々と夜の住宅地を照らしていた満月前夜のお月様。私は里山で生まれ育っていますので、自然の中で生きるという意味の記憶は持っていたはずなのですが・・・、月明かりに心を動かされている自分は、きっと「日々の暮らしにも月明かりを感じていたい」のだと思いました。


郊外とはいえ、都心にも近く情報と物に溢れているこの場所での暮らし。とても便利でオシャレな街での生活。でも、もう違うステージの生活に移った方がいい時期にきているのかもしれません。実は、半年ぐらい前から「多摩川を超えてまで都心には行きたくない」「もう、美食などには心を動かされない」「あれもこれも欲しいなどという物欲は一切なくなった←これは日本に帰国してからすぐに・・・」「森の中で暮らしたい、イヤ暮らすべき」と。


私にも・・・ようやく、森羅万象の中で生かされていることをリアルに実感する時期がきたようです。

d0037284_195670.jpg

いつも玄関ドアの前で私に笑みを与えてくれる、ちょっと盛りを過ぎてしまったボケの花(--;)とようやく咲いたヒヤシンス~♪ 
by minechan15 | 2011-03-18 22:29 | 【森羅万象 想い祈る】

   【 森羅万象 】 頼んだよ ミミちゃん!

地震直後からの原発事故に伴い、我が家で話し合ったのは猫達のこと。

基本は、ジタバタしないで家を離れない。しかし、万が一避難勧告が出た場合、「猫は家に」「先ずは人間がサバイバルしなければ飼い猫の面倒もみられないので、人間の命を守る」等々。

猫達の事を真剣に話し合ったのは、実はこれが2回目。

最初は、ソウル在住時に北朝鮮のミサイル事件があり、在韓日本人社会でも非常の場合の脱出方法が大きな話題に。今は分かりませんが、大手企業の駐在員は非常時出国用のオープンチケットを持っているなとという話も聞き「さすが」と思った記憶があります。

その時は、とにかく猫2匹と犬1匹(まだミホは我が家にはいませんでした)を連れて逃げるなどというのは実現不可能なので、有事の場合は、もうドクターリーに預けるしかないと決めていました。
d0037284_1444130.jpg
今は天国にいるタロウと天然ネネ君♪

地震から1週間後に予備の猫を砂を購入。ペットショップは、エレベーターは止まっていたとはいえ、品不足にもなっておらず平常通りの品揃えで一安心。
d0037284_1312330.jpg


私のアイデアは、家中に水とドライフードを用意し、バスタブを予備猫トイレにすれば、【 ソウルの路上で子猫から3カ月サバイバルしたミミ 】を留守番隊長にすれば2~3週間は大丈夫というもの。

猫を超えているミミなら絶対に大丈夫!
by minechan15 | 2011-03-17 22:04 | 【森羅万象 想い祈る】

   【 森羅万象 】 元気! という日本語

 

地震直後から連絡が取れなくなった岩手の実家。3日後にようやく返ってきた姪からのメールには

「皆~元気です。大丈夫です。心配しないでください」

と短い文。


TVのインタビューに出てくる被災した人達もカメラに向かって「元気ですから安心してください」

と・・・。皆さん、とうてい元気だと言えない程の状況に於いても「元気」だと語るその姿に心を動かされない人はいないのでしょうか。

元気とは「気」の元。日本語の持つ深い意味に改めて気づかされました。
d0037284_0505085.jpg
人は「元気」という言葉を発することによって元気になれるのかもしれないですね・・・。


松山千春氏が、


知恵のある奴は知恵を出せ。

力のある奴は力を出せ。

金のある奴は金を出せ。

何もないよ、、って奴は、とにかく「元気」を出せ!


心に直球で届く言葉を言ってくれましたね!
まばたきをしながら「国民の皆さまには、心から、心からー」と繰り返す国のトップの言葉よりずっと心に響きます。



元気に咲いている玄関先のビタミンカラーの水仙♪
by minechan15 | 2011-03-16 23:38 | 【森羅万象 想い祈る】

   【 森羅万象 】 想い祈る

実家の安否が分かり、ようやく心が少し落ち着きました。


繰り返し同じ映像を流し続けている日本のテレビ。そして、被災地から遠く離れた東京のスタジオでマイクに向かっている人達の高揚感さえも伝わってきてしまい、それからは淡々と事実を伝える場面の方が多いCNNなどを観ることにしました。

一番酷かったのは、白いヘルメットをかぶった某有名女性キャスター・・・ガラス越しのオフィスで走り回っているスタッフはヘルメット無し・・・。思わずテレビに~「それって観ている人に分かってしまいますよ、パフォーマンスだって」と。



今回の震災に対してのミネママ家の想いはコチラコチラに届けました。

d0037284_242434.gif
バナーは、ハニログさんからいただきました~カムサニダ♪
by minechan15 | 2011-03-14 02:28 | 【森羅万象 想い祈る】

【 森羅万象 想い祈る 】 わたしのふるさと・・・東日本大震災

今、東日本は未曽有の災害に襲われています。

実は、わたしの故郷もみちのく岩手。地震直後から連絡が途絶え、内陸なので大丈夫だろうとは思いながらも眠れない夜を過ごしていましたが、3日目の今夜、ようやく姪の一人から「全員無事」というメールが入り、取り敢えず一安心したところです。

毎日TVで流される惨状には言葉もありません。どのシーンも自分の身に置き換えたら胸が苦しくなってきます。小さい時、夏になると両親がよく海水浴に連れて行ってくれた海辺の街は姿を消し取られてしまい、あの場所で暮らしていた人達は一瞬にして別な世界へ連れ去られてしまったのです。

いつやって来るかは誰にも分からない天変地異・・・その恐ろしさをまざまざを見せつけられた今回の地震と津波、とうとう「万人単位」と予想され始めた方々のご冥福と被災された方々が勇気を持ってこの難局を乗り切られることを心から祈っています。


今夜数日ぶりにネットを開いた時、エキサイトニュースで紹介されていた、この画像を見て涙が出てしまいました。イギリスのインデペンデント紙日曜日版が「がんばれ、ニッポン!がんばれ、東北!」と。(click)

d0037284_0355791.jpg









d0037284_011226.jpg


今まで気丈に振舞っていても、実は高齢な両親の事などを考えると一人で涙目になっていたのですが、ようやく「両親や弟夫婦と姪3人、全員無事」という事が分かり、心を何とか保っていた支えの棒が取れ、涙が溢れたのかもしれません。でも、まだ他の街と同様、ふるさとは、まだ停電と断水が続いています。高齢の両親が寒さの中~体調などを壊さないことを祈るだけです。



地震当日、夫のミネパパは、会社前の日比谷公園に一時間ほど避難してから同方向の同僚と歩き始めたそうで、2時間ほど歩いた大崎でタクシーを掴まえることが出来、それから5時間後にようやく自宅に帰ることが出来ました。歩道は人で溢れ返っていても皆整然と歩いていたと。

こちらの方のブログでツィッターでシェアーされた地震当日の様子が紹介されており、感動しました。私はツィッターをしていないので知らなかったのですが、TVなどでは報道されることのない人々の様子がよく分かり、やはり日本人というのは「礼節」を持っているのだと改めて感じ入りました。


地震当日、私は出掛ける準備をしていたのですが、何故か「今日は止めておこう」と思った瞬間、最初の揺れがやって来て、慌ててテーブルの下に潜り込み、3匹の韓国猫達にも「大丈夫だからね!」。今回の地震は、生まれて初めて恐怖を感じた程の揺れでした。

「家が倒壊するのでは」という程の激しい揺れにテーブルの脚に掴まっていたのですが、家の中で倒れたのは仏頭だけ・・・。それも下に落ちなくて横にコロンと。まるで揺れたのは床だけみたいな話で、今夜もミネパパが「それって不思議過ぎる話だよ」と。

d0037284_1103257.jpg



3日以内にM7の余震が起きる確率は70%というニュース(click)が飛び込んできました。関東、東北の皆さま、どうぞご注意ください。



我が家の韓国猫のミミ、ネネ、ミホは私が1Fにいればリビングのソファで何時ものようにいるのですが、地震以降今夜初めて2Fのワークスペースに来たところ、3匹揃ってこの部屋のソファやテーブルの上に乗って私の側から離れません。一見今まで通りに見えても、やはり彼らも彼らなりに不安をまだ抱えていることが分かり、「みんな、大丈夫だよ。ミネママが君達をちゃんと守ってあげるから」と声を掛けてあげたところです。




by minechan15 | 2011-03-13 23:14 | 【森羅万象 想い祈る】

【 2011 韓国・春節の旅~ 5 】  著名獣医のドクターLEE

皆さま~アンニョンハセヨ♪

すっかりブログから離れてしまっているわたくし、ミネママでございますが、まだ終わっていなかった【韓国訪】を再開します^^;。

さて、今日は、度々私のブログに登場しているドクターLEEのクリニックを訪ねた時の様子をお知らせしますね。ドクターLEEは、私達が2003年12月にソウルはバンベドンで暮らし始めた時に出会った最初の友人でもあります。当時、ドクターのクリニックは、グリーンラインのネイバン駅すぐ側にあったのですが、もうその場所で20年以上開業している為、かなり狭く古ぼけて(ソーリー!ドクター!、笑)いたのです^^;。

韓国獣医学会の理事でもあるドクターにしては、チト・・・という感じも無きにしもあらずのクリニックオフィスだったのですが、昨年春に近くに移転。数倍の広さのある素敵なクリニックに生まれ変わりました!
d0037284_15244864.jpg


前回は慌ただしく立ち寄ったので気が付かなかったのですが、新しいクリニックになり飼い主さんの層が若干変わった感じです。↓のブルーのマスクのアジュンマは、これぞ~ソウルのアジュンマっ!っていう感じの、以前よくクリニックで遭遇していた昔からバンベドン、バンポドンの住人よっ!っていう、ハッキリ言いますと、ちょっと偉そうな(苦笑)態度のアジュンマでしたが、他の飼い主さん達のお上品なこと~。
d0037284_1641380.jpg


そういう人達は、「世界最強の韓国アジュンマ」のような大声では話しませんしね、苦笑。
d0037284_15252121.jpg


2匹のワンちゃんを連れて来ていたオシャレなアガシ(結婚前の若い女性)。
d0037284_15255541.jpg


キャットプリンのプリンちゃんにそっくりの白い猫ちゃんを連れた他のアガシ♪
院長室でドクターが何かをして見せていますね~。
d0037284_1526246.jpg


お~思わずアガシも口を開けて見入ってしまいましたね^^。実は、これはドクターの猫、ハヌちゃんがモデルになって【猫の歯磨き】のデモンストレーション中だったのです(笑)。
d0037284_1672836.jpg
ハヌちゃんは、ドクターが飼っている2匹のプードルとの折り合いが悪く・・・ドクターの家ではなく、ここのクリニックに住んでいるクリニックキャットなんですよ。


ハヌちゃんを抱っこするプリンママ^^。あっ、プリンママ、光線の関係でちょっとお顔の色が濃く写っていますが、北海道生まれの超色白の美人さんです♪。 ハヌちゃんは男の子だけれど、お二方共素敵~。 
d0037284_15271894.jpg


じゃ、ハヌちゃんにも今年の干支さんに変身していただきましょう~って、ミネママの激写失敗・・・で、失礼しました(苦笑)。
d0037284_15275094.jpg


こやつが(爆)、ハヌちゃんをいじめていたドクターの飼い犬その2の方。でも、変身してくれたので、ありがとね♪。私達や新しく犬や猫がクリニックのドアを開けて入ったとたん、「ここは俺様の場所」とばかりに大声でほえていた・・・(ホントは怖いんだね)縄張り犬でございました^^。
d0037284_1617053.jpg


ドクターのスタッフは、動物の看護師さん2名とトリミング専門のアガシが1人の3人。
d0037284_15281257.jpg
このカウンターの奥に、処置室、手術室、トリミング室などがあり、設備は全て整っているクリニックです。以前、ドクターが言っていましたが、韓国ではまだまだ猫がペットとしての地位が高くない為、それを診られる獣医も少なく、最後の頼みでドクターを頼って猫を連れてくる人も多いと聞いたことがあります。そして、ソウル大の獣医学部にも太いパイプを持っているので、ドクターの手に負えない特別な場合は、すぐに大学病院へ紹介してくれますので、本当に安心してかかれるアニマルクリニックです。

ソウル在住の方で伺う際は、「韓国猫のミミ、ネネ、ミホのオンマのブログで見た」と言えばドクターは分かります^^。ドクターは、カタコト日本語、漢字の筆談はOKで英語は流暢です。もし、よく話が通じない場合、日本語の通訳をしている飼い主さんが近所に住んでいて、すぐに駆けつけて助けてくれると思いますのでご心配はいりません~。

Dr.Lee's Veterinary Clinic
773-17 Bangbae-dong, Seocho-ku, Seoul

TEL 593-8238
by minechan15 | 2011-03-07 15:28 |    2011 韓国